詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. ライトノベル
  4. ゼロの使い魔 11 追憶の二重奏

ゼロの使い魔 11 追憶の二重奏(MF文庫J)

文庫

  • 国内送料無料

ゼロの使い魔 11 追憶の二重奏 (MF文庫J)

ヤマグチ ノボル (著)

紙書籍

626 ポイント:5pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

使い魔として異世界ハルケギニアに『召喚』されてしまった高校生・才人は、ご主人さまのルイズとともに、ガリアに囚われていたタバサを無事に救出。隣国ゲルマニアでつかの間の休息を...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ゼロの使い魔 11 追憶の二重奏」が含まれるセット商品

ゼロの使い魔 (MF文庫J) 21巻セット(MF文庫J)

ゼロの使い魔 (MF文庫J) 21巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

使い魔として異世界ハルケギニアに『召喚』されてしまった高校生・才人は、ご主人さまのルイズとともに、ガリアに囚われていたタバサを無事に救出。隣国ゲルマニアでつかの間の休息をとっていた。ルイズは「才人に好かれている」という自信をつけ、二人はちょっといい雰囲気なような、でも素直にはなれない状況が続いていた。そんな中、ルイズはアンリエッタへ向けてお詫びの手紙を出し、やがてその返信が届く。ルイズの故郷ラ・ヴァリエールに来るようにと指示され、なぜかルイズは激しく怯えはじめる。理由のわからない才人は楽観視していたが、待ち受けていたのは…!?大好評の異世界使い魔ファンタジー、新展開を迎える11巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 3.5
3.5
評価内訳 全て(10件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(7件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2010/06/19 11:36

サイトは自分の中の使命感を使い魔所以のものなのかと悩み、ルイズはサイトへ対する感情で悩み、なんだかんだで落ちるべきところへ落ちたって感じ。

姫様のフラグは消失してしまったようだが、タバサのフラグは生きているようでサイトからみで今後も一波乱起きそう。
やるときはしれっとちょっかいを出しそうなのである意味手に負えなくなるのかもw

新キャラで司祭が出てきたかな。こっちはアニエスが関係してきそう。

話としての大きな動きは無かったのだが各キャラの立ち位置がはっきりしてきたので今後の話が分かりやすくなるのかな。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/05/31 14:47

恋愛に自信を持ってしまったルイズがなんか新鮮です。
話自体は特に進んでません。
前回ガリア王家のごたごたに巻き込まれたくらいだから、
今回は一休みといった感じなのですかね。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/05/26 19:44

なんやかんやで
最新刊を買ってしまいました
前半〜中盤は
うわ〜なお方も登場しますが
普段のゼロの使い魔風味の話
でも
後半は,面白いかついい話でした
これからもルイズと使い魔さんの関係を見守っていきたくなるような話でした
タバサの思いがけない提案に注目

評価5 投稿元:ブクログ

2008/03/29 06:37

ヴァリエール家にいってさ、カトレアが良かったね。タバサも積極性でてきたし。最後のディープのとことかなんて。
テファに偽りの動機消されたらしいけど、たいして変わんないね。
キュルケ家でルイズとやりそうになったけど結局だしさ。まあ、やってしまったらそれも変な感じだよな
虚無が出なくなった理由って謎じゃなかったかな。最後はべたべたしてるし。ヨルドムントだっけ?あんま意味なしだよね。




2回読んだ。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/01/22 22:12

この本は話が面白かったのはもちろんだったんですが、なんといっても挿絵がとくに可愛くて良かったなと思いました。
その中でも最初のカラーのところはみんな良いと思いました。
ちょっと恥ずかしがってるルイズ、胸が大きいティファニアに怒ってるキュルケ、嫉妬するルイズ、焦るティファニア、サイトを見上げるタバサなどどれもひとつひとつに可愛さがあってとてもよかったです。
ストーリーを読むのはもちろんですが挿絵を楽しむのもまた別の楽しみがあっていいと思いました。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/07/10 09:56

2010/07/09~2010/07/09
星4

 ちょっと文章力が落ちたかな?作中「アリ」の話が二回でてくる。
 でも、タバサーーーーー!!!!!
 長門とか、(僕はよく知りませんが)綾波とかお好きな方には、とてもおすすめの巻です。
 これは新しいキャラ設定ですね…。吃驚しましたよ。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/01/13 11:51

迷うルイズ。そして吹っ切れたサイト。

 最後はそう来るか!!
  この巻で最終回?と思わせるラストです。

 

評価3 投稿元:ブクログ

2012/01/16 00:01

これまでの巻よりも勢いが弱まったように感じる。
ただ、ルイズとサイトの絆が強まっていく様が強調されていたので次巻以降で二人の関係が一気に進行しそう。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/06/30 23:42

アンリエッタは、命令を無視してガリアへと向かったルイズを、彼女の故郷であるラ・ヴァリエールに呼び寄せます。しかしそこには、ルイズが誰よりも恐れる母、カリーヌがいました。国法を破ったルイズに、カリーヌの竜巻が襲いかかります。ルイズを庇おうとした才人も、竜巻に切り裂かれてしまいます。

アンリエッタのとりなしもあって、ようやく家族と和解できたルイズでしたが、何と彼女の精神力が底をついてしまい、魔法が使えなくなってしまいます。そんな彼女のもとにアンリエッタから、ウエストウッドで子どもたちと暮らすティファニアをトリステインに連れてくるようにとの指令が下されます。ティファニアを説得し、彼女をトリステインへ連れて帰ろうとする才人たちですが、彼らの前に、「ヨルムンガント」という巨大な剣士人形を操るミョズニトニルンが立ちはだかります。ルイズが虚無の魔法が使えないために苦戦を強いられることになりますが、タバサはルイズの精神力を沸騰させる方法を思いつき、反撃に打って出ます。

今回は久々にフーケが、ティファニアの知り合いとして登場します。そういえば彼女の過去についても謎が残されていたことを忘れていました。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/10/29 23:28

ルイズとサイトの掛けあいがおもしろくさくさく読めます。それといって深い伏線なんかはないけどキャラ押しでなんとかなる一冊です。たまにサイトがかっこよすぎてツライ笑

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.