詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. ライトノベル
  4. ゼロの使い魔 12 妖精達の休日

ゼロの使い魔 12 妖精達の休日(MF文庫J)

文庫

  • 国内送料無料

ゼロの使い魔 12 妖精達の休日 (MF文庫J)

ヤマグチ ノボル (著)

紙書籍

626 ポイント:5pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

トリステインの女王アンリエッタの頼みで、ティファニアを迎えにいった才人たち一行は、妨害にあいながらも、どうにか学院に戻ってきた。ティファニアはアンリエッタの計らいで、ルイ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ゼロの使い魔 12 妖精達の休日」が含まれるセット商品

ゼロの使い魔 (MF文庫J) 21巻セット(MF文庫J)

ゼロの使い魔 (MF文庫J) 21巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

トリステインの女王アンリエッタの頼みで、ティファニアを迎えにいった才人たち一行は、妨害にあいながらも、どうにか学院に戻ってきた。ティファニアはアンリエッタの計らいで、ルイズたちと同じように学院に通うことになり、その可愛らしい容姿と「革命」な胸のため、あっという間にクラスの人気者になる。しかし、ハーフエルフであることを秘密にしておきたいティファニアは、いつも帽子をかぶっておどおどしながら過ごしていた。突然現れたうえに人気をさらったティファニアが面白くない女生徒たちは、帽子をとってやろうとたくらんで…(第1話)。あの人気キャラも活躍?大人気異世界ファンタジーは、ちょっと一息の短編集。【「BOOK」データベースの商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(10件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2010/06/20 00:31

一応時系列的には前回の続きだけれど閑話な内容で、ティファが魔法学校に通学するようになり、それに伴うドタバタ、ラブでコメな内容。
後書きにもあるように作者の趣味が多分に含まれているので、ニヤニヤするか、ちょっと引くかは読む人次第ってことでw

自分はベタベタな展開もあってか「ふーん」と醒めてた;;

評価5 投稿元:ブクログ

2007/09/08 19:41

ライトノベルですがとても面白いです.話的に少しハリーポッターににていると思います.カタカナの名前がたくさん出てきたりして少し難しい部分もありますが、読む価値アリです.

評価5 投稿元:ブクログ

2008/03/29 06:24

テファが学院にきて、あんま動きはなかったね。保健室みたいなとことか風呂とかシエのエプロンとかそんな感じ。ああ、あと惚れ薬でクリームとか

最初に読んだのは3月の修学旅行のときの夜中だね。自分の持ってきた本はよんでしまって。空の境界借りてたら、眠くなって。修学旅行の夜なのにウトウトしてしまってた。たまたま部屋に俺がゼロの使い魔借りてる人がきて、借りた。2時間くらいで読んだのかな、眠気もすっかり醒めてその場にあって13巻もあって読もうとしたけど、もう明け方で班員の全寝とともにしかたなく寝た。翌朝というか、起きたら遅刻だったね。朝飯ヌキだった。(最終日ね)






2回読んだ。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/11/14 18:48

ノボノボのエロゲライターとしての本領発揮的な。

他の人も書いてるけどゼロ魔は冒険してる時の方が面白い。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/01/22 22:17

この本を読んで思ったことはただ一つです。
やっぱり媚薬はあぶないものだと思いました。
なぜこんなことを思ったかというとこの本のラスト当たりにあるシーンが問題です。
媚薬を飲み一番最初に見た人に恋をするというありきたりですがストーリーがエロ一直線なのはどうかと思う。
裸エプロン、全裸にクリームなどけっこう危ないのがとても多かったです。
読んでて面白い事はいいと思うけれど話がずれすぎててこのラストはいらなかったなと思いました。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/07/10 09:56

2010/07/09~2010/07/09
星4

 短編集。作者曰く「冒険要素0の純粋なラブコメ」らしい。全部で三話入ってます。
 おもしろいけど、またアリの記述があった…。作者アリ気に入ったな。
 次巻読むかなー、どうしよう。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/11/28 21:31

ちょっと一休みの巻
 ハーフエルフが転向してきて一騒動
  外伝につながる風呂覗き
 それとクリームなエロい話

評価5 投稿元:ブクログ

2012/01/24 18:40

学園でのティファニアの話ほか三つの短編集

ラブコメメインということもあり、ルイズのツンデレをいつもよりも楽しむことができた。
最後の話は・・・
もっとシエスタといちゃいちゃしてほしかった。

評価2 投稿元:ブクログ

2014/06/30 23:44

アンリエッタとオスマン氏のとりなしで魔法学院に編入することになったティファニア。その爆乳のせいで、彼女は大勢の男子生徒たちに取り巻かれることになり、女子生徒たちの嫉妬を買うことになります。しかも、ティファニアがエルフとのハーフであることを明かしたことから、生徒たちの間に彼女を排斥しようとする動きが広まってしまいます。その中でもとりわけ強硬手段に出たのが、クルデンホルフ大公家のベアトリスでした。彼女は、護衛の空中装甲騎士団を率いて、ティファニアを異端審問に引き出そうとします。彼女の横暴に、ギーシュたち水精霊騎士隊が立ち上がり、学院内で戦いを繰り広げます。

才人が自分に対してそっけないことにイライラを募らせていたルイズが怒りを爆発させて、学院内の戦いは収まり、ティファニアも学院の生徒たちとしだいに心を通わせ合うようになります。しかしその背後で、ギーシュたちは魔法学院の女子風呂をのぞく計画を立てていました。

タバサのおかげで、女子風呂のぞきの現行犯として逮捕されることを免れた才人ですが、ルイズにはタバサとの関係を疑われ、ボロボロにされてしまいます。そんなとき、シエスタがルイズに、才人の一日使用権を行使すると告げます。こうして、使用人女子寮のシエスタの部屋に招かれた才人は、2人で新婚さんごっこをすることに。しかしシエスタは、ジェシカから渡された惚れ薬を手にしていました。一度は薬を使うことを考える彼女ですが、最終的にはそんな卑怯な真似をしてはいけないと決意し、窓の外に惚れ薬を投げ捨てます。ところが、そこに偶然通りかかったモンモランシーが惚れ薬を飲んでしまい、さらに薬の効果が学院の女の子たちの間に次々と感染していって百合百合の大乱交になってしまいます。

今回は前編ラブコメだが、才人とルイズとの関係はあいかわらず。アンリエッタもレースから降りてしまったし、シエスタもこのところ当て馬感が強まってきて、いい加減退屈に感じてきてしまいました。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/10/29 23:29

ルイズとサイトの掛けあいがおもしろくさくさく読めます。それといって深い伏線なんかはないけどキャラ押しでなんとかなる一冊です。たまにサイトがかっこよすぎてツライ笑

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.