詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

サイモンの災難(C★NOVELS FANTASIA)

新書 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

サイモンの災難 (C・NOVELS Fantasia クラッシュ・ブレイズ)

茅田 砂胡 (著)

紙書籍

972 ポイント:9pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

648(6pt) クラッシュ・ブレイズ - サイモンの災難

紙書籍より:324円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

サイモンが無謀にも声をかけたことで事件は起こ—いや、未然に防がれたのかも知れない。その奇妙な事件は…。【「BOOK」データベースの商品解説】前代未聞の宇宙船事故と、新人映...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「サイモンの災難」が含まれるセット商品

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

サイモンが無謀にも声をかけたことで事件は起こ—いや、未然に防がれたのかも知れない。その奇妙な事件は…。【「BOOK」データベースの商品解説】

前代未聞の宇宙船事故と、新人映画監督サイモン。崩落寸前の橋と、新人女優のアイリーン。24年前の封印と、ヴァンツァー。この3つの線が重なる時、「事件」は未然に防がれた…? クラッシュ・ブレイズシリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茅田 砂胡

略歴
〈茅田砂胡〉デルフィニアシリーズで小説デビュー。著書に「王女グリンダ」「暁の天使たち」「レディ・ガンナー」シリーズなど。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.2
4.2
評価内訳 全て(25件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

妖怪と殺し屋

8人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2008/04/17 20:19

評価2 投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず主役不在のストーリー
「誰」を描きたいのか分からないぼやけた構成
核となる視点がなく都合のいいキャラクターが都合のいい行動を取るだけの、キャラクター性を無視した物語
始まりと終わりで辻褄が合ってない感じがする
メインキャラクター設定の時点できちんと地盤が出来てないので、結局なにを書いても砂上の楼閣の様子

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2008/04/08 07:12

クラッシュ・ブレイズシリーズ。今回はジンジャーが主役ということで、レギュラーメンバーの出演は控えめ。しかし、ストーリはなかなか面白かった。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/03/26 00:00

クラッシュ・ブレイズの十巻。連邦大学ティラ・ボーンで映画の撮影が行われていた。同時期、レイバーンのボルトン橋がおちる事故が起こっていた。そこで偶然発見された白骨死体が事件の発端となり、監督のサイモンは数々の災難に見舞われることとなる!?今回のメインはジンジャーとヴァンツァー。大型夫婦や金銀黒天使も登場し活躍はするが、明くまでもジンジャーがメインのストーリーだろう。何かと特殊な人たちが取り立たされるシリーズだが、こと映画に関してはジンジャーも特殊な人物だったと再確認させられた(笑)普段は言葉少なく控えめなヴァンツァーだが今回は笑顔も見れて得をした気分だv

評価4 投稿元:ブクログ

2008/05/16 19:41

2008.05.16.読了。
読ませてしまう力量は流石!
★3にしたいけれど、4にさせられてしまう(笑)

評価4 投稿元:ブクログ

2008/03/26 11:05

忘れてました。
「あの」ジャスミンとあれだけ長く深いつきあいをしているってことは。
ジンジャーだって十分、『さよなら、常識!((C)ルウ)』なひとなんですよね(笑)。
映画祭のシーンは、サイモンたちに「ご愁傷様」と言ってあげたくなりました。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/06/15 21:08

ジンジャー好きなので面白かったです。読み手としては判っているわけなので「あぁ、言っちゃったよ…」とか、「そういう態度取ってられるのもさぁ…」とか、色々とツッコミを入れつつ楽しんでました。後、何故あれだけの美貌…はともかく、若さが保てるのか? というのが謎だったので、今回の話ですごく納得しました。なるほど!(2008.05.16読了)

評価3 投稿元:ブクログ

2009/11/17 20:16

サイモンの目は校門から出てきたある少年に釘付けになった―彼こそ正に“レックス”のイメージにピッタリだったのだ。
声をかけられた少年ヴァンツァー・ファロットはサイモンが放った「野兎の群れに混ざっている狼」のひとことに、自身を言い当てられたとサイモンを排除しようと考えるが…彼が撮影中の作品には、かの宇宙的大女優ジンジャー・ブレッドが別名の新人として参加していて―。
おまけにサイモンは何者かに狙われているようで、次々と事件に巻き込まれ…
サイモンが狙われる理由は?映画は無事完全するのか?

