サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

きのうの世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 162件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-214061-4
  • 国内送料無料

紙の本

きのうの世界

著者 恩田 陸 (著)

塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに...

もっと見る

きのうの世界

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。【「BOOK」データベースの商品解説】

塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか? 誰も予想できない結末が待っている! 恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

恩田 陸

略歴
〈恩田陸〉1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒業。「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、「ユージニア」で日本推理作家協会賞、「中庭の出来事」で山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー162件

みんなの評価3.4

評価内訳

いつもながらの作品全体を覆う統一感、この重苦しい空気感、そして最後に畳みかけてくる筋運び。ただし、これは僕が好きな恩田陸ではなかった。

2008/12/13 21:35

14人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yama-a - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恩田陸は僕の贔屓の作家と言って良いが、必ずしも片っ端から読んでいる訳ではない。なぜなら恩田陸は1人ではないから。書店の棚には何人かの恩田陸が並んでいる。恩田作品の書評を書くときによく書いているのだが、僕が好きなのは『木曜組曲』『黒と茶の幻想』『夜のピクニック』『チョコレートコスモス』の恩田陸である。この『きのうの世界』も上記4作品の恩田陸であるような気がして手に取ったのだが、残念ながらそうではなかった。これは「仕掛けに凝る」タイプの恩田陸だった。
 長い話である。Mという名の不思議な構造をした町がある。そこで殺人事件が起きる。被害者はどこか他所の土地から来て何かを調べていた目立たない男。そして、それは大手家電メーカーに勤めていて突然失踪した市川と言う男で、彼は見たものを全て記憶してしまうという特異な能力を持っていたことが判る。──出だしの何章かをまとめればそういうことになるが、その後も読み進むにつれて次々に新しい人物が登場し、それぞれが微妙に謎めいていて、物語は拡散するばかりで一向に収束して来ないような感じさえする。
 第1章は「あなたは」という2人称で書かれているのだが、この「あなた」が誰なのかは途中で明かされる。終盤にはこの町の途方もない構造の謎が語られ、終章で殺人事件の謎解きが行われるのだが、まあよくもこんなことを考えるもんだという途轍もない設定である。
 そして、こういう設定と謎解きを面白がる恩田ファンは必ずいるとは思うし、僕自身もこれを読んでとても面白いと思ったのも確かだが、残念ながらこれは僕が好きな恩田陸ではない。
 僕は事件やトリックや謎解きよりも、深い洞察に基づいて彼女が書く人間心理の綾模様に心酔して読み進むタイプなのである。むしろ何も事件が起こらないような作品が好きで、こんなに手の込んだ仕掛けは必要としていないのである。
 ただ、いつもながらの作品全体を覆う統一感、この重苦しい空気感、そして最後に畳みかけてくる筋運びはやはり恩田ならではの筆致である。でも、今回は登場人物がちょっと多すぎたため、やや描き切れていない感は残る。やはり恩田は4~5名の人間が濃密に絡む設定を書かせたときにひときわ輝きを放つ作家だと思う。

by yama-a 賢い言葉のWeb

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

集大成、ってう言葉は合っていないと思います。むしろ、お馴染みの世界。でも、装幀に内容が追いついていない、そんな気がします。それほどに素晴らしいブックデザインでした。

2009/02/12 20:35

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

素晴らしいカバーデザインです。特に背を見た時の美しさといったら、まさに世界水準。正直、エンターテイメントの本のデザインというよりは海外文学のそれといったほうが相応しい気がします。その印象は表を見ても変わりありません。ただし、写真の数が多いのと紫がかった色が気になり、シンプルな背ほどの感動はありません、勿体無い。

みすず書房の本、といわれても全く違和感がありません。このまま著者名がグラスであっても、オースターであっても肯いてしまう、そういうレベルのものです。講談社の近年の出版物のなかでもピカイチの出来でしょう。それほど素晴らしい装幀は岩瀬聡、カバーだけでなく本文中にもでてくる写真は、鈴木理策。

講談社のHPを見ても、出版社の寄せる熱い思いが伝わって来ます。そこにはこう書かれています。

ファン切望の最新長編!!
誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。

塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。1年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?

