サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016秋 メディア化キャンペーン(~10/7)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生
ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/662p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-208909-0
  • 国内送料無料

紙の本

ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生

著者 ジョーダン・ベルフォート (著),酒井 泰介 (訳)

20代で悪名高き投資会社に君臨し億万長者となり、30代でヤク漬け&証券詐欺で刑務所行きになった男が、そのクレイジーな半生を振り返る、抱腹絶倒のピカレスク・ノンフィクション...

もっと見る

ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

20代で悪名高き投資会社に君臨し億万長者となり、30代でヤク漬け&証券詐欺で刑務所行きになった男が、そのクレイジーな半生を振り返る、抱腹絶倒のピカレスク・ノンフィクション。【「BOOK」データベースの商品解説】

飲む、打つ、買うは福利厚生です! 20代で悪名高き投資会社に君臨し億万長者となり、30代でヤク漬け&証券詐欺で刑務所行きになった男が、そのクレイジーな半生を振り返る。〔「ウルフ・オブ・ウォールストリート 上・下」(ハヤカワ文庫 NF 2013年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/09/16 22:28

投稿元:ブクログ

アメリカって言う国は良くも悪くも自由すぎて凄すぎる国ですよ。
まあ、内容は面白いけど。別に買わなくてもいいんじゃない。図書館で充分。

2011/12/08 23:43

投稿元:ブクログ

ぶっとんでるお話。
フィクションとノンフィクションの間のような、著者の人生の一部を記した伝記(とまではいかないけれど)です。

ネタを読むような感じで読むには楽しいですが、肝心の「どうしてこんなに若い人がウォール街でこんなにも成功したのか?」という肝心な部分に、著者は全く触れてなくて、そこが私としては気になりました。

OWPのような運動がおこっているのも、こういうごく一部の人のライフスタイル(犯罪すれすれのことをやって10回生まれ変わっても使い切れないくらいのお給料をもらい、ドラッグやコールガールを楽しみ、まずくなったらお金にものを言わせて解決する)のイメージが広がりすぎていることにも一因はあるのではないかと少し考えさせられました。

内容とはあまり関係しないのですが、日本語訳があまり良くないです。ところどころ首をかしげるようなところ、不自然なところがあり、話し言葉の中でも自分が聞いたことのない表現を辞書からひっぱってきて訳したのではないかなーと思わされる箇所がありました。英語で読んでみたいと思います。