詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 暮らし・実用
  4. 7日間でキラキラになる★ キミが輝けば仕事も恋もうまくいく!

7日間でキラキラになる★ キミが輝けば仕事も恋もうまくいく!

  • 発行年月:2007.10
  • 出版社:マガジンハウス
  • サイズ:19cm/150p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-1817-7

  • 国内送料無料

7日間でキラキラになる★ キミが輝けば仕事も恋もうまくいく!

石井 裕之 (著)

紙書籍

1,296 ポイント:12pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

メンタルマッスル(心の筋肉)の鍛え方や、「愛され上手」になる方法、スマートな「ホメ方」のマスター法など、毎日1章ずつ読み進め、課題を実践する形式で、人を内面から輝かせる方...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

メンタルマッスル(心の筋肉)の鍛え方や、「愛され上手」になる方法、スマートな「ホメ方」のマスター法など、毎日1章ずつ読み進め、課題を実践する形式で、人を内面から輝かせる方法を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石井 裕之

略歴
〈石井裕之〉1963年東京生まれ。パーソナルモチベーター。セラピスト。有限会社オーピーアソシエイツ代表取締役。著書に「人生を変える!「心のDNA」の育て方」「ダメな自分を救う本」などがある。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.4
3.4
評価内訳 全て(10件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(5件)
★★★☆☆(4件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

自らが変わることで周りも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/05/21 12:08

評価3 投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んで初めて「メンタルマッスル」という言葉を聞いた。1日1章でも自分から始めることで、他の人にもいい影響を与えることができるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価2 投稿元:ブクログ

2008/01/06 01:18

んー、内容が少なすぎ。
物足りないなあ。
ちょっとした気付きとか気遣いのことなので、あんまりタメにならん。
1日1センテンスってのも性に合わない。
残念!

2008年1月

評価3 投稿元:ブクログ

2008/04/24 16:09

人を褒めた時に、相手が喜ばないのは普通だそうです。
みんな受け取るのが下手で、喜びを素直に表現できないものです。
そして、相手の心に浸透するまでに時間差があるので、考慮する必要があります。
勘違いして、拒絶したと受け取らないことも重要です!
もちろん、褒める内容によりますが・・・。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/11/23 22:54

メンタルマッスルを鍛えるために、見られる、目立つ。プチインパクト。
愛され上手に。すみません、じゃなくて、ありがとう。
ほめ方をマスターする。
自分をわかりやすく表現する。わかりやすい人になる。
愛する力を磨く。忍耐力より、想像力。好きになる。
バランスを磨く。Orじゃなくて、ANDで。
凛とした生き方。自分の人生に責任を持つ。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/06/06 00:08

本の支持どおりに毎日1章ずつ読み進めました。1章ずつなので翌日意識をして行動することができました。意識をして行動してもすぐにできないこともありましたが、意識し続けて、チャレンジし続けようと思えました。どれも一見簡単なことのように思えますが、やってみると案外難しくて、自分のまわりをみてもこれがすべてできている人はなかなかいないなと思いました。逆に、これができている人ってとても素敵だなと思いました。
特にDAY2 「愛され上手」になる キミは受け取ることが苦手
人にほめられたとき、それを素直にうけとって、喜んで、感謝する―できてないなぁと思いました。ほめてくれた人にもいい気分をお返しできる人になりたい。
DAY7 愛し、愛されて、でも振り回されない 「凛」としたキミになる!
「私は自分自身をコントロールしきれていない」という不安定な雰囲気が漂っています―これは私のこと。
「私の人生は、私自身がしっかりとコントロールしている」という、芯のしっかりした安定感が醸し出されている「凛」とした人になりたい。
気軽に読めるので、これからも何度でも読みたい本。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/01/14 13:58

輝くことについて知りたくて読書。

サラサラ読める。女性向けに書かれた本のようだが、男が読んでも参考になる箇所は多い。

実は、多くの人がホメられ下手。私にも該当する。どこか照れが邪魔するのだろう。ホメられたり、プレゼントをもらったら自分で思っている以上に大げさなくらい言葉にして喜びと感謝を相手に伝えるようにしたい。

