サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. プロとしてのOracleアーキテクチャ入門
プロとしてのOracleアーキテクチャ入門(Oracle現場主義)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: Oracle現場主義
  • サイズ:21cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-4980-1
  • 国内送料無料

紙の本

プロとしてのOracleアーキテクチャ入門 (Oracle現場主義)

著者 渡部 亮太 (著),森坂 康人 (著)

メモリ管理、キャッシュとバッファ、データ格納方式、SQLの仕組み、ロック機能など、Oracleのアーキテクチャ(内部構成)を、図版と実例を用いてわかりやすく解説。【「TR...

もっと見る

プロとしてのOracleアーキテクチャ入門 (Oracle現場主義)

2,808(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メモリ管理、キャッシュとバッファ、データ格納方式、SQLの仕組み、ロック機能など、Oracleのアーキテクチャ(内部構成)を、図版と実例を用いてわかりやすく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡部 亮太

略歴
〈渡部亮太〉多くの開発プロジェクトを経て、Oracleを極めるべく2007年よりコーソルに参画。
〈森坂康人〉Oracleサポートリーダー、SEなどを経て、株式会社コーソル所属。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/10/30 00:46

投稿元:ブクログ

いい加減 Oracle を勉強しないとな、と思い早幾年・・・。

---
10/31
購入。まだ読み始めなので、評価はまだ。

---
05/25
会社で半分くらいまで読んだところで誰かにパクられた。ありえねぇ。
読んだところまでは判りやすかったし、よい本だと思う。

---
2011/02/??
思い悩んだ挙句、再度購入・・・。

2014/11/08 08:27

投稿元:ブクログ

まだ読んでる途中であるが、手を動かしながらOracleを学べる良い本である。最近は自宅でも簡単にOracleを動かせて、良いですね。

2014/01/13 09:46

投稿元:ブクログ

すごくわかりやすい……。思うに「プロとしての」なんて枕が付いている時点で「プロ」になりきれず、「プロ」でないことにコンプレックスを抱えてしまう(僕のような)読者に向けて書かれているもので、そうした意味で正しい説明粒度やレイヤーだったと思う。

2014/11/23 07:37

投稿元:ブクログ

プロでなくてもこの程度の内容は理解しておきたい。

企業のITを担う部門としてOracleを導入運用している中で、詳細なことはベンダー任せになったとしても何もソフトウェアのアーキテクチャを知らないというのでは会話が成り立たない。
この本を読む前はまさにその状態だった自分だが、さほど難しい内容ではく、かといって表面的な情報ではない本書の内容を理解した後では大分できる会話の質が変わったように思う。

微妙に紛らわしい概念もあるので何度か読み直したい1冊。

2010/12/13 16:40

投稿元:ブクログ

長年SQLServerを触っていた私が、Oracleの現場に行くことになって急遽勉強が必要になり買ったのがこの本です。いやー、助かりました。記述が薄っぺらくなく、かといって細かすぎずの適度なバランスが丁度自分の知識レベルにマッチしました。

一番「こりゃいいぞ」思った部分は、各章の最初に、Oracleアーキテクチャ全体の中で、その章に関連する構成要素を図示しているところです。この本読んでると次々といろんな構成要素がでてきて戸惑うのですが、この図に戻って全体を俯瞰して整理できるのは、非常によくできた本だなーと思います。

アプリ構築上の必須知識「トランザクション処理」も、非常に丁寧にまとめられてます。じっくり読めば基本は理解できるはず。

まったくの初心者が読む本としては不適でしょうが、ある程度のDB知識やエンジニア経験がある人がOracleを勉強する最初の一冊としては、十分な内容だと思います。

これで概要をつかんでしまえば、後は必要に応じて公式マニュアルでさらにつっこんだ内容を勉強していけば良いんじゃないでしょうか。

2011/09/27 18:06

投稿元:ブクログ

Oracleの基本的な仕組みについて書かれている。

図解が多くてわかりやすい。
タイトルの通り、「プロ」ならば知らなければいけない内容。

Oracleについては一通り書かれているため、読めばOralceの裏側の仕組みは大体わかる。

SQLを書くだけ、の次の段階に読むとちょうど良い。

2014/01/04 18:37

投稿元:ブクログ

「絵で見てわかるoracleの仕組み」の次の本として購入。
600ページもあるので読了までに大分時間が掛かったが、その甲斐のある内容だと思った。
両者の大きな違いとして「絵で見て~」は物語の様に進むため読み易い一方、本書はそれぞれの項目が独立しており一読後は辞書的に使用するのに適していると感じた。
ただ、セクションⅣは説明があっさりし過ぎて私には追加でネットで調べる作業が必要だった。
今後長くお世話になるだろう。

2013/04/14 14:27

投稿元:ブクログ

Oracleアーキテクチャの解説が程よくまとまっていて良書。

前提知識を必要とするものの、Oracleの各機能がどのようなアーキテクチャで実現されているか図解されていて理解しやすい。

Silver保持者の復習や補強、「絵で見てわかるOracle」や「絵で見てわかるOS/ストレージ/ネットワーク」などからもう一歩Oracleの理解を深めたい場合に手に取るといいと思う。

データベース ランキング

データベースのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む