サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 挑戦する経営 千本倖生の起業哲学
挑戦する経営 千本倖生の起業哲学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 経済界
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7667-8437-4
  • 国内送料無料

紙の本

挑戦する経営 千本倖生の起業哲学

著者 千本 倖生 (著)

DDIを創業し、イー・アクセスを起業。そして日本で13年ぶりの携帯電話事業への参入を果したイー・モバイル。なぜ、日本の通信業界で革命を起こし続けた男はベンチャーにこだわる...

もっと見る

挑戦する経営 千本倖生の起業哲学

1,646(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

DDIを創業し、イー・アクセスを起業。そして日本で13年ぶりの携帯電話事業への参入を果したイー・モバイル。なぜ、日本の通信業界で革命を起こし続けた男はベンチャーにこだわるのか? 『経済界』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

DDI、イーアクセス、イーモバイルとベンチャー企業を立ち上げ成功させた回顧録。

2009/01/10 21:42

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

DDI、イーアクセス、イーモバイルとベンチャー企業を立ち上げ成功させた回顧録。

千本さんは、ベンチャーでは伝説の人物でもあり現役の経営者でもあります。また、一時期慶応大学において、アントレプレナーシップなどを教える教授でもありました。

著者の大胆かつ計算された行動、先を見る先見性、人とのかかわりを大切にする人間性、なによりチャレンジする気持ちは、これから企業を立ち上げようとする人にとってはお手本とすべきところ。

それにしても著者の行動力には驚かされます。目標のためには、不可能なことはない。とにかく全力で事に当たる、スマートではなく泥臭くても構わないということです。

本書では、ベンチャー経営に必要なエッセンスがたくさん紹介されています。

たとえば意思決定、資金調達、経営チームの作り方、時代の読み方など。

以下、気になった言葉。

「一円の節約は一円の利益を生む」
当たり前ですが、ここに気づかない経営者も多いです。経費は極力最小限に、効率的に使うのが鉄則。

「世界に通用する正統派ベンチャー企業」
世の中にベンチャー企業と言われる会社はたくさんありますが、そのなかで「正統派」と呼べる会社はいくつあるでしょうか?たまたま時流に乗ったりして、株式公開まではできたけれどその後つぶれた会社がいかに多いか。

お金儲けのためではなく、社会にどれだけ貢献できるか。その思いがないと、「正統派ベンチャー」とはいえないのです。

最後に著者の言葉で、一番メッセージ性が強いものをご紹介します。

「リスクのある夢をもて」

今年も頑張りましょう。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/27 00:24

投稿元:ブクログ

アッカの起業を自ら描いた湯崎氏の『巨大通信ベンチャーの軌跡』に続き、イーアクセスを起業した千本氏の自伝&経営論。
NTT時代の話から、DDI、イーアクセス、イーモバイルと起業する経緯を語る口ぶりはさすが何か惹きつけるものがあります。湯崎さんのと比べると、こちらの方が断然面白いですね。基本、自信家です。

「私の人生を振り返ってみると、失敗の連続だった」とありますが、本人から見るとそう感じることの方が多いのかもしれないなあ、と思います。
最後の章を締めるにあたって、「成功する経営者は周到に準備し、決して諦めない」とありますが、ここが本音なのでしょう。また「人の縁」について本書の中でも何度も言及していますが、前に進むからこそ人の縁に当たるんでしょうね。

2009/05/19 22:43

投稿元:ブクログ

E-MOBILEの会長、千本さんの書いた一冊。

もともと、ntt社員であり、日本の通信業界を変えるためにKDDIを経営の神様稲盛さんと立ち上げ、さらに現在はEMOBILEを立ち上げた。

人生に二度も企業をし大企業を育てている。

確かに、経歴はすごいし作っている会社の規模も半端ない。

それは一概に、千本会長の行動力、勉強の力だと思う。

しかし、このようなベンチャー企業を作るのは凡人にはなかなか。


なぜ起業をしたいのか?

日本の通信業界を変える。

そんな強い志。

強い信念が大切だと。

孫さんもすごいと思いましたが千本さんもまた別のすごさを感じた。

2009/11/08 02:20

投稿元:ブクログ

ぶち当たる困難、理不尽さをひとつひとつ解決していくところが魅力

事業立ち上げに関する箇所は、文章自体も簡潔で吸い込まれる

自己啓発的なタイトルが惜しい気がする。

小説としても普通に面白かったので。

2012/04/28 23:37

投稿元:ブクログ

千本さんの自伝的なサクセスストーリー。最初は醒めて読み始めたけど読んでるうちに引き込まれてしまった。我々が当たり前のように享受しているIT環境も、千本さんや孫さんの挑戦が大きく寄与していることがよくわかった。

2011/06/04 01:12

投稿元:ブクログ

DDI、イー・アクセス、イー・モバイルと日本のビッグスケールベンチャーを起こしてきた千本氏の体験記。タイトルの通りまさに「挑戦する経営」を体現している。新事業へ参入する際のタイミングや志など学べることが多い。

かつてないほど危機的な状況に置かれている日本の将来を変えるのは気概を持った起業家だと思う。

2010/08/07 13:06

投稿元:ブクログ

DDI、イーアクセス、イーモバイルの創始者の話。

イーモバイル立ち上げの時の資金調達の所は鳥肌が立った。
INSやADSLの初期の話もあって、懐かしく思うと共に詳細を知ることも出来た。
アンテナ建設の話も面白かった。

自分が勉強になったのは
・日本テレコムが国鉄系だった事やその周辺事情
・日本のベンチャーはゲリラ的。長期の視点を備えるべき、という考え方

2011/09/19 23:24

投稿元:ブクログ

いままで読んだ社長本で最も鳥肌が立った。
視点のスケール、哲学の深さ、結果としての実績。

閉塞した寡占業界に風穴を開ける爽快さよりも、
そこへ向かう緊張感と熱意が全面に出ていて、
個人的には現実感をもって読了できた。

しかし本当にスゴイ、生ける伝説。

2014/12/29 14:37

投稿元:ブクログ

挑戦するには?

→ベンチャー企業が巨大企業に勝つには、アイディアやスピード、情熱を潰さないようにすること
事業というのは、一度始めたらやめてはダメ
どんなに予期しない事態に置かれてもトップが毅然とした態度で生き残るための方向性を示し、動揺を与えないこと
夢や志を語ることはトップにとって大切な役割だが、経済的なリターンの裏付けがないまま語るだけでは人や組織は動かない

2011/10/21 12:10

投稿元:ブクログ

自身の経験も一部含まれた著書なので、親近感が非常に湧いた。他人事ではないし、著者から受けた影響は自分にとって非常に大きかった。

経営者・起業 ランキング

経営者・起業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む