最終的に言葉にしないと伝わらないのでしっかりと意識して伝える。自分についても分ってもらっていると一方手的な思い込みをせずに丁寧に言葉で説明する。

ORとANDの例えは面白い。
後者が望ましいとしているが、前者は思考停止型。後者は、代替案型と認識した。完璧主義を目指さず、ベストは無理だけど、ベターにするためにどうすればいいかを常に考えるようにする。

読書時間:約35分

評価4 投稿元:ブクログ

2010/09/09 16:53

女性向けの本だったようだ。
でも、楽しい本だった。

男であっても、おじさんであっても、
大切なものは同じだぜ!
パーソナルカリスマを育てる本。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/01/19 22:29

7日間で出来るワークが書かれている本。


章立てていることとページ数も少なく余計なことを考えずに進めることが出来るのでオススメな一冊☆

これからこんなワークも取り入れて人と何か出来たら面白いなぁと思ったので参考になりました(^^)

評価3 投稿元:ブクログ

2012/07/26 11:38

メンタルマッスルを鍛える本!
と言っても、1日1項目を実行して1週間で7つの項目をクリアするというもので、挫折しにくい作りの本です☆
本も薄くてたった7項目(←内容は薄いものではありません)で、作者が読者に語りかける書き方をしているので、読みやすかったです^^

↓以下、自分への覚書
◆「愛され上手」になる
褒められた時にお世辞だったとしても、あえて褒められたことを喜び、褒めてくれた相手に感謝する。
喜んだ方が褒めてくれた相手の方が気持ちよくなる。謙遜は逆に、つまらない気持ちにさせてしまう。

◆スマートな「褒め方」をマスターする
相手の価値観を判断しながら褒めて、「褒められて気分を害す」ということが無いようにする。
褒めようと思っている相手が、他の人をどのように褒めているのか観察し、その褒め方を使ってみる。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/05/13 11:01

心理カウンセラーの本。独身女性をターゲットとしたような装丁・文章だが、内容は老若男女を問わず有用。結構いい。

・1日目 注目されることでメンタルマッスルを鍛えるために、何か一つ目立つものを身に着ける。人前で話すチャンスを設ける。
 →出る杭は打たれる、と考え無難にまとめがちだが、少し違和感があった方が注目をあびる。その注目に応えようと自分が磨かれる。自分のトレードマークは何だろうか。

・2日目 人から褒められたら大げさに喜ぶ。
 →ついつい謙遜してしまうが、せっかく褒めてもらえたのだから、喜んだ方が相手も褒めがいがある。褒められやすくなる。

・3日目 相手が使う褒め言葉を覚えておいてそれと同じポイントを褒める
・相手の価値観を知るには、相手が第三者をどう褒めているかを見れば分かる。
 →まず観察。ファッションや話題から、相手の趣味嗜好を知れば、的確に褒めることができる。

・4日目 今まで以上に言葉を尽くして自分の考えや感情をできるだけ分かりやすく表現する
 →キャラ付け、ではないが、分かりやすさは重要。ポーカーフェイスが必要な場面はあるが、普段は、喜怒哀楽がハッキリした方が良い。

・5日目 ちょっとしたことにも今までより気持ちをそそぎ愛をもって行動する。つまらないことにも想像力を駆使して愛を注ぐ意義を見出す
 →一期一会。同じレベルであれば、気持ちのいい人にお願いしたい。こちらにとっては日常ルーチンの一つでも相手にとっては一生に一度のこともある。
・今日の彼は昨日の彼とは違う。もう一度、彼の一瞬一瞬を感じてあげて、恋愛のワクワクを持続させる。
 →恋愛に限らず、仕事にも家庭にもあてはまる。

・6日目 常に柔軟にバランスを取ることを意識する。二者択一ではなく両者を生かす方法も意識する。

・7日目 自分の力の及ばないことには手を出さない。自分の力の及ぶことについては全力で取り組む。
・私のやっていることは自分の力の及ぶ範囲内だろうか?自分の力を出し尽くしているだろうか?
 →コントロール感。できることは全力で行うが、できないことを引き受けない。コントロールできる範囲を徐々に広げるために、多少の背伸び・無理は必要だが、できもしない約束を破ると信用を失うし、自信も失う。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.