詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 反逆者の月 2 帝国の遺産

反逆者の月 2 帝国の遺産(ハヤカワ文庫 SF)

  • 発行年月:2008.1
  • 出版社:早川書房
  • レーベル:ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/559p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011649-1

文庫

  • 国内送料無料

反逆者の月 2 帝国の遺産 (ハヤカワ文庫 SF)

デイヴィッド・ウェーバー (著), 中村 仁美 (訳)

紙書籍

1,015 ポイント:9pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

地球総督となったマッキンタイアは、侵攻を開始した怖るべき異星生命体アルチュタニの無敵艦隊から地球を守るため、巨大戦艦ダハクを駆って、銀河中心部に存在するはずの銀河帝国に救...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

地球総督となったマッキンタイアは、侵攻を開始した怖るべき異星生命体アルチュタニの無敵艦隊から地球を守るため、巨大戦艦ダハクを駆って、銀河中心部に存在するはずの銀河帝国に救援を求めるため旅立った。だが最初に訪れたシェスカー星系で目にしたものは、完膚なきまでに破壊された惑星の姿だった!刻々と地球へと迫る300万隻を超えるアルチュタニ艦隊。果たして、帝国は今も存在するのか?地球の命運はいかに。【「BOOK」データベースの商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4.8
4.8
評価内訳 全て(5件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2008/01/28 21:08

色々大変な事になりましたな。戦闘シーンではくるくると視点が変わるので、慣れないとこんがらがりそうですが。1冊目とまた違ったドキドキ感がありました。どっちが好きかと言われたら1冊目の方が私は好みです。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/08/25 15:43

いよいよ、問答無用の宇宙戦争が。。。
しかし、間に合うのか!?
っぷはーーーーー
まにあったーーーーーーー!!!!!
という感じ。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/08/21 01:02

題名に「2」とあることからも、続編となります。
ふと手にとった前作の「反逆者の月」がなんとも面白かったので、そのまま読み進めてみました。

夜空に浮かぶ「月」が実は古代宇宙の巨大戦艦であった!、なんていう設定から始まるSFです。

いや、とにかく劇中に出てくるモノのスケールが、すべからく「大きい」です。
コレでもかと言うくらいに想像力を刺激される記述が続き、それでいてあながち嘘くさくも無く。

本来であれば自我を持ち得ないコンピューターが、数万年の刻を経て、その自我を持つに至っているのですが、
そのコンピューター「ダハク」が一家に一台欲しいなぁ、、なんて思わせてくれるような人間味に溢れています。

また、人間関係や各陣営の思惑の記載が万華鏡のように交差していくのですが、
かといって読みにくいわけでもなく、むしろ、整理されていて読みやすいなぁ、、と感じました。

なんて思っていたら、作者のウェーバー氏は大学で歴史を専攻されていたようで、
随所の作風に「年表史」的な視野を感じるのが、自分にとってはマッチしているのかもしれません。

前作も含め、王道と言えば王道のストーリー展開なのですが、決して飽きさせることの無い流れでしたし、
終盤の「ダハク」が直面するとある「交流」とそれから導き出される「真実」もまた、カタルシスでした。

全部で三部作との事で次巻があるらしいのですが、久々に発売が楽しみなシリーズが増えました。
また、他にも人気の高いシリーズが出ているとの事で、そちらにも食指が動いています。

丁寧に織り込まれた伏線が明らかになるごとに心地よいカタルシスを感じられる、そんな一冊。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/06/02 12:22

宇宙空間に、景気の良い花火大会が開催されたようで、まあ、何でも大量に爆発させたし、破壊したような印象がある。読後、少々爽快な気分になった。すぐ後バアサンは、誰が片付けるのかと心配になりましたが。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/10/15 00:00

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000339657.html

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.