サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. アジア・ブラックロード

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

アジア・ブラックロード
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.8
  • 出版社: 彩図社
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88392-608-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アジア・ブラックロード

著者 嵐 よういち (著)

世界一短気な旅行者・嵐よういちが次の取材先に選んだのはアジア!誰も知らない東チモールから、初めての中国まで、嵐節が全開。【「BOOK」データベースの商品解説】

アジア・ブラックロード

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

アジア・ブラックロード

596(税込)

アジア・ブラックロード

ポイント :5pt / 紙の本より808おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2011/04/26 21:05

投稿元:ブクログ

55ヵ国以上を渡り歩いた写真家?放浪者?のアジアの旅記録。
海外の状況や危険さを知りたいと思い、手に取りました。
なんとなく雰囲気はわかりましたが、女性には特に必要ない内容が多かったかな。あえて危険な所いってみたい人にはいいかもです。

2011/03/06 13:39

投稿元:ブクログ

中国を半日で脱出したのがもったいない。確かに中国の旅は筆者の旅行スタイルには合わないが、あえて突撃して今まで以上に面白い展開があるかと期待してしまった。筆者は今南米取材中らしいので、次回は是非とも中国をドップリ旅していただきたい。

2007/12/12 23:52

投稿元:ブクログ

「海外ブラックロード」という彼の昔の著書を読んだことがあった。最初に読んだ時は世界は恐ろしいなぁ、なんて本を読みながらわくわくドキドキしたのを覚えとる。その後、何度か貧乏旅行経験を積み、著書にある国も何カ国か訪れた。そして、今回の新しい本書を読むとちょっと表現が大げさすぎるところが目立ち前のようなわくわく感はなかった。まぁ世界は広い。自分たちが想像するようなほどでないところもあれば、想像を絶するところもあるんじゃろう。これからも旅を続け、どちらも見続けたい。真実は自分の目で見極めるべし。

ぶんりき文庫 ランキング

ぶんりき文庫のランキングをご紹介します一覧を見る