サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 33個めの石 傷ついた現代のための哲学
33個めの石 傷ついた現代のための哲学
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:20cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-393-33291-7
  • 国内送料無料

紙の本

33個めの石 傷ついた現代のための哲学

著者 森岡 正博 (著)

自殺、死刑制度、脳科学、環境問題、宗教の功罪、ジェンダー。引き返せない現実を前に、いつのまにか傷ついてしまった私たちに、今いちばん必要なことは何か。哲学者森岡正博が現代の...

もっと見る

33個めの石 傷ついた現代のための哲学

1,620(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自殺、死刑制度、脳科学、環境問題、宗教の功罪、ジェンダー。引き返せない現実を前に、いつのまにか傷ついてしまった私たちに、今いちばん必要なことは何か。哲学者森岡正博が現代の「痛みと希望」について思索する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森岡 正博

略歴
〈森岡正博〉1958年生まれ。哲学者。大阪府立大学人間社会学部教授。人間学・現代倫理学などを担当。研究テーマは、生命学・哲学・科学論。著書に「生命観を問いなおす」「意識通信」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

銃乱射事件を起こして...

ジュンク堂

銃乱射事件を起こして自殺した犯人を、彼もまた被害者であるとして追悼できるのか?
福知山線脱線事故を起こして自分もまた亡くなった運転士はどうか?
爆弾だけを積んだベニヤ板製のモーターボートで敵艦に体当たりした若者たちは何のために生きて死んだの?
学校にビオトープを作り、テレビゲームでバーチャルな田舎の夏休みを満喫、野生に還されたのに飼育場に餌を掠めに戻ってくるコウノトリの姿をみて喜ぶことに感じることはないのか?
「君が代」斉唱を拒否する人を目の当たりにしたら、どんな感情が湧くのだろう?
ずいぶん流暢になった関西弁で話しても、田舎に電話をかければ一瞬で地元の言葉が戻ってくる自分。
女一人で牛丼屋に入っても平気な都会の暮らしに気楽さを感じながら、自分が無害な人間であることを緻密に計算したさりげなさでPRし続けなければいけない都会のプレッシャーに負けそうになっている自分。
立ち並ぶピカピカしたビルの下には、大空襲で何もなくなった地面が埋まっていることを考えたことがあったか?

私は、半年に一度はこの本を読み返すことを自分に課し、考えることを思い出すきっかけにしています。

書店員レビュー

ジュンク堂書店大分店

それぞれは重たいテー...

ジュンク堂書店大分店さん

それぞれは重たいテーマながら、ひとつずつの文章は簡潔で読み易く、すっと入ってくる。
死刑について、宗教について、自殺するということや差別について…
哲学者だからこそ、というよりはひとりの人間としての著者の言葉は、弱い部分も隠さないがゆえに強さを持っているように感じる。なるほどと思う人も、著者の考えにすべて賛成はできない人も、これらの問題について自分なりの答えを見つけて行く時に、この本が助けとなることだろう。

人文科学担当

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.7

評価内訳

哲学は、生命学は、増殖する。

2009/03/18 00:00

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 物理的にも内容的にもとても軽い。とても読みやすい。それでいて、ちゃんと「哲学してる」というか、読んで終わりではなく、読んでいるこっちにも考えさせてくれる作りになっています。
 
 1つのテーマについて、見開き2ページ分で完結するエッセイが4つずつ収録されてます。テーマは非常に多岐にわたります。赦し・死刑・自死・追悼・宗教・脳・子ども・差別・ナショナリズム・人間らしさ・男らしさ・女らしさ、などなど、いちおう23個あります。1テーマ・4つの話は完全に独立してるわけじゃなく互いに関連し合っていて、大きな1つのエッセイとしても読めます。面白い作りだと思う。
 
 著者の提唱する「生命学」という考え方‥‥生き方にのっとって、ひとつひとつのテーマを「自分を棚上げにしない」立ち位置から丁寧に考えます。かといって、森岡さんの考えを前面に出さず、「(感じて・考えて)このように行動した」という事実だけを提示し、こちらに考えさせる記事も多数あります。思考が「ふわーっ」とひろげられていく感じです。
 
