サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/29)

罪なき誘惑(ハーレクイン文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

罪なき誘惑 (ハーレクイン文庫)

著者 ヘレン・ディクソン (著),下山 由美 (訳)

兄の放蕩を止めようとロンドンのとある屋敷を訪ねたルイーザ。だが時すでに遅く、兄はカードで一世一代の賭に出ていた。もし負ければ、唯一残ったサリー州の館も手放すことになる。相...

もっと見る

罪なき誘惑 (ハーレクイン文庫)

761(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

罪なき誘惑

648(税込)

罪なき誘惑

ポイント :6pt / 紙の本より113おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

兄の放蕩を止めようとロンドンのとある屋敷を訪ねたルイーザ。だが時すでに遅く、兄はカードで一世一代の賭に出ていた。もし負ければ、唯一残ったサリー州の館も手放すことになる。相手はアリステア・ダンスタン卿。兄がかなう相手ではない。百戦錬磨のダンスタン卿は予想どおり簡単に勝負をものにすると、その傲慢そうな瞳をきらめかせ、ルイーザに視線を送ってきた。まあ、この紳士はわたしを兄の愛人だと思っているんだわ!どうしても館を救いたいルイーザは悩んだ末、ある作戦に出る。「四千ギニーいただけるなら、ひと晩、お相手を務めます」。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/10/10 16:21

投稿元:ブクログ

兄の放蕩を止めようとロンドンのとある屋敷を訪ねたルイーザ。だが時すでに遅く、兄はカードで一世一代の賭に出ていた。もし負ければ、唯一残ったサリー州の館も手放すことになる。相手はアリステア・ダンスタン卿。兄がかなう相手ではない。百戦錬磨のダンスタン卿は予想どおり簡単に勝負をものにすると、その傲慢そうな瞳をきらめかせ、ルイーザに視線を送ってきた。まあ、この紳士はわたしを兄の愛人だと思っているんだわ!どうしても館を救いたいルイーザは悩んだ末、ある作戦に出る。「四千ギニーいただけるなら、ひと晩、お相手を務めます」。

兄の借金返済のために一夜の愛人契約を結んだヒロイン。そのまま何事もなく終わればそれまでなのに、妊娠という思いがけない結果になってしまって、という物語。
十八世紀のロンドンなら確かに避妊は特定の人々しか知識は無さそう。田舎の屋敷を守るためとはいえ、ヒロインの行動は立派な売春行為なわけで、褒められない。でも放蕩者のヒロインの兄の愛人がするなら、そんな行為も不思議ではないと思われているあたり、十八世紀のロンドンっていったい、と思う。
オロオロとするばかりのヒロインにたいして、ヒーローは男らしく結婚を決める。もっともそれは紳士として当たり前の行動なだけで、他に意味はない。それでもヒロインはヒーローに惹かれて、夫婦の行為がされないことを不満に思ったりして、けっこう自分勝手。実はヒーローもヒロインに好意を持っている、というのはお約束。
ヒロインやヒーローの妹のまわりをウロウロする実業家の姿がアクセント。ヒーローの前妻の死をヒーローのせいだと復讐を誓っている。なにかとちょっかいをかけてきて物語に奥行きを出している。
しかし博打で財産を持ち崩しただけのヒロイン兄。ちゃっかり恋人を得てみたりと、いないと話しにならないけれど、イライラさせられる存在だった。