サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

西蔵−過去と現在
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 慧文社
  • サイズ:22cm/329p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-86330-027-9
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

西蔵−過去と現在 (近代チベット史叢書)

著者 チャールス・ベル (著),田中 一呂 (訳)

1910年、亡命中のダライラマ13世と会見し、以後数度にわたりチベットを訪問した英国外交官のチャールス・ベルが、当時のチベット政府の内情、国際情勢、英国との交渉などを克明...

もっと見る

西蔵−過去と現在 (近代チベット史叢書)

7,560(税込)

ポイント :70pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1910年、亡命中のダライラマ13世と会見し、以後数度にわたりチベットを訪問した英国外交官のチャールス・ベルが、当時のチベット政府の内情、国際情勢、英国との交渉などを克明に綴る。〔生活社 1940年刊の改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 一 緒言
  • 二 境界・面積・人口
  • 三 地形区分
  • 四 湖沼・気候・通商ルート
  • 五 初期の歴史
  • 六 僧王政治
  • 七 ダライ=ラマ
  • 八 英国陸軍の遠征
  • 九 チュンビ渓谷管理
  • 一〇 タシ=ラマ訪問

著者紹介

チャールス・ベル

略歴
〈チャールス・ベル〉1870〜1945年。カルカッタ生まれ。英国人外交官・チベット学者。1908年シッキム藩王国の政務官となり、ブータンやチベットにも影響力を持った。亡命中のダライラマ13世と会見。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む