 テーマといい、書き方といい、字数といい、たぶん各大学・高校等で入試問題その他に広く広く使われていきそうな気がします。感想文を書かせても良いだろうし、小論文も書けるだろうし、国語の読解にも使えると思います。短くて良いし、逆に長めの文章が欲しかったら4つつなげれば良いし。
 
 そんな感じで、読むだけではなく、わたしの中のもやもやを整理するヒントとしても使わせていただいています。

 哲学は、そして生命学は、たぶん増殖していくものなのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/08/07 10:47

投稿元:ブクログ

一般社会において重い問題となっているテーマについて、実際に起きた事件などを採りあげ、エッセイ風にわかりやすくはっきりと意見を述べている。そして、人それぞれの心に問いかけている、君はどう思う。33個めの石は、自分にとって大きく重すぎて、どうすることも出来なかった。

2009/08/14 22:21

投稿元:ブクログ

09/08/14県立図書館にて借りる。 





http://ameblo.jp/sunaba/entry-10279288979.htmlで紹介されていた本。
(09/6/13)

2009/08/10 14:39

投稿元:ブクログ

はっと、気づかせてくれる。。。

少しだけ、ものの見方が変わる。。。そんな本です。


タイトルの33個めの石とは、

2007年、米国の大学で、学生による銃乱射事件が起き、

32人の学生たちが殺された。そして、犯人の学生は自殺した。

被害者の追悼集会がキャンパス内で行われ、

そこには、死亡した学生の数と同じ33個の石が置かれ、花が供えられた。

そう。。。。殺された学生32と犯人の学生で33ということなのだ。

著者は、この考え方に大きな救いを感じたという。

そして、2005年、JR福知山線の脱線事故では、死者107人を出した。

しかし、慰霊の対象は106人だけだった。

そう、ここでは、事故の原因となった運転手は含まれなかったのである。。。

(この話には後日談があるのですが。。。)

これは、国民性の違いであるかもしれないが、

人間がこの世に存在したことの価値は、

誰によっても否定されるべきではないのではないか。。。と語る。

他にも、自殺について、「君が代」起立について、差別と偏見についてなど、

さまざまなことについて、少々、偏りはあるかもしれないけれど、

興味深く語られていて、面白いです。

哲学者にありがちな、偏屈さも、それはそれでなかなか楽しい。

2009/08/06 23:58

投稿元:ブクログ

多相的にみえるものごと、あるいは状況に対して、たった一つの視点を与えただけで、それに沿ってモノゴトがきれいに整理されていく。それがうまく決まって、もやが掛かっていた空間がきれい晴れ上がる。すっと、見通しがきくようになる。その快感は、どのような「問題」であっても共通するものだと思う。たとえば、数学の問題が解かれる時にも、時事問題に対しても。契約の交渉において対立する二つの立場以外の第三の視点を加えることによって双方が納得するような打開策が見つかる時も。

例えば、幾何の問題における補助線のように、一つの視点がそれまで複雑に思われた問題をいとも簡単に解きやすい形に変化させるようなことも起こる一方で、誤った補助線に囚われて解答に辿り着かなくなることも起こる。複雑な問題に、単純な視点で切り込むことは必ずしもいつでも上手くいくとは限らない。森岡正博のこのエッセイ集には、そんな「すっきり」と「うーん」が混在している。

しかし、それで実はいいのではないか、とも思う。ある物事に対する考えの表明は、常に完了形の説明である必要はないだろうと思うのだ。内田樹のものの捉え方が個人的に好きで、ついつい書かれたものを読んでいると全面的肯定で読んでしまいがちになるので比較してしまいたくなるのだが、それでなくてはいけないということはないのだ。森岡正博の文章は、形の上でこそ、各テーマ毎にゆるやかな起承転結風の四つの文章のかたまりに収めつつ一つの視点を通してテーマに対する考え方を表明しているが、その手際は形の上での定型とは逆に、収まりきらなさがある。快刀乱麻とは程遠い。じくじくとした思いがこぼれている。

