経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. キス・キス・キス 土曜日はタキシードに恋して
キス・キス・キス 土曜日はタキシードに恋して(ヴィレッジブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

キス・キス・キス 土曜日はタキシードに恋して (ヴィレッジブックス)

著者 エリン・マッカーシー (著),ドナ・カウフマン (著),ジャネール・デニソン (著),鈴木 美朋 (訳),松井 里弥 (訳),みすみ あき (訳)

服も髪型も実用一辺倒で男勝りなFBI捜査官のCJ。そんな彼女にとって、ハンサムで女たらしのパートナー、ワイアットは天敵と呼べる存在だ。ある晩、潜入捜査でクリスマスパーティ...

もっと見る

キス・キス・キス 土曜日はタキシードに恋して (ヴィレッジブックス)

886(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

服も髪型も実用一辺倒で男勝りなFBI捜査官のCJ。そんな彼女にとって、ハンサムで女たらしのパートナー、ワイアットは天敵と呼べる存在だ。ある晩、潜入捜査でクリスマスパーティに出かけたCJは、いつものような口論のさなか、ワイアットから一つの提案をもちかけられる。それは彼女が一夜をともにしてくれたら彼が異動願いを出し、パートナーを解消するというもの。CJは売り言葉に買い言葉で提案を承諾するが…。人気の著者エリン・マッカーシーによる表題作をはじめ、偶然エレベーターに閉じ込められた男女と、真夜中の訪問者に翻弄される女性、三つのエロティックな恋で綴る絶賛シリーズ第6弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

25階からの同乗者 ドナ・カウフマン 著 7−145
ファンタジーは真夜中に ジャネール・デニソン 著 147−271
土曜日はタキシードに恋して エリン・マッカーシー 著 273−401

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

相変わらずの熱さです・・・

2008/12/06 21:43

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

「25階からの同乗者」
夫に浮気され、離婚してから1年半。ようやく立ち直り、仕事を始め、新しい人生を歩みだしたキャリー。目指すは仕事での成功。そんなあるとき、実業界の大物で、大金持ちのセクシーな男性、ドミニクとエレベーターの中に閉じ込められてしまいます。真っ暗な狭い空間で二人きりになったキャリーとドミニクは・・・。

「ファンタジーは真夜中に」
有能なフリーのクリエイティブディレクターのジル。以前勤めていた会社で同僚との恋愛沙汰で手痛い目にあってから、仕事と快楽は決して混同しないと心に決めています。仕事を請け負って、一時的に働いている大手広告会社で、直属のボス、エリックに対して惹かれている気持ちを隠し、ひたすら仕事に打ち込みます。そんなジルにエリックが、仕事と完全に切り離したファンタジーの世界を提案します・・・。

「土曜日はタキシードに恋して」
FBI捜査官のCJは、パートナーのワイアットが大嫌い。ある晩、潜入捜査でクリスマスパーティに出かけたCJは彼と口論になります。そんなときワイアットがある提案を持ちかけます。それはCJが一夜をともにしてくれたら移動願いを出し、パートナーを解消するというもの。CJは彼の提案を承諾するのですが・・・。

3作品とも、ヒーロー・ヒロインそれぞれの視点から語られているので、二人の気持ちが分かりやすいです。それに短編なので、とまどい、悩みながら互いに求めるものに気づくまでの過程が短いので、もどかしさはあまり感じません。もちろん前シリーズ作品同様、HOTな場面も当然あり、ドキドキさせてくれます。

一番気に入ったのは、「土曜日はタキシードに恋して」かな。クリスマスの飾り付けをするワイアットが微笑ましく、かわいかったです。CJの息子サムも少しだけの登場でしたが、場をなごませる存在感がありました。あと、CJがワイアットの用意したワンピースを着て、花柄のミイラみたいな格好と表現したのにもニヤリとさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/15 02:08

投稿元:ブクログ

『25階からの同乗者』ドナ・カウフマン
実業家ヒーローxバツイチヒロイン
仕事人間がガラガラと崩れて恋に落ちるの大好き!
このシリーズで好きな「楽園で焦がされて」も同じ作者でした。

『ファンタジーは真夜中に』ジャネール・デニソン
代理店勤務ヒーローxクリエイティブディレクターヒロイン
ストーカーっぽいの好きなんだけれど
これはちょっとやり過ぎかも・・・。
リサマリとかのストーカーは純粋にヒロインを見守ってたりだけど
このヒーローは身体メインで家にまで忍び込んでるからなあ。

『土曜日はタキシードに恋して』リン・マッカーシー
FBI捜査官ヒーローxFBI捜査官ヒロイン
子持ち、男性不信、タフな仕事についているヒロイン、と
苦手な要素満載なのに結構読めた。
ヒロインの為に色々お膳立てするヒーローがかわいかった。