サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016秋 メディア化キャンペーン(~10/7)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. スクールソーシャルワークの可能性 学校と福祉の協働・大阪からの発信
スクールソーシャルワークの可能性 学校と福祉の協働・大阪からの発信
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.8
  • 出版社: ミネルヴァ書房
  • サイズ:19cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-623-04955-4
  • 国内送料無料

紙の本

スクールソーシャルワークの可能性 学校と福祉の協働・大阪からの発信 (ニューウェーブ子ども家庭福祉)

著者 山野 則子 (編著),峯本 耕治 (編著)

スクールソーシャルワークの役割や課題を明らかにし、歴史的経緯や各地の主だった動きを紹介。また、スクールカウンセラーや養護教諭、様々な問題に悩む親子のために、社会的問題を含...

もっと見る

スクールソーシャルワークの可能性 学校と福祉の協働・大阪からの発信 (ニューウェーブ子ども家庭福祉)

2,160(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スクールソーシャルワークの役割や課題を明らかにし、歴史的経緯や各地の主だった動きを紹介。また、スクールカウンセラーや養護教諭、様々な問題に悩む親子のために、社会的問題を含めて解決にあたった事例を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山野 則子

略歴
〈山野則子〉関西学院大学大学院社会学研究科博士課程後期課程満期退学。大阪府立大学准教授。
〈峯本耕治〉京都大学法学部卒業。弁護士(長野総合法律事務所)。大阪弁護士会所属。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2011/03/24 23:57

投稿元:ブクログ

チームを組んでカンファレンス(ケース会議)を開くというのが基本のよう。「第Ⅱ部 ソーシャルワーカー学校に入る」事例豊富。

2013/03/25 12:12

投稿元:ブクログ

 子どもの問題行動には、必ずと言って良いほど背景がある。その背景にある問題を解きほぐさなければ、本来の意味での解決には至らない。一時しのぎに過ぎない。
 社会がまだ温だった頃、それは主として教師が担ってきた。学校現場にはそれだけのゆとりがあった。今は、様々な要求が教育現場に寄せられそれらの対応だけで手一杯で、現場にとてもそのゆとりはない。
 そこで、教育現場が担ってきた様々な機能を教育職以外の専門家が分担して協働するようになった。既に全国的な配備が進みつつあるスクールカウンセラーとともに、期待されているのがスクールソーシャルワーカー(SSWr)だ。スクールカウンセラーが心理的な部分を担当するのに対し、スクールソーシャルワーカーは子どもやその保護者と社会の橋渡しをするものだ。
 この本は、大阪地区での導入事例を中心に、SSWrの活動の様子を紹介している。
 このように、学校現場へ様々な専門職が入り、教師や児童生徒をサポートする体制が早く確立して欲しいものだ。
 「教師は教育を担う」こんな簡単なことが、なかなか実現できないのが実情なのだ。

教育学・教育思想 ランキング

教育学・教育思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む