サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

愛ゆえに
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: ハーパーコリンズ・ジャパン
  • サイズ:17cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-596-75336-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

愛ゆえに (ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 薔薇と宝冠)

著者 ルース・ランガン (作),吉田 和代 (訳)

“邪悪なオニール”をダブリンの港で初めて見たとき、アナクレアは恐怖を感じると同時に魅了された。エリザベス女王の使者を守るイギリス兵と戦うローリー・オニールは、虐げられたア...

もっと見る

愛ゆえに (ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 薔薇と宝冠)

885(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“邪悪なオニール”をダブリンの港で初めて見たとき、アナクレアは恐怖を感じると同時に魅了された。エリザベス女王の使者を守るイギリス兵と戦うローリー・オニールは、虐げられたアイルランド人の誇りであり、希望の星だった。逆にアナクレアからすれば、彼は憎い敵国の反乱分子でしかない。それなのに夜ベッドに入っても、浮かんでくるのは彼の面影ばかりで、彼女は眠るのをあきらめ、厨房にお茶をいれに行った。ところが、そこに深手を負った血だらけの男が!昼間見たローリー・オニール!彼がなぜわたしの家に?謎はすぐに解けた。使用人のアイルランド人夫婦が彼をかくまったのだ。彼を—ローリーを助けよう。アナクレアの心は一瞬にして決まった。そして彼に求められるまま、愛とぬくもりを差し出した。【「BOOK」データベースの商品解説】

16世紀。ダブリンの港で、敵国の反乱分子であるオニールを見たアナクレアは、恐怖を感じると同時に魅了された。その夜、彼女の家の使用人夫婦が深手を負った彼をかくまったことから、彼女は彼を助けることに…。〔2001年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む