ヴァンツァーとジンジャーという不思議な組合せ♪と思ったのに~あまり絡みがなかったような★
サイモンが人物を見た瞬間、迸る“こんな人だ”イメージが面白かった~監督がどこまでキャスティングに関わるか謎だけど、この見る目があれば最後の場面で交わしたジンジャーとの約束も果たせそう
冒頭の事故をすっかり忘れてて…GCPが契約しに来て漸く白骨を思い出したョ!まさかそんな展開だとは~登場人物達が何世代(4世代かな)もいて、尚且つ何回も結婚・離婚して子どももいるから脇役の家系なんかわからないデスょ~
ヴァンツァーのリィ、レティシア、シェラ評(狼毒蛇猫かぶりの犬)が素敵すぎる!
今作は女王、海賊、金銀闇もポイントでお役立ちですが、なんと云ってもジンジャーが
たまには魔法も暗殺も有り余る財力でもなく、才能で得たちから(名声とそれに付随した財産はあるけど…)で片をつけるのも良いなと☆
あと、ジンジャーの若々しさの秘密が明らかになったけれど…個人的にはあんなことせず自然でアレな方が良かったなぁ。いつ起きるかわからない女王を待ちたい気持ちもあったんだろうケド★
しかし…ヴァンツァーが高校生って…今更ながら似合わないと思

20080411

評価4 投稿元:ブクログ

2008/04/06 23:05

サイモンが無謀にも声をかけたことで事件は起こ―いや、未然に防がれたのかも知れない。その奇妙な事件は…。

今回の主役はジンジャーでしたね。前回ほどの勢いはなかったけど、たまにはこういう落ち着いた感じもいいかなと。ヴァンツァー→ジンジャーはアリなのか!?私は意外といいのではと思いますが、色々問題もあるかな・・・次回はぜひ!ケリーが主役の話を期待しています!!

評価4 投稿元:ブクログ

2008/04/01 22:12

ヴァンツァーが笑った!(シータが立った的なニュアンスで)
表紙を見た瞬間一体どこのオスカル様かと思いました。そっかヴァンツァーだったか…。
辺境の事件と映画がどう絡むのかと思ったけど、結構面白く絡んだなーと。
所々に笑いが散りばめられていて前作よりも面白かったと思います。けどスカウィ組とデルフィ組を一挙に登場させるのはやっぱりちょっと苦しいのでは?と思う所もありました。
そんな感じであまり登場しないゾンビ1号がメインだったのは面白かったです。ジンジャーも怖かったし(笑)
何よりサイモンのキャラクタが愛らしくてこの巻だけで出番が終わってしまうのがちょっと淋しいかな。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/08/27 12:34

続き。表紙は作中劇のイメージなのかな?

ジンジャーさんは好きです。何と言うのか作中一番自立した人ってイメージです。彼女の財産も発言力も演技力も立場も判断力も全て彼女自身が獲得したものだし人生も彼女自身のものって感じですよね。ほかの人たちがリィとルウの超常現象に慣れ過ぎて巻き込まれすぎてるってのもあるかもしれませんが。まあ金銀妖怪が異常ってだけの話なのかも。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/03/22 21:44

あらすじで「映画監督…」という時点で、「ああ、アノ人(怪物?)が出るなぁ…」と心の準備をさせてくれたこの本。

宇宙船の墜落、橋の崩落、現場から発見された白骨死体。
別の惑星で起きたその事故が映画製作にどう関わるのか?

天使&ゾンビ\'sの中で黒すけがメインか。
天然サイモンに振り回されて、無表情な黒すけが、色々な表情見せてくれるのが微笑ましい。
怪獣夫妻はとにかく脇で色々フォロー。
サイモン監督、色々言い当てすぎ……。

評価2 投稿元:ブクログ

2008/03/21 23:48

まだだと思ったら地元の本屋で平積みにされてました。
ジンジャーが主役のお話。
微妙にヴァン×ジンジャーのフラグが立ってそうな。
ジンジャーの行動にも気になるところはあるんですけどね。普段なら寝ている時期だとか。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/03/25 11:52

2008/03/25 クラッシュ・ブレイズシリーズ 今回は映画編、今回の主役は…映画といえばあの人しかいません。毎回各々のキャラクターにスポットを置きながらメインキャラクター達が問題を解決していくって毎回の流れに沿って、今回も毎度おなじみのキャラ達が勢ぞろいするわけだけど…今回はどーもデルフィニア勢が無理やり参加させられてる感が否めない。ヴァンツァー好きだからスポットが当ったのは嬉しいけど、今まで放置されてただけに、うーん、ジンジャーのサブじゃなくメインにしてほしかったかも!とも思うんだが、多分コイツだけでは話が動かないだろうし…ジンジャー編で正解だったのかも。今回も文章が上手くてサクッと読みきれた、次回作も期待大。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/05/11 19:36

映画の才能以外はまるで子どものサイモン監督。現れるいつものメンバーの役どころをぴたりと言い当てる。

アイリーン(ジンジャー)にプロポーズするシーンがよかった。

作成日時 2008年04月26日 11:25

評価3 投稿元:ブクログ

2008/06/28 03:55

 このシリーズももう何巻?結構行ってますよね。久しぶりにかなり面白かった気がします。この巻はジンジャーが主人公。ヴァンツァーが脇を固めて映画関係のお話。シチュエーションがかなり楽しかったです。
 このシリーズ、主人公(特にルゥ)が活躍しない方が面白いんですよねぇ。困ったことに。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 1~3日 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.