詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 家族と法 個人化と多様化の中で

家族と法 個人化と多様化の中で(岩波新書 新赤版)

  • 発行年月:2007.10
  • 出版社:岩波書店
  • レーベル:岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/241,14p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431097-6

新書

  • 国内送料無料

家族と法 個人化と多様化の中で (岩波新書 新赤版)

二宮 周平 (著)

紙書籍

886 ポイント:8pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

戸籍、結婚、親子、相続など「家族」に関わる法律はどんな仕組みなのか。また、離婚の日常化、少子高齢化、生殖技術の進歩など「家族」の形の変化による問題とは。具体的な事例を通し...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

戸籍、結婚、親子、相続など「家族」に関わる法律はどんな仕組みなのか。また、離婚の日常化、少子高齢化、生殖技術の進歩など「家族」の形の変化による問題とは。具体的な事例を通して、望ましい法や制度を考える家族法入門。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

二宮 周平

略歴
〈二宮周平〉1951年神奈川県生まれ。大阪大学大学院法学研究科博士課程修了。立命館大学教授。法学博士。家族法専攻。著書に「事実婚の現代的課題」「家族法」など。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.2
4.2
評価内訳 全て(4件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/13 21:49

現在の家族法における問題点、著者の観点から分かりやすく解説してくれます。
入門書ながら、専門的でもあり、なかなか読み応えがあります。
部分的に改正はされている民法でも、やはり現代の生活スタイルとは合っていないと納得。
読みながら家族法について考えさせられる本です。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/04/24 19:19

[ 内容 ]
戸籍、結婚、離婚、親子、相続など「家族」に関わる法律はどんな仕組みになっているのか。
また離婚の日常化や少子高齢化の進展、生殖技術の進歩などで「家族」の形が変化した今、どんな問題に直面しているのか。
具体的な事例を通して、どのような法や制度が望ましいのかを考える。
多様な生き方への励ましに満ちた家族法入門。

[ 目次 ]
第1章 人の出生と子どもの平等―戸籍、氏名、人格権
第2章 パートナーと暮らすこと―法律婚、事実婚、パートナーシップ
第3章 家族のメンバーチェンジ―離婚、再婚、親子の交流
第4章 子どもをもつこと・親をもつこと―実子、養子、人工生殖
第5章 人の世話をすること―保護と自立へのサポート
第6章 人の死と財産の承継―相続、遺言、遺留分
第7章 家族のトラブルを解決するには

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

評価5 投稿元:ブクログ

2011/01/25 23:51

多様化した個人と家族とのあり方などを、法律に絡めてわかりやすく解説しており、現状の問題点も提示されている。
とても読みやすいが、法律の勉強には物足りないか。
導入には適しているだろう。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/02/18 01:46

人生の節目節目において向き合う可能性のある諸問題を、それぞれの場面ごとに関連法規と照らし合わす形で論が進む。いざってときには、その場面に応じたページを開けば、だいたいの流れがつかめるようになっている。それとともに、現行法規の諸問題についても言及してあり、作者独特の視点も絡めた説明がなされているから、批判的吟味も出来るようになっている。細かいことは覚えられんけど、総じてなかなか面白かったす。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.