時に見事な補助線の与え方があったかと思う一方で、ほとんどの問いは放り出されたままである。いやがうえでも自分の心の声に耳を傾けざるを得ない。そうかも知れない、いやそうではないだろう。様々な声が騒がしく読書する脳の部位に響くように入り込んでくる。しかし不思議と不快ではない。

多少の煩わしさがあったとしても、読み通すことが困難なほどの雑念ではない。それは森岡正博がめったにメタなレベルでものごとを語らないからなのだと思う。自分の感情を問題の一部として認識しているからなのだと思う。全面的肯定とはいかないけれど、この哲学者の言葉は、自分にとって、何か作用する力を持っている。

2009/08/09 12:52

投稿元:ブクログ

短い文章だが、書かれたことを軸にして、いろいろなことへ発展させていける、刺激を受ける1冊だった。

世の中がどこへ向かっていこうとしているのか、考えさせられた。

『草食系男子の恋愛学』の著者でもある。

2009/08/24 08:26

投稿元:ブクログ

33個めの石とは、バージニア工科大学乱射事件での犠牲者を悼む32個の石の横に置かれた「自殺した犯人を悼む」石のことです。
誰かに持ち去られても、また誰かが石をそこに置く。
そんな石です。
報復の連鎖を超越していくために私たちが考えなくてはならない事、それが33個めの石の存在なのでしょう。
しかし、もし私が被害者遺族であったなら、今の私ではまだ石は置けない。

他にも「アーミッシュの赦し」「ロボット文明が行き着く場」「恐怖を消す薬としての宗教」「ビオトープと自然」など、とても読みやすいけど考えさせられる哲学エッセイでした。

2010/02/07 12:32

投稿元:ブクログ

筆者の極論に偏った意見がすごいしんどい。
自分で問題提起してそれに対して酷評して、こんな世の中おかしいよね?
みたくまとめてるのが、すごい独りよがり感を出してて、痛い。
途中途中科学に対する偏見も見られるし、人の意見は一切聞き入れないであろう考え方も見え隠れしてる。
故郷を毛嫌いしている考え方が、すごい寂しいと思った。自分のルーツを大事にしない人はちょっと、なぁ。。。。

2009/09/07 20:17

投稿元:ブクログ

米国のバージニア工科大銃乱射事件の犠牲者32名を追悼する32個の石の横に、自殺した犯人を追悼する33個目の石が置かれていた、という話。犯人も行き難い現代社会の犠牲者。
さまざまな偏見、差別、思い込みに満ちた現代社会、気付かずに人を傷つけているのだな。

2014/07/12 18:56

投稿元:ブクログ

「無痛文明」という言葉を目にして著者にたどり着き、軽いものから探して読んでみた。短くまとまっていて読みやすい。殺人や戦争、生命倫理などの重い主題について、易しく、そして優しく述べられていた。

2011/09/05 17:27

投稿元:ブクログ

 この本を読んだから何かがわかるという本ではない。読んだあとからが世界に問いを発する始まりの本。
 ~主義だとか~論というようなお堅いいわゆる哲学語は出てこない。しかし、人の命や価値であったりその集合体である社会について、現代に生きる私たちが直面している様々な痛みをテーマとしたエッセイ群をもって、現代のほころびにびしびしと疑問が投げかけられている。
 どこかおかしい現代の社会や科学に「ちょっと待った、それでいいの?」と問いかけるために今私たちが考えるべきことがあるんだよ。
 赦しについて、自殺について、痛みを忘れてしまいたい社会について。戦争、差別、監視、「みんないっしょに」、歪なこの現代世界につまずく私たちそれぞれが無視していてはいけない、多くの問題を考えるための、現代の哲学入門のたための気づきを与える本。

2012/06/27 21:11

投稿元:ブクログ

1つの話題は2ページで終わるのでとてもあっさりしている.
そのテーマについて掘り下げるというよりは、思いついたことをさらりとめもしてみたような文章.
時折話題にのぼる未来においての科学的、医学的な問題はかなり著者のバイアスのかかった想像に基づいているのがやや気になった.
哲学者だが、自身の情感、後ろめたさなどもたっぷりと記述しているところに好感がもてる.
アメリカの大学での無差別殺人事件で犯人にも追悼の石(33個目の石)を置く人がいれば、取り除く人がいた.大学は犯人の墓石は作らなかったし、日本の福知山線脱線事故でも運転士の追悼がなされなかったエピソードなど、どちらもすっきり割り切れる問題ではないが心に引っかかるものがあった.

