詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 楽園に落ちた天使

楽園に落ちた天使(ラズベリーブックス)

  • 発行年月:2009.2
  • 出版社:竹書房
  • レーベル:ラズベリーブックス
  • サイズ:15cm/543p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-3748-3

文庫

  • 国内送料無料

楽園に落ちた天使 (ラズベリーブックス)

ローラ・リー・ガーク (著), 高橋 佳奈子 (訳)

紙書籍

1,008 ポイント:9pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

1871年、アメリカ南西部。賭けボクシングのリングに登ったコナーは、八百長試合をしなかったために大損した胴元に打ちのめされ、道に放り出される。瀕死のコナーを救ったのは、亡...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

1871年、アメリカ南西部。賭けボクシングのリングに登ったコナーは、八百長試合をしなかったために大損した胴元に打ちのめされ、道に放り出される。瀕死のコナーを救ったのは、亡き親友の3人の娘を育てながら農場を経営するオリヴィアだった。鉄道工事のため立ち退きの嫌がらせを受けるオリヴィアは、コナーに収穫の時期まで残ってくれと依頼する。しぶしぶと引き受けたコナーだったが…。人気作家ローラ・リー・ガークの感動のリタ賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【リタ賞ベストロングヒストリカル部門(1997年)】【「TRC MARC」の商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(7件)
★★★★★(4件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2009/02/26 22:23

ロマンス・ヒストリカルとは思えない深みのある作品。
作中の流れの中ではありがちなロマンスが進行しても
ヒーローの負った心の傷、過去が作品に厚みを与え
心にしみる作品にしています。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/06/20 22:15

すごく読み応えのある本書は私にとって初めてのローラ・リー・ガーク作品だった。
作者さんがしっかり愛情に時間をかけて書いた事がどの場面でも感じられた。
ヒロインの苦悩もヒーローの葛藤も読むのが辛くなるほどだけど、子供たちの可憐さと二人のロマンスにラストはうっとりした。
一番好きになったシーンはラストのヒーローからヒロインへサプライズした場面。あれは誰が読んでも幸せになるはず!

評価5 投稿元:ブクログ

2010/03/23 13:25

ロマンスというよりも家族物語に違いない。ヒーローの過去を癒したのはヒロインとその家族。孤独なヒーローが誰かを信じ大切にし慈しみ いつの間にか愛情を育てている。心優しいヒロインとの出逢いが彼を救ったのだと思う。執念深い男の存在もこの物語の中で大きな役割を担っている。とても心に響くお話です。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/02/18 09:41

図書館の本

内容(「BOOK」データベースより)
1871年、アメリカ南西部。賭けボクシングのリングに登ったコナーは、八百長試合をしなかったために大損した胴元に打ちのめされ、道に放り出される。瀕死のコナーを救ったのは、亡き親友の3人の娘を育てながら農場を経営するオリヴィアだった。鉄道工事のため立ち退きの嫌がらせを受けるオリヴィアは、コナーに収穫の時期まで残ってくれと依頼する。しぶしぶと引き受けたコナーだったが…。人気作家ローラ・リー・ガークの感動のリタ賞受賞作。

コナーの旅の物語。
実の寄席どころのない孤独な男がたどり着いた先はピーチの森。作者は桃源郷という言葉を知っていたのかしらと思ってしまうネーミング。
男手なしで農園と娘3人を育てるオリヴィアに神が遣わした男はボクサーのコナー。
そう、口汚くののしろうが、冷たくしようが、彼は「正義」と「勇気」を知っていた。
そう、ヒーローはそうでなくちゃね。
ゲール語がちりばめられていて素敵でした。

Conor's way by Laura Lee Guhrke

評価4 投稿元:ブクログ

2010/07/13 23:28

いわゆる、ロマンス小説。
昔、HQを読んで「金と時間、返せー」と思った。
それ以来この手の話は敬遠してましたが、最近、甘い台詞とはどのようなものか、と悩んで、レビューの高かったこれを読んだ。
面白かったです。南北戦争後の南部での再生の話でした。
しかし、最初の目的はどこかにいった。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/01 02:30

感動のリタ賞受賞作。詳しい解説は訳者あとがきが過不足なくピッタリ。(実はあとがきがいいなと感じられることは少ない)
そこで痛いほど実感した箇所を。P424「愛情をもって接すれば父の心の傷も癒えるに違いないと思っていたのは、ひとりよがりの希望的観測に過ぎなかった。…略…ひとり目覚めたままベッドに横たわり、愚かしい希望を胸に静かに待っていた」
そしてこの言葉「あなたが自分を信じられなくても、わたしがあなたを信じる。あなたの錨になる。わたしにしがみついて」
苦悩と葛藤の末に遂に自分を信じ、未来を楽しみに思う心を取り戻したヒーローと彼を愛し抜いたヒロインの強さに感動して読み終えた。2014.10

評価5 投稿元:ブクログ

2016/01/09 22:18

1997年リタ賞ベストロングヒストリカル部門を受賞した作品。
アメリカの南北戦争後のヒストリカルロマです。
ヒロインは、南部のお嬢様であったにも関わらず、家族を失い、友人の子供3人を引き取り、女手ひとつで農園を切り盛りしようと頑張る女性。しかし、鉄道工事のために立ち退きの嫌がらせを受け、どうしても男手が欲しい時に、ヒーローのコナーを拾うというお話。
だが、よくある土地の奪い合いのお話とはまったく別のもの。
ヒーローは、流れのボクサー。その正体は、貴族でも大金持ちでもなんでもなく、当時のアメリカで差別されたアイルランドからの移民。
純粋に生きるために、数多くの苦しみを息抜き、数えきれない理不尽と罪悪感を抱えたコナーの姿が見えてくるたびに、涙が出る良作です。
あらすじなど下記
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4899.html

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.