詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. マジック・フォー・ビギナーズ

マジック・フォー・ビギナーズ

  • 発行年月:2007.7
  • 出版社:早川書房
  • サイズ:20cm/376p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-208839-0

  • 国内送料無料

マジック・フォー・ビギナーズ (プラチナ・ファンタジイ)

ケリー・リンク (著), 柴田 元幸 (訳)

紙書籍

2,160 ポイント:20pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【ネビュラ賞】【英国SF協会賞】【ローカス賞短編集部門(2006年度)】ある夜、少年がかけた1本の電話は、世界の壁を越えて物語の世界へと繫がった…。ファンタジイ、ゴースト...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

【ネビュラ賞】【英国SF協会賞】【ローカス賞短編集部門(2006年度)】ある夜、少年がかけた1本の電話は、世界の壁を越えて物語の世界へと繫がった…。ファンタジイ、ゴースト・ストーリー、青春小説、おとぎ話、主流文学など、センス溢れる9篇を収録した異色短篇のショウケース。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

妖精のハンドバッグ 7-37
ザ・ホルトラク 39-80
大砲 81-91

著者紹介

ケリー・リンク

略歴
〈ケリー・リンク〉1969年生まれ。ノースキャロライナ大学で修士号を取得。「マジック・フォー・ビギナーズ」でネビュラ賞、英国SF協会賞などを受賞。他の著書に「スペシャリストの帽子」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.2
3.2
評価内訳 全て(14件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(6件)
★★☆☆☆(2件)
★☆☆☆☆(1件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

ファンタジーからエンタメを通り世界文学まで幅広く

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2008/04/21 17:02

評価4 投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 去年の秋(というか、晩夏)に、横浜で第65回SF大会が開かれました。
それにあわせて来日したのが、ケリー・リンクとデヴィッド・ブリンの両名。
そして、それにあわせて出版されたのが、
ケリー・リンクは本書、「マジック・フォー・ビギナーズ」であり
D・ブリンのほうは、「キルン・ピープル」です。

 D・ブリンのほうは、「知性化戦争」などで既知でしたが
ケリー・リンクは、全く知らない状態で、本書を読んでみました。
本書は、K・リンクの短編集でして、色んな作品が収録されています。
(ほんとうに、幅広い色んな作品)
全部纏めてしまうとやっぱりファンタジーということになるのだろうけれど、
短編が純文学の雑誌「新潮」に掲載されたことがあったりと
(新潮って翻訳の世界文学も載せるの!?)
文学といってもいい作品もあります。
 
 夏目房之介さんなんか、時々表現するのに、
半径50センチのリアリティという言葉があるのですが、K・リンクの場合まさにそうで、
本当に私たちの日常の身の回りのものや、出来事にほんの少し、
(少し出ない場合もありますが)ファンタジックな要素、
ちょっとした創作的(正に)マジックをかけて不思議な世界を紡ぎだして読者に提示しています。
 そして、描かれているテーマも本当に身近なものばかりで
そうか、とか共感して読んでいるうちに、気がついたら、
ぽーんと異世界やリンクが描きうる世界に飛ばされている感じです。

笑ってしまったというか、著者としては、文章表現のちょっとした
“くすぐり"程度でしょうが、地の文での
「まだ、読んでいますか?」には、笑ってしまいました。

「読んでいますよ!!。」

 個人的に良かったのは、
ベタで一番わかりやすい、「妖精のハンドバック」
これは、エンタメ路線でほんとわかりやすいです。
で、Q&A形式で書かれ、なんとなくよく判らない、
「大砲」
これも、元々他の作家がQ&A形式で書いたのに対するリンクなりの答えだそうですね、、。
文章表現、テキストとしてのQ&Aってだれが開発した手法なのかしりませんが、
恩田さんも最近やっていますよね、
(自粛してあんまり詳しく、つっこみませんが)
後、表題の「マジック・フォー・ビギナーズ」
まぁ、定番でしょうが。

