サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

王の定めにより(ハーレクイン文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

王の定めにより (ハーレクイン文庫)

著者 シャーリー・アントン (著),平江 まゆみ (訳)

ノルマン人の初代王が統治するイングランド。領主の娘アーディスは大怪我のせいで子供を産めない体になり、父親は傷物を嫁がせられないと、決まっていた縁談を断った。アーディスは運...

もっと見る

王の定めにより (ハーレクイン文庫)

741(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

王の定めにより

648(税込)

王の定めにより

ポイント :6pt / 紙の本より93おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC XMDF 無制限
iPhone XMDF 無制限
iPad XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ノルマン人の初代王が統治するイングランド。領主の娘アーディスは大怪我のせいで子供を産めない体になり、父親は傷物を嫁がせられないと、決まっていた縁談を断った。アーディスは運命を呪った。相手が大領主の息子ジェラード—“若獅子”と呼ばれる、美しく力強い戦士だったから。だが5年後、ジェラードと再会したことで運命が変わり始めた。ジェラード本人が改めてアーディスを見初め、求めてきたのだ。跡継ぎを産めなくても、彼の飽くなき情熱は受け止められる。後悔しないと確信したとき、彼女はジェラードに身を任せた。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/01/20 11:21

投稿元:ブクログ

ヒストリカル。
このお話、先に漫画(絵;日高七緒)で読んだけど何度読んでも面白い.....なので、原作で読んでも面白いだろうとゲット。
ヒロインの切なさとヒーローの渇望、二人が置かれた酷な立場と二人の心情などなどかなり私好みのツボが満載。
最後の最後までヒーローの内面が綴られているあたり、格好良くて凛々しい大領主なのに可愛かった!
.............(あらすじ)......................................................
ノルマン人の初代王が統治するイングランド。
領主の娘アーディスは大怪我のせいで子供を産めない体になり、父親は傷物を嫁がせられないと、決まっていた縁談を断った。
アーディスは運命を呪った。相手が大領主の息子ジェラード―“若獅子”と呼ばれる、美しく力強い戦士だったから。
だが5年後、ジェラードと再会したことで運命が変わり始めた。ジェラード本人が改めてアーディスを見初め、求めてきたのだ。
跡継ぎを産めなくても、彼の飽くなき情熱は受け止められる。後悔しないと確信したとき、彼女はジェラードに身を任せた。(作品の紹介より)
.............................................................................................

サイト内検索

キーワードを入力