あなたは水無月橋について考えている。これから行くその場所、殺人現場であるその橋のことを。バス停に捨てられていた地図には、赤い矢印が付いていた。まさにこれからあなたが行こうとしている、水無月橋のあるところに。印の付いていた場所で死体が見つかったことで、人々は想像をたくましくした。――<第1章より>

「これは私の集大成です」――恩田陸

特に恩田の最後の一文ていうのは、凄いです。これで直木賞取れなかったら恥ずかしいので、普通は言わないと思うんですが。雑談気味に直木賞について言えば、今回は他にも傑作目白押しの状況なので、装幀に相応しい内容かどうかが抜け出るかどうかにかかっているとは言えそうです。

全19章と三つの幕間からなるお話で、事件づくしといった感のある各章のタイトルをあげれば

第1章 捨てられた地図の事件

第2章 日没から夜明けまでの事件

第3章 溺れかけた猫の事件

第4章 駅の掲示板の事件

第5章 紫陽花とハンカチの事件

第6章 川沿いに建つ洋館の事件

第7章 焚き火の神様の事件

第8章 点と線の事件

     若月慶吾の幕間

第9章 同じ顔をした男の事件

第10章 散歩する犬たちの事件

     図書館での幕間

     市川吾郎の幕間

第11章 風が吹くと桶屋が儲かるの事件

第12章 井戸と鉄の事件

第13章 帽子と笹舟の事件

第14章 不吉な電話の事件

第15章 彼女の事件

第16章 彼らの事件

第17章 彼らの事件の続き

第18章 私の事件

第19章 水無月橋の殺人事件

初出

この作品は2005年4月から2006年11月にかけて、東奥日報、信濃毎日新聞、山形新聞、岩手日日新聞、日高新報、茨城新聞、神奈川新聞、山陽新聞、十勝毎日新聞、宮崎日日新聞、山陰中央新報、福島民友新聞、愛媛新聞、岐阜新聞、徳島新聞に順次連載された、単行本化にあたり加筆修正したものです。

もういい加減書き飽きたので、これで最後にしますが、こういう記事は、「初出」とは書かず「書誌データ」としたほうがいいのではないでしょうか。

舞台となるのは塔と水路で売り出そうとしている町です。塔というのは三つの塔のことで、M駅から歴史の散歩道を歩いていくと、駅前から見た時は一本だった塔が二本に見え、それが次には三本になる、東京で言うところのオバケ煙突を思ってもらえばいいでしょう。

塔のある場所にはバス停があります。主人公が歩いたとおりに書けば、城址公園を過ぎたところに「一の塔前」バス亭があり、そこを通って古い町並みをさらに進むと「二の塔前」があり、さらに行くと途中から上のほうが無くなっている鉄塔のある「三の塔前」があります。そして、その丘陵地の奥に事件が起きた水無月橋があるのです。そしてそこには水路があります。

あなたへの語りかけで始る冒頭は、なんというか一種の揺らぎ感というものを感じさせて、読者に独特の不安感を与えるようになっていて、それがとても面白い。章ごとに中心にいる人物が変わるというのは、ごく当たり前のことなんですが、恩田特有の暗めの湿った文体が絡むと、迷宮に案内されているような気持ちになってきます。

それと鈴木理策という注がついた写真です。写真は全ての章に付いているかというと、そうではなくて掲載のされ方もそれぞれ異なっています。しかもそれが、例えば美しい芸術的な写真かというと、どうもそうではなくて、もしかしてスナップ?という感じを与えるようなものばかり。こうなると、写真について一言欲しかったな、って思います。

話は、わかってみればシンプルですが、読んでいる最中は五里霧中。で、最後は驚愕、っていうか、何、それ?ていう感じなので読んでもらうとして、とりあえず主要人物紹介。

市川吾郎:水無月橋殺人事件の38歳の被害者です。東京で会社員として働いていましたが、ある晩、上司の送別会の席から姿を消し、舞台となる町に現れ、色川と名乗り地質調査の名目で町を調査していて、かなり目立った存在でした。特異な記憶力を持つということになっています。

菊山華代・虹枝:76歳になる一卵性双生児の姉妹で、トラという名の犬を飼っています。存在感のあるキャラです。

石田辰五郎:長年警察に勤務し、大分前に定年退職した老人で、華代・虹枝の幼なじみ。今も同じ町に住んで二人の相談に乗ったりしています。

若月慶吾:ときどきふらっと姿を消す若月酒造の主人で、自分に似た人間を見た、と言っては周囲から白い目で見られていますが、仕事への取組みも真面目なので妻をはじめ、家族も何も言いません。

