サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. わたしの黒い騎士

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

わたしの黒い騎士(ラズベリーブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: ラズベリーブックス
  • サイズ:15cm/586p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-3278-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

わたしの黒い騎士 (ラズベリーブックス)

著者 リン・カーランド (著),旦 紀子 (訳)

13世紀イングランド。父の城を一歩も出たことのないジリアンが嫁ぐことになったのは、「黒い竜」「イングランドの禍」とあだ名される恐ろしい騎士クリストファー。しかも、彼には秘...

もっと見る

わたしの黒い騎士 (ラズベリーブックス)

987(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

13世紀イングランド。父の城を一歩も出たことのないジリアンが嫁ぐことになったのは、「黒い竜」「イングランドの禍」とあだ名される恐ろしい騎士クリストファー。しかも、彼には秘密があった。じつは盲目であるという秘密が…。そのことを、腹心たち以外には誰にも知られまいとするクリストファーにとって、亡き親友との約束でいやいやながら結婚したジリアンは疎ましく、ジリアンにもクリストファーの行動は不可解で恐ろしいことばかり。しかし、ふとしたきっかけでふたりは互いの心のうちに秘めた優しさと強さに気づいていく…。世間知らずで無垢な乙女と、秘密を抱える剣士の恋は、せつなく、心ふるわせる。リタ賞受賞作家リン・カーランド、日本初登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

信頼とは

2007/11/15 16:12

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウェアウィックの領主の娘ジリアンは、ブラックモアの領主、クリストファーと結婚することになってしまった。
父親から虐待され、城から出た事のない純真無垢なジリアンは、
『イングランドの禍』『黒い竜』と異名され、悪魔儀式を行う恐ろしい男という噂を信じ、ビクビクしながらブラックモアへと旅立ちます。

そこで出会ったクリストファーの態度はよそよそしく、怒鳴り散らす彼に身が縮む思いだった。

しかし、徐々に夫の優しさを目撃しもしかしたらここでずっと暮らしていけるのではと思い始めます。

クリストファーも亡き親友であり、ジリアンの兄に頼まれ、仕方なく彼女と結婚したことで苛立っていたが、彼女の父親に傷つけられた深い痛みを知り、彼女を守りたいと信頼されたいと思うようになっていくのです。

ジリアンは父から受けた虐待によって、クリストファーは亡き妻から受けた心の傷と視力を失って深く傷ついていました。

前半、虐待により自信を失くし、いつ失敗して殴られるのかとビクビクしているジリアンの姿が痛ましく、涙ぐんでしまいました。
中盤、そんな彼女の心の傷を知ったクリストファーは、何とかして妻の信頼を得ようと試みます。
クリストファーの忍耐強く妻に接する姿、寄り添う二人の姿が思い浮かぶような細かい描写に、心が温まりました。

信頼されるとは、信頼することでもあるんですよね。
お互いがお互いを必要だと感じる二人の触れ合いや言動にまた涙がにじんできました。

互いに本来持っている自信を取り戻しかけた二人ですが、ジリアンの父という敵とどう対決していくのかも見所です。

ページ数が多いですが、物語に引き込まれたらそんなことは気にならず、一気に読めました。
脇役の人物設定もしっかりしており読み応えのある一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/12 19:45

投稿元:ブクログ

2012年1月2日再読終了。

間違って、買ってしまった…ので、再読。
前読んだときほどひどい話ではなかったかも?でも、主人公はやっぱり好きになれなかった。

2009年10月11日読了。

友人から借りて読んだんだけど・・・イライラした。
主人公がウジウジしてるのが、私にはだめだった。
あと果てしなく天然ボケなのもイライラの元だった・・・。
虐待されて育ったのなら、あの天然ボケはないだろう?って思っちゃったよ。

2007/11/29 13:32

投稿元:ブクログ

映画のような美しいロマンス小説に憧れている人にオススメ。ハッピーエンドが約束されているし、主役の男女もはっきりしているので安心して楽しめます。なのに、男女二人の会話には涙がボロボロ出てしまいました。

