サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 鹿野政直思想史論集 第5巻
鹿野政直思想史論集 第5巻
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/435p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-026648-2
  • 国内送料無料

紙の本

鹿野政直思想史論集 第5巻

著者 鹿野 政直 (著)

「健康」であること、「兵士」であることの「呪縛」とは−。幕末維新期から現代までの健康観の変遷を追求した論考と、「兵士」という鋳型に嵌めこまれる人びとの意識を描いた論考を合...

もっと見る

鹿野政直思想史論集 第5巻

5,184(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「鹿野政直思想史論集 第5巻」が含まれるセット商品

鹿野政直思想史論集 7巻セット

鹿野政直思想史論集 7巻セット

  • 税込価格:36,288336pt
  • 発送可能日:1~3日

鹿野政直思想史論集 7巻セット

鹿野政直思想史論集 7巻セット

  • 鹿野政直 著
  • 税込価格:36,288336pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

「健康」であること、「兵士」であることの「呪縛」とは−。幕末維新期から現代までの健康観の変遷を追求した論考と、「兵士」という鋳型に嵌めこまれる人びとの意識を描いた論考を合わせた、著者の心身史研究の集大成。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

健康観にみる近代 1−144
兵士であること 145−422

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/04/26 06:34

投稿元:ブクログ

「鋳なおされる心身」と副題されたこの本のテーマは、国民の心身---健康や体---です。歴史家が健康や体について論じるというのは、一見奇異に思えましたが、読んでみて、この著者ならではの視点だと思いました。

著者は、厚生省(現在の厚生労働省)がつくられた経緯を明らかにします。厚生省の目的は「国民の健康・福祉を願って」いたわけではありません。名目はそうであってもその先に真の目的がありました。それは強い軍隊を作ることです。そのためには強い兵士が不可欠であり、強い兵士をつくるために健康な国民が必要なのです。

そのため軍隊内では伝染病の予防に非常に神経を尖らせたことが窺われます。海軍での健康診断のおり、心臓の悪い労働者を診察した軍医長がこともなげにこう言います。『心臓はかまわん、伝染せんからネ』。度重なる薬害問題が取り沙汰されますが、このような体質の厚生省であれば、それも至極当然のように思われます。

「鋳なおされる」という言葉から「鍛えなおされる」ことを連想しますが、このことは同時に、金属をもう一度溶かして別の型に入れることを意味します。つまり「型にはめる」ことです。教育基本法を改定し、国旗・国歌を強制するのもその一環なのですね。このような道を、この国はまた歩んでいるようです。

最後に、「君が代」を「民が世」と歌うためにほんの一音を変える(KI を TA)運動があることを知りました。これがせめてもの救いなのでしょうか。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む