田中健三:教職を退いて大分経つ足の達者な老人で、郷土史家として有名です。ケルベロスという名の犬を飼っていて、そのせいで水無月橋の上に横たわる男の第一発見者となりました。

田代修平:釣りが趣味という高校生二年生ですが、本当の趣味は焚き火です。火の横でミステリを読むのが大好きという変り種。

新村和音:田代と同じ高校の一年の女生徒で、大おばと市川の会話を聞いたことから事件に興味を持ちます。

新村志津:和音の大おばで、歴史ある新村建設という会社の経営者です。この辺りでは一番の旧家である新村家の家紋は、三頭の龍を模しているといいます。

あなた:事件に興味をもち市川吾郎のことを調べている人間。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人知れぬ町の歴史の重なり

2009/11/28 09:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年あたりから恩田陸に仕事の雑さを感じているのは、
おそらくわたしだけではないでしょう。
せっかく賞をもらって注目されてきたのに
ダメになっていってしまう作家のひとりに
なってしまうのかと思うと残念です。

でも、ここのところ恩田陸を3、4冊読んだなかでは
おもしろく読めた作品が本書です。

視覚のなかに入る情報をすべて記憶してしまう
特殊能力を持った30代の独身男性が、
ある日、突然、失踪してしまいます。
外見は平凡で、覚えられにくいという特徴もあります。

その彼、市川五郎は偽名を使って地方の町に住みつき、
約1年後、殺されてしまいます。

彼が殺されていた木の橋の名前にちなんで
「水無月橋殺人事件」と呼ばれるようになる事件は
迷宮入りをしていくのですが、
それを群像劇のように丹念に追っていくミステリー。

ほぼ三人称で、町の人々や吾郎の周辺の人々を描くのですが、
唯一、二人称で語られる人物が登場します。
しかし、彼女がキーマンかと思えば、
彼女の最後のパートは三人称になってしまう。
これはどうしたことでしょう。

けれど、恩田陸の作品はその世界観を味わうのだとするのなら、
三本の柱に見立てた櫓が建ち、陸の孤島のような丘を持つ
この町はまさに恩田陸ワールド。
旧家によってその秘密が守られているのですが、
今までは秘密を家の内部から描いていたとすれば、
本書は外部から描いています。

フィクションなのにどこかにあってほしいと思うような町の構造。
歴史の重なり。
その要素は全く変わらず存在しています。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「きのうの世界」不可思議な物語の旅をする

2011/05/20 10:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:soramove - この投稿者のレビュー一覧を見る

「恩田 陸という作家の本を初めて読んだ、
作品名は忘れたが以前「週刊ブックレビュー」で
選評するひとが絶賛していたので、
タイトルが面白そうだったので
この本を選んで読み始めた」


どこといって特徴の無い男の失踪と
その後、殺人事件に巻き込まれたということと、
その事件の舞台となった町が
なんだか普通と違うということが
面白い見出しがついた19章にわたって
不可思議に語られる482ページの大作。


どうして男は失踪したのか、
そして彼が最後の日々を過ごした
ちいさな町の象徴の3つの塔の存在や
町自体が秘密を守ってるような印象など
読んでいて「何が起きているのだろう」と
常に刺激し、新たな謎が出てきて
ラスト近くまでは
かなり面白かった。


毎日の繰り返しの中にも
昨日とは違う今日
そして明日がやってくる。

何も疑わずに繰り返しているが
実は繰り返しているのではなく
やはり全く違う毎日を
過ごしているのだ。

自分が信じていたものが
時に根底から揺らぐことがある
もしくは自分にとっては重要なことも
他から見たらたいしたことではなく
その事実を知ることで
肩の荷がおりたり
時にはバカらしく思えたり。

何か重要なことを
この小説は示唆しているのかもしれない、
そんな雰囲気を持った
書き方でもあると感じた、
しかしこの小説ラストの
着地点は陳腐だ。


とてもリアリティを感じない、
なんだか映画「インディ・ジョーンズ」のラストで
UFOが地下からドドーンと登場したような
これまでの全てをぶち壊してしまった、
そんなふうに感じた、
これなら「何かあるのかも」と
そんな意味深な予感だけの方が
もっと信じられた気がした。