 ちょっとよく判らない作品もありますが、
その判らなさがぼやーとした世界観をかもし出し
良かったりもします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

海外で高い評価を受けた作品が、ときとして日本の読者を戸惑わせる好例

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2007/09/07 22:30

評価2 投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、SFやファンタジーといったジャンルの境界線上で、独特の世界観を提示してくれる作品だ。ヒューゴー賞などの著名な賞を受賞しているのだから、専門家の折り紙付きである。
 しかし、翻訳ものにありがちな「この本のどこがそんなにすごいのだろう」という不安を抱えながら読み進めることになる。
 どうも、英文で書かれた文章のリズムと、日本語の文章のリズムの整合性がよくない。読書をしているというより、解読作業をしているような負担感を覚えてしまう。
 SFとファンタジーが美しく融合した世界を提示してくれる有名な作家と言えば、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアということになるが、この作家の一連の本を読み慣れている人には、楽しい作業になるに違いない。
 しかし、読み慣れていない人には、本書の著者の描く世界を、頭の中でなぞってみるだけで、あっぷあっぷであろう。
 本書は本来、作家がもてる想像力のすべてを費やして遊んでみせている作品のはずだ。そこで読者も一緒に遊んでみる・・・。だが、残念なことに、それが叶わなかった。
 それは、訳が硬いというよりは、もともと日本語に適した文章のリズムで書かれていないせいだろう。英文で読めば、きっと違った印象を持つに違いない。SFやファンタジーのファンだけでなく、幅広い読者を楽しませるためにいろいろな試みをしている作品である。それは、英文では成功しているのだろ。日本語の読書では、もっと肩の力を抜いて楽しみたいので、私にはテイストが合わなかった。
 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアが好きかどうか、それが最初のリトマス試験紙となるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価2 投稿元:ブクログ

2012/04/02 02:28

これファンタジーなのかな?ホラーっぽい。短編だと結局こういう感じになってしまうのか…?個人的好みだけど、ファンタジーはしっかり世界を作り上げてある長編でないと面白くないかも。ファンタジーとしては好きではない作品。柴田元幸さんの翻訳なので期待していたが、翻訳もえ?と思う箇所が多々あってがっかりな一冊だった。作者は男性かと思っていたのだが、女性であるのを知って、ようやくこのシュールさを納得できた。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/10/31 16:41

まいった、まいった。全九編からなる短篇集。英国SF協会賞受賞作なのはうなずける。場面の展開がころころと移り変わるので、だんだん頭がこんがらがってくる。ゾンビは出てくるわ、タイムマシンはでてくるわで、ちょっとスリラーっぽいのも魅力。個人的には最後の短篇『しばしの沈黙』がよかったです。『こんなに酔っ払ってなかったら、絶対信じないと思う。どうして酔っ払っていると、何事もいつもより悲しくて、いつもより笑えて、いつもよりずっと本当なのかな?』

評価1 投稿元:ブクログ

2009/01/02 15:51

短編集どこでも評判がいいみたいだけど、あまりにシュールでついていけなかった。起承転結の承で終わるような展開といい、世界観といい、、、こういうのを楽しめる人が文化度が高いんだろうなぁと思いつつ断念。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/05/10 15:26

いきなり作品世界に放り込まれて、キョロキョロして終わったような・・・。『スペシャリストの帽子』の方が、まだとっつきやすかったかも。20代の頃に読んだら、きっとはまっただろうなと思う。「ザ・ホルトラク」がよかった。
――Magic for Biginners by Kelly Link

評価3 投稿元:ブクログ

2010/06/14 09:12

日常の風景の中に透明な交換膜があって、そこから不可思議な作用が出入りしている様子を記録したら、この短篇集になった。みたいな。表題作『マジック・フォー・ビギナーズ』はまっこと傑作!劇中のTV番組『図書館』はぜひ見てみたい。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/10/12 09:32

