サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 鹿野政直思想史論集 第3巻
鹿野政直思想史論集 第3巻
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.1
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/461p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-026646-8
  • 国内送料無料

紙の本

鹿野政直思想史論集 第3巻

著者 鹿野 政直 (著)

「ヤマト世」から「アメリカ世」への転換のもと、沖縄の人びとが向き合わざるを得なかった「戦後」とは何であったのか。「占領」を見据える人びとの生と思念の位相を追求した、著者の...

もっと見る

鹿野政直思想史論集 第3巻

5,184(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「鹿野政直思想史論集 第3巻」が含まれるセット商品

鹿野政直思想史論集 7巻セット

鹿野政直思想史論集 7巻セット

  • 税込価格:36,288336pt
  • 発送可能日:1~3日

鹿野政直思想史論集 7巻セット

鹿野政直思想史論集 7巻セット

  • 鹿野政直 著
  • 税込価格:36,288336pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

「ヤマト世」から「アメリカ世」への転換のもと、沖縄の人びとが向き合わざるを得なかった「戦後」とは何であったのか。「占領」を見据える人びとの生と思念の位相を追求した、著者の戦後沖縄史研究を集成する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

「沖縄」と「琉球」のはざまで 3−129
「否」の文学 133−186
異化・同化・自立 187−447

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/04/26 06:29

投稿元:ブクログ

著者の旧著である『戦後沖縄の思想像』から1章、2章、5章を1、2、3として納めたものです。「沖縄I 占領下を生きる」と題されていて、それぞれの表題は次のようになっています。

 I キーストーンの刻印
  1.「沖縄」と「琉球」のはざまで
 II 憤怒と凝視
  2.「否」(ノン)の文学ー『琉大文学』の航跡』
  3. 異化・同化・自立ー大城立裕の文学と思想

1は、米軍(米国)による占領前の研究と、その成果としての占領当初の占領政策をめぐる動きについて論じています。2、3では文学や評論を読み解くことで、沖縄びとの戦いを描いています。

3は、沖縄で初めて芥川賞を受賞した大城立裕氏の作品を通して、氏の思想の変遷と沖縄の置かれている状況について論じますが、大城立裕氏の作品を読みたいと思いました。『小説琉球処分』、『恩讐の日本』、『まぼろしの祖国』で、沖縄の近代史を復習したいと思います。これまで読んできた沖縄の「歴史」は通り一遍のものだったような気がするからです。ただ、氏の著書の多くは今では絶版であるようです。再刊を望みます。

この著者にはいつも教えられます。この集成の1、2でもそうですが、その研究の基礎には、理不尽な抑圧の下に置かれている人々への温かい視線があるのですね。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む