2012/11/19 22:53

投稿元:ブクログ

実の父親から虐待を受けて育った臆病なヒロインと、前妻との結婚が手痛い失敗に終わり目と心に傷を負ったヒーローが、少しずつお互いを理解しあうようになり、惹かれあって、愛情を育んでいくストーリーです。
二人が愛し合うようになる過程はもちろんのこと、お互いに相手の為に、人としても成長していく姿は、読み応えがあり、彼らを応援したくなりました。
ヒーローは最初こそ、ヒロインを誤解するという間違いを犯しますが、後半からは無垢なヒロインにメロメロで、彼女を幸せにする為に、必死で手を尽くし、戦ってくれますので、安心してドキドキハラハラできます。
何度も読み返しているお気に入り作品のひとつです。

2013/11/17 19:48

投稿元:ブクログ

某所でお勧めされamazonで立ち読みをしたら一気に世界に引き込まれ、そのままポチってしまった一冊。
ハーレクインに比べると分厚い文庫なので読み応えがあります。

まだ数十ページの段階だけど、これ普通のヒストリカルロマンスじゃなくて、ファンタジーと付けてもいいんじゃない?
これに慣れちゃうとハーレクインヒストリカルが温く感じるかもしれません。

2010/09/19 16:20

投稿元:ブクログ

〈騎士シリーズ 1〉恐ろしい騎士だと噂される盲目のヒーロー。ヒーローの親友の妹ヒロイン。最初こそ嫌々ながらの結婚だったけど 相手を理解し愛し合うようになる過程はよかったなぁ。彼らはお互いに必要な相手だったのねぇ。

2010/03/09 19:02

投稿元:ブクログ

思わず涙が出そうになった。
意外と歴史ファンタジー物に分類しても良いのではないかと思った作品。

ただ甘ったるい時間つぶし用のハーレクインというイメージを塗り替えたかもしれない一冊。

ただ、新幹線とかで時間を潰す為に読む、では無くて時間を掛けて居住まいを正して読むとなるとちょっと娯楽過ぎる。

2010/01/29 17:26

投稿元:ブクログ

図書館の本 読了

内容(「BOOK」データベースより)
13世紀イングランド。父の城を一歩も出たことのないジリアンが嫁ぐことになったのは、「黒い竜」「イングランドの禍」とあだ名される恐ろしい騎士クリストファー。しかも、彼には秘密があった。じつは盲目であるという秘密が…。そのことを、腹心たち以外には誰にも知られまいとするクリストファーにとって、亡き親友との約束でいやいやながら結婚したジリアンは疎ましく、ジリアンにもクリストファーの行動は不可解で恐ろしいことばかり。しかし、ふとしたきっかけでふたりは互いの心のうちに秘めた優しさと強さに気づいていく…。世間知らずで無垢な乙女と、秘密を抱える剣士の恋は、せつなく、心ふるわせる。リタ賞受賞作家リン・カーランド、日本初登場。

ネタバレになる?
最初から最後まで盲目のヒーローという作品は初めてでした。
この設定だとどこかで視力回復したりするんだけど、最初から最後まで盲目でもヒーローになりえるのだと目からうろこ状態でした。
やさしさと気の強さの描写がとてもうまい作家さん。
また彼女の名前を見たら読んでみたいと思います。

This is All I Ask by Lynn Kurland

2014/11/12 01:51

投稿元:ブクログ

初めてのリン・カーランド作品。実父に虐待され幽閉されていたジリアンが嫁ぐことになったのは黒い竜と呼ばれる恐ろしい騎士クリストファー。盲目であることを秘密にしている彼と世間知らずで無垢な彼女が次第に心を通わせていく様子が切ない。ラブラブ物語が読みたい時にオススメ。他の登場人物も個性豊かでシリーズ物らしいので続きが楽しみ。2014.11

2011/09/21 13:14

投稿元:ブクログ

盲目騎士 × 虐待少女

自己評価の低いヒロインはウジウジした誤解が多いのであまり好きではないけど、このヒロインは父親からひどい虐待を受けてあまりにもかわいそうでで、応援したくなる。
ヒーローの、俺が守ってあげなきゃっていう使命感にも思わず共感。
二人は割とすんなりくっついたが、その後も最後まで飽きさせずに楽しめた。