サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 正直者はバカをみない 日本一の見本市ビジネスをつくった男の成功哲学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

正直者はバカをみない 日本一の見本市ビジネスをつくった男の成功哲学

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-00283-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

正直者はバカをみない 日本一の見本市ビジネスをつくった男の成功哲学

著者 石積 忠夫 (著)

権威も影響力もないひとりの男が、巨大な国際見本市を次々と成功させた。業界の異端児と言われた男に奇策はない。ただ中身そのもので勝負するのみ。ビジネスで成功する「王道」の哲学...

もっと見る

正直者はバカをみない 日本一の見本市ビジネスをつくった男の成功哲学

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

正直者はバカをみない

1,555(税込)

正直者はバカをみない

ポイント :14pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

権威も影響力もないひとりの男が、巨大な国際見本市を次々と成功させた。業界の異端児と言われた男に奇策はない。ただ中身そのもので勝負するのみ。ビジネスで成功する「王道」の哲学とは何か? その考え方と方法を書き著す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石積 忠夫

略歴
〈石積忠夫〉新潟県出身。慶応義塾大学法学部卒業。リードエグジビションジャパン(株)代表取締役社長。エレクトロニクス、医薬品、ITなどの業界で見本市を開催。各地で講演活動を行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2010/01/20 17:36

投稿元:ブクログ

----------------------------------------------
▼ 100文字感想 ▼ 
----------------------------------------------

展示会や見本市などのイベントで集客できていますか?
年間36本の見本市を開催し、日本一の見本市ビジネス
をつくった石積忠夫氏の成功哲学の集大成。肝はいかに
集客するか、いかに出展者を集めるか、いかに儲けるか。


----------------------------------------------
▼ 5つの共感ポイント ▼ 
----------------------------------------------

■どんな商売でも、具体的なメリットを与えることができな
 ければ、必ず衰退していき、消滅する。参加者が儲かる
 ような見本市を創れば、企業は積極的に出展してくれる

■実績を出せないスタッフに共通している特徴は、「買っ
 てください」という肝心な一言がいえないこと。顧客との
 緊張感が生まれるような言葉から逃げている

■値引きという安易な方法で出展を決めてもらう味を知っ
 た営業スタッフは、汗を流して営業することが徐々に苦
 痛になっていく

■自動車の値段が性能によって違うのは当たり前。雑誌
 の広告料金にしても、売れている部数が多ければ多い
 ほど高くなるのは当たり前

■リーダーに真の実力がなければ、その部下が実力のあ
 る人間に育つことなどほとんどありえない

2011/10/24 22:19

投稿元:ブクログ

リード・エグゼビション・ジャパンの全貌。
展示会ビジネスの経緯が理解できる1冊である。

企業だけではなく、国家を超えて市民、政府…様々な人を巻き込む事業であるということから、如何に「誠実さ」というものに重きを置いて経営してきた社長の哲学が色濃く書かれている。

2011/02/21 00:13

投稿元:ブクログ

何と言ってもタイトルが良い。リードが主催する見本市が盛況な理由が分かる一冊です。

更に、良いことだけを言う「グットニュースミーティング」や宣言文などは、どんな会社でも非常に参考になると思います。

2012/08/01 09:37

投稿元:ブクログ

半分ぐらい読んだところで読み進める気が失せました。
基本は自慢話。
それでも参考になる部分もあると思いながら読んでいましたが、
よく考えると真面目な社会人からすると普通なんじゃね?ということに気付いた。
要は自分が不真面目社会人なのでしばらくは気付かなかっただけ(笑)
まあ、自分が不真面目社会人だということに改めて気付かされただけでもよかったのか。

自分的に読み進めたいと思えない本なので☆1にさせていただきます。
この本が好きな人ごめんなさい。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む