なんとも残念なラスト、
でも読者はやはり「解決」を見たいわけで
自分にはこのラストは
急におとぎ話にでもなってしまったようで
どうにも納得できないものだった。


でもこの作品だけで判断するのは
もったいないので
そのうち2,3作は読んでファンになれそうか
判断したい。


★100点満点で65点★

soramove

「夜のピクニック」は映画を見て、原作も読んだはずなので
恩田 陸の2作目の小説読了ということだ、でも作風が違いすぎで比べられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/26 12:17

投稿元:ブクログ

話の持って行き方に引き込まれました。
ミステリーかな?と思いきや壮大な(?)終わり方。

キャラメルのコに関しては納得付けが弱い気がします。

「メイズ」の時もそうだったけど終わりの付け方が少し反則な気がする(笑)
それでも、途中のなになに?感がたまらなく良かった。忘れた頃に(最後まで読まずに)再読したい。

2009/03/08 16:38

投稿元:ブクログ

第140回(2008年度・下半期)直木賞候補作品。

2009年3月8日(日)読了。

2009−25。

2009/04/24 13:50

投稿元:ブクログ

歴史的な色合いが多く残る街並み、その街に住む規則正しい生活を送る双子のおばあちゃんと飼い犬、暇な時間をなくすように新聞配達や部活動にいそしむ推理小説好きな高校生、急に姿を消した平凡で人当たりのいいサラリーマン、そのサラリーマンの足取りを辿る者…登場人物や背景はとても興味があり、面白く読んでいったのだけれど、「不思議な能力」「生まれ持っての力」といったことが出てくると、私は正直興醒めしてしまう。途中まではよかったのになあ、それなら何でもありになっちゃう、と、残念。

2008/10/05 18:19

投稿元:ブクログ

塔のある街で起きた殺人事件。死んだのは男。彼は何者で、何故殺されたのか? 多数の視点から、一つの街を舞台に事件が描かれる。
久々の超長編、背筋の泡立つ感覚。世界に引っ張り込まれてなかなか抜け出せない、これぞ恩田ワールド。
装丁もいいが、随所に入っている写真もいい雰囲気でした。うまい。

2009/06/18 22:44

投稿元:ブクログ

一人称視点、水路、地図、塔、双子のおばあちゃん

新聞小説だと思うと1日分の量を意識してしまう
ここら辺で引きだろうか、などと詮索
実際に毎日新聞で読んでいたら頭整理できないかも

2009/02/02 22:29

投稿元:ブクログ

すごいことが起きてるんだが、起きてないんだか分らない感じが恩田陸!!

表紙から外国っぽいかと思ってましたが、かなり「日本」。

読後感は「幸福」。
そう締めてしまうのがすごい。

2010/05/10 10:53

投稿元:ブクログ

取り立てて個性の強いひとも出てこない、感情移入できる登場人物もいないのに、この長いお話を読み続けられるのは作者の腕だとは思うけれど、なんだろうなぁこの肩透かし感。

2009/01/06 17:08

投稿元:ブクログ

この人ひさしぶり。と思ったけど、そうでもなかった。直木賞候補作。
読了。最近の気分にはファンタジーっぽいのはあわないなあ。

2009/01/04 11:54

投稿元:ブクログ

2009.01.03. 分厚いけどぐんぐん読んじゃう、さすが恩田さん。登場人物がたくさんいるんだけど、書き分けも鮮やかで風景も色を持って浮かび上がってくる。ホラーかな、ホラーかな、と思いながら読んでたら落しどころはそっちかー!という感じです。怖いのは、怖いんだけど。今日の朝刊読んでたら、直木賞候補になってた。

2009/12/16 12:49

投稿元:ブクログ

恩田ワールド炸裂。壮大なホラ話というかなんというか。『ネクロポリス』もそうでしたが、ええー、というような結末も含めて、割と好き。

2010/06/16 16:01

投稿元:ブクログ

面白かったです。
読み応えがありました。

割と理解しやすい系の恩田ワールド作品かな?
もっといろいろ深いのかと思ったけど、案外あっさりしてました。
あんなふうに殺人事件がおきちゃったのね。
ちょっと意外・・・