[ 内容 ]
電話ボックスを相続した少年は、その番号に何度もかけてみる。
誰も出るはずのない電話だが、あるとき彼が愛するTVドラマの主人公が出て、助けを求めてきた――異色の青春小説たる表題作ほか、国をまるごと収めたハンドバッグの遍歴を少女が語る「妖精のハンドバッグ」、なにかに憑かれた家を買った家族の騒動を描く「石の動物」など、アメリカ文学の新潮流をかたどる女性作家による瑞々しくも不思議な感触を残す全九篇。

[ 目次 ]


[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

評価3 投稿元:ブクログ

2010/09/18 23:43

昨日こんな夢を見た…なんていう、誰かの話を聞いてるような。幻のような世界なのに、奇妙な現実感。

アメリカンな感じで、どこか実験的で、読んでるときは、いまいちかな・・と思ったり。
でも、読み終わると、悪くないのかも。なんとも説明できない本…。

買う前に立ち読みすることをおすすめします。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/10/26 09:48

はっきり言って、訳わかりませんでした。只、非常に魅力的な感じがします。なんでコンビ二に、ゾンビが来るんでしょう。なんで大砲と結婚するんだ?うさぎは何を意味してるんでしょう。読んでてイライラしますが、お風呂の中で、ふと内容を思い出したりすると、笑えます。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/06/30 11:52

「マジックフォービギナーズ」読んだ http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/310068.html … 柴田元幸訳。SFや幻想物に分類されているけど、奇想天外な展開も冒険や旅も架空の生物も出てこない(ちょっと出てくる)。平凡な人々の平凡な日常に紛れ込む違和感にフォーカスした短編集(つづく


「ゾンビ不測事態対応策」とか、普通の話を書いてから最後に固有名詞のいくつかを、その状況では有り得ない物体や事象へ入れ替えて仕上げたような(なんでゾンビ?笑)。他人の話を聞くときにたまに感じる違和感を突き詰めたらこういう短編集ができるかな。最初のバッグの話がとてもいい(おわり

評価5 投稿元:ブクログ

2013/09/19 20:36

 『SFが読みたい! 2008年版』を読んで気になっていたので手に取った。総合評価だと良し、だけど結構好きな短篇とそうでもない短篇が半々ぐらい。SFというよりもファンタジーっぽさが強い。奇想あふれる短篇集であるのは確か。

 表題作の「マジック・フォー・ビギナーズ」が一番面白かった。読んでいる間クスッときたりほろっときたりで。長編ファンタジーのプロローグみたいな短篇。めちゃくちゃ好きでこの話だけ何度も読み返している。
 その次に良かったのは、「妖精のハンドバッグ」。この短篇集のなかで最もまともなファンタジーじゃないかと思う。何がまともなのかは個人差があるかもしれないけど。
 あと面白かったのは「いくつかのゾンビ不測事態対応策」。ゾンビについてはどうでもいいけど、幻想的な雰囲気が好ましい。ゾンビについてはどうでもいい。
 「石の動物」は読んでいる間静かに混乱している感じで、長い悪夢を見ているようだった。なんとなく不気味な印象がするだけで、内容についてはよくわからない。かといって再読する気は起きず。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/08/08 06:44

おもしろい小説を書く作家さんだ。たぶんこれという構想もなしに、発想が発想を生むという形で出来上がった小説。でも伝えたいことはしっかり表現できているらしいのがすごい。再読するともっとディティールを読み込め、同時に全体像も眺めて楽しめそう。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/07/16 06:01

世界がねじれている。でもそれは前景として、世界の一部としてそこにあるだけ。ねじれそのものが真っ向から取り上げられることは少なくて、ねじれた世界の表面を滑るようにして、キラキラした物語が綴られる。だからこその、細部の息遣いのリアルさ。・・・っていうのはちょっとまとめすぎかしら。
なんかね、ツイストドーナツのようだな、と。全体のファンタジー性が。ねじってある意味なんて無い様に思えるんだけど、実はその分まぶしてある砂糖の乗りもよくてうまい具合になじんでたり。(ツイストドーナツのツイスト性について、なんて初めて考えたよ。。。)
まあ、とにかく美味しいです。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.