サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. デキる人は皆やっている一流のキャリアメイク術
デキる人は皆やっている一流のキャリアメイク術
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: 明日香出版社
  • サイズ:19cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7569-1140-7
  • 国内送料無料

紙の本

デキる人は皆やっている一流のキャリアメイク術

著者 保田 隆明 (著)

キャリアは周りと比べても意味が無い。転職も起業も手段でしかない。自分の軸を持て。無限の可能性を狭めるか、あるいは成功をつかむかは、あなた次第なのだ。成功者が実行する、ワン...

もっと見る

デキる人は皆やっている一流のキャリアメイク術

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

キャリアは周りと比べても意味が無い。転職も起業も手段でしかない。自分の軸を持て。無限の可能性を狭めるか、あるいは成功をつかむかは、あなた次第なのだ。成功者が実行する、ワンランク上のキャリアメイク術を指南。〔「「ブレない!」自分軸の仕事術」(2012年刊)に改題,大幅に加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

保田 隆明

略歴
〈保田隆明〉1974年生まれ。早稲田大学商学部卒業。外資系証券会社勤務、SNSビジネスへの参入等を経て、ワクワク経済研究所を設立、同代表。著書に「なぜ株式投資は儲からないのか」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/12/20 00:31

投稿元:ブクログ

いつも気になる自分の将来=キャリア。最近いろんな人が「キャリア論」を展開してますが、著者の保田さんは昔「投資銀行青春白書」で投資銀行業務を面白く書いていたのが印象的だったので覚えていました。外資系証券会社&ファンドを経て独立した著者のキャリア論は、わかりやすく共感できることが多かったです。自分自身は独立/起業みたいなことはあまり強く意識して考えたことはないのですが、そういう選択肢を含めて、もっと考える気になりました。これまでも、そしてこれからも興味&好奇心を刺激してくれる仕事を求めてさ迷いそうな気がしています。

2012/03/22 16:12

投稿元:ブクログ

What you haveではなく、what you don't have , 今の瞬間が一番若い。

明日終わっても後悔しない成功人生

キャリアは自己表現、ロマンの追求だ

2008/01/16 22:13

投稿元:ブクログ

変にかっこつけずに、ありのままを書いている感じがしてよい。これを読んだら何か吹っ切れた感がある。2008/1/15

2016/02/23 12:42

投稿元:ブクログ

【No.59】「組織に文句があるのであれば、辞めるかそれを改善するか、どちらかの行動を起こすべきであり、ただ文句を言っているだけの人間は有害でしかない」「外部から見ると疑問な点があったとしても、自分にとっての軸を理解し、それに合う行動を取っていれば、満足する結果が得られる」「ブログを書いていると、自分の日々の考えが自然と整理されていく。1つ2つの記事を書くだけなら自分の素性を隠しておくこともできるが、多くの記事を書けば書くほど、その人の考えていることや性格がブログに表れる。そしてブログは自ずと書き手の分身的な存在になる」「人の印象は、出会ったときの印象よりも、別れたときの印象が強く残る」「悩みに悩んだ末の結論なら、どっちに転んでも絶対に後悔しない」

2008/05/05 21:44

投稿元:ブクログ

等身大でありながらも、著者自身はそれなりにキャリアを積んできてる人なので、一般的な話ではないものの転職などで悩んでる人であればひと押しになる本です。自分は、これ読んで正直悩んでます。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む