サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

甘美すぎた誘惑(MIRA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

甘美すぎた誘惑 (MIRA文庫)

著者 ビバリー・バートン (著),仁嶋 いずる (訳)

大企業会長の叔父を支える富豪令嬢アナベルのもとに、いとこのルルが殺害されたという悲報が届いた。真相を解明するべく現地を訪れたアナベルは報道陣に囲まれ、心ない質問を浴びせら...

もっと見る

甘美すぎた誘惑 (MIRA文庫)

916(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大企業会長の叔父を支える富豪令嬢アナベルのもとに、いとこのルルが殺害されたという悲報が届いた。真相を解明するべく現地を訪れたアナベルは報道陣に囲まれ、心ない質問を浴びせられる。記者の一団を前に途方に暮れていたとき、どこからともなくたくましい長身の男が現れ、アナベルのウエストに腕をまわして記者たちを押しのけた。彼の名はクイン・コルテス。ルルの元恋人で、プレイボーイとして名を馳せている男、そしていとこ殺しの第一容疑者だ。この人に惹かれてはいけない—だが彼の熱い眼差しに、アナベルの心が揺れた。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/01/22 14:28

投稿元:ブクログ

購入済み

あらすじ
(BOOKデーターベースより)
大企業会長の叔父を支える富豪令嬢アナベルのもとに、いとこのルルが殺害されたという悲報が届いた。真相を解明するべく現地を訪れたアナベルは報道陣に囲まれ、心ない質問を浴びせられる。記者の一団を前に途方に暮れていたとき、どこからともなくたくましい長身の男が現れ、アナベルのウエストに腕をまわして記者たちを押しのけた。彼の名はクイン・コルテス。ルルの元恋人で、プレイボーイとして名を馳せている男、そしていとこ殺しの第一容疑者だ。この人に惹かれてはいけない―だが彼の熱い眼差しに、アナベルの心が揺れた。

ビバリー・バートンにしてもかなりサスペンスタッチの1冊でした。
ロマンス小説作家さんだって知ってなかったらかなりどきどきして読んだのだろうと思う。
なかなかいいサスペンス小説でした。
もともとロマンス小説の作家さんだし、出ている出版社もロマンス小説扱っているところだから絶対ハッピーエンドって思って読んでいたのですが間違いかしら?
このタイプの小説を読むとまぁ出てくるのよね、「幼児期に虐待された大人」。
その時期に(この小説では)母親に呪文のようにくりかえし浴びせられた言葉の呪縛から逃げられないまま大人になる。
アメリカって日本よりカウンセリングすすんでいたと思うのだけれど、一握りの裕福層の特権なのかしら。
大人は自分の稼ぎをセラピーに使う、使わない、の判断が出来るけれど、
虐待された子供のカウンセリングはどうなっているのだろうと本気で思ったり。
警官、元フットボール選手、弁護士、私立探偵。この作品は脇を固める男性陣も素敵に書かれているなとおもったら、次回のスピンオフのヒーローたちでした。







3ダースの薔薇の花より、1本の薔薇の花の方が素敵になる方法を知っているってすごいと思います。
プレゼントって値段ではなく、アイディア勝負かもしれませぬ。

Killing Her Softly by Beverly Barton

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る