2010/03/01 23:53

投稿元:ブクログ

作者は哲学者で大阪府立大学教授だそうです。
最近で言うと、『草食系男子の恋愛学』を書いた、
と言われて、本屋でそんなタイトルを見たことがあるなぁ、
と思いつつ読んでみました。
読後感としては、私は、著者の私的意見には賛同できないところは
非常に多かったけれど、深く考えさせられる「きっかけ」を与えてくれた本です。
バージニア工科大学・銃乱射事件。
32人が犠牲になった追悼祭で、そっとその犯人(銃で自殺)分の
慰霊のための石が置かれていた、というエピソード。
「赦す」ということ。
私自身がそのような心をもてるのか。。。
心の底から、そう思えるのか。  
自分の大切な人を失ったとしたら、私はその犯人を赦せない。
ただ、もし自分が被害者だったら、残った人には、その犯人への憎しみだけで生きて欲しくはない、とも思う私もいます。
考えさせられる「きっかけ」がありました。
ただ、作者のスタンスはチョットどっちつかずで不満あり。

2011/02/27 11:42

投稿元:ブクログ

 「赦す」ということ。著者はそこから書き始めている。
 NHKドラマの『白州次郎』で、次郎の妻正子が「赦さなければならない。なぜなら私も赦されているのだから」と独白していた。あの何者も恐れぬ男の妻にして自らが誰よりもエキセントリックな生き方を貫いた白州正子の台詞だった。あのドラマの中で最も耳に残ったひと言だった。

 表題の『33個めの石』とは、米国の大学で起きた銃乱射事件の被害者を追悼する32個の石と、事件直後に自殺した犯人を「赦し」ともに弔らおうとして置かれた33個目の石、のことである。大学当局はその33個目の石を公認はせず何度か取り除くのだが、何度除いても誰かが1個置き直す。勿論のことだが著者は、犯行を絶対に「赦せぬ」とする多くの人びとにも共感する。だが、やはり誰かが33個目の石を置いてくれることの救いも公平に賞賛している。
 深い話である。やはり哲学と呼ぶにふさわしい。

 著者の哲学を貫いているのは素朴なヒューマニズムの感覚だと私は思う。だから宗教の嘘臭さを指摘する。そして教え子の自殺を深い感受性で悼むのだと思う。「どうして自殺はよくないのか、それは私が悲しむからだ、と言いたい気持ちが私にはある」と彼は言う。
 「素朴な」とは、上から目線のエラそうな表現だったかもしれない。だが、私自身、なぜ自殺しちゃいけないのか、なぜ人を殺しちゃいけないのか、そして被害者は言うに及ばず加害者の命とてなぜ尊いのか、という問いには、宗教や倫理の小難しい理論じゃなくて、他の事はともかくコレばっかりはいけないからいけないの、と信じたい。だから著者の主張には完全に共感できる。

 なぜだか昨今不寛容になってしまった世界。世界ばかりじゃなく若者も年寄りも皆自分流にばかりこだわり、自分サイド以外の存在に不寛容に成り下がってはいないだろうか。私たち自身の悩み苦しみから私たちを救い、ひいては世界をも救う手だては、「33個めの石」の中にある。そのメッセージを私は確かに著者から受け取った。

2011/09/17 10:05

投稿元:ブクログ

2006年、バージニア工科大学で学生が銃を乱射32人の学生、教員を死傷させた事件から読みとる現代社会の中での命とは何か。なかなか含蓄の深いエッセイ集。

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む