サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 絵で見てわかるSQL Serverの内部構造 DB Magazine連載「絵で見て学ぶSQL Serverの深層」より
絵で見てわかるSQL Serverの内部構造 DB Magazine連載「絵で見て学ぶSQL Serverの深層」より
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.3
  • 出版社: 翔泳社
  • サイズ:21cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7981-1916-8
  • 国内送料無料

紙の本

絵で見てわかるSQL Serverの内部構造 DB Magazine連載「絵で見て学ぶSQL Serverの深層」より (DB Magazine SELECTION)

著者 平山 理 (著)

CPU、I/O、メモリ管理、データベース破損への対応、バックアップとリストアなどを図を用いてわかりやすく解説する。ユーザーからの質問とその回答も汎用的に紹介するSQL S...

もっと見る

絵で見てわかるSQL Serverの内部構造 DB Magazine連載「絵で見て学ぶSQL Serverの深層」より (DB Magazine SELECTION)

2,700(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

CPU、I/O、メモリ管理、データベース破損への対応、バックアップとリストアなどを図を用いてわかりやすく解説する。ユーザーからの質問とその回答も汎用的に紹介するSQL Serverの技術解説書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平山 理

略歴
〈平山理〉マイクロソフト社開発部門所属。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/01/05 00:31

投稿元:ブクログ

インサイドSQL Serverと同じく、サイトに載っていないような内容もあるが、インサイドSQL Serverよりも絵が豊富で分かりやすい。
個人的には特にメモリ管理の理解に重宝した。

2012/02/17 12:53

投稿元:ブクログ

SQLserverを利用する中で、
メモリの仕様について、気になる点があり、購入した1冊。

内部構造…ということで、難しいことも書かれていますが、
図を利用した解説を多用してあり、理解はしやすかったです。

今まで気にしたこともなかったことや、
気にはなっていたが「まぁいいか…」としていたようなことに対して、
気づきを得られたり、理解を深めたりすることができたので、
大変、価値のある1冊になりました。

この知識のベースがあれば、システム開発の全工程において、
貴重な引き出しとして役に立ってくれるはず。

バージョンは2008までを対象に、
過去のバージョンを含めた解説をしてくれていることも、大変ありがたい!

手元に置いておき、困ったときには、読み返そう!

第1章 SQL ServerによるCPUリソースの使用
第2章 SQL Serverが実行するI/O動作
第3章 SQL Serverのメモリ管理~前編
第4章 SQL Serverのメモリ管理~後編
第5章 データベース構造の深層
第6章 テーブル構造の深層
第7章 データベース破損への対応
第8章 バックアップと復元の深層
第9章 リレーショナルエンジンを徹底解剖
第10章 SQL Serverとネットワーク
第11章 お勧めのSQL Server便利ツール
第12章 特選トラブルシューティングTips

2011/10/15 20:36

投稿元:ブクログ

他のSQLの書籍に載っていないSQLの内部的なところがわかりやすく記載されている。
付加列の内部の話やSQLのメモリ管理の話などとても参考になる。
パフォーマンスチューニングの参考にもなるので、かなりお勧めです。

2011/03/25 21:49

投稿元:ブクログ

これはなかなか画期的な本だと個人的には思った。MCPなんてほとんど何の役にも立たないけど、この本に載っているようなことが理解できれば現場でそれなりに戦える。SQLOSの動きから始まって、SQLSERVER内のメモリの使用方法、テーブルや行、ページの構造、インデックスと統計情報の関係、SQLプランの生成とプロシージャキャッシュ、クライアントの接続方法など、今まで見聞きしたり業務で触って知っていたことが、確かな理解に繋がった。


業務でSQLSERVERを扱っている人には必読の本。

2012/01/08 02:34

投稿元:ブクログ

プロセス、スレッドのライフサイクルからI/O、メモリ管理、クエリを実行して結果を返すまでの流れ、SQLサーバとクライアントの通信について等全て図解にて解説。
よくぞこれだけの内容を詰め込めれたものだ。前提知識が足りないと理解に苦しむ箇所はあるが大変勉強になった!
今後の実務で、ある程度の理解力を得て経験を積んでいけるのではないかと、楽しみが出来ました。
時期をみて再読したいと思います。

2012/07/22 21:08

投稿元:ブクログ

めちゃくちゃわかり易い。

SQLServerはとっつき易いのが特徴だけど、実は内部構造もそれなりにしっかりしている(当たり前だけど)。初級者だとManagementStudio使って、Transact-SQL書いてで終わってしまいがちだけど、さらに1Step進めさせてくれるのが本書。

決して初歩レベルの話ではないのだが、かといってMSDNで読まされるような堅苦しく分かりにくい文章でもない。図解も豊富だし中級者の扉を開けてくれるという意味で掘り下げ加減がとにかく絶妙。今はSQLServer使ってないけど、かつて使っていた頃に読んでいればほんと理解の助けになっただろうなぁと思う。

2012/12/24 09:02

投稿元:ブクログ

かなりマニアックなところまで踏み込んでいながら、説明は平易で理解しやすい。好著。ただし、バージョンが古くなっているのが残念。改訂版を書いてほしいぐらいだ。

2011/09/22 08:51

投稿元:ブクログ

普段使っている製品に対してのより細かい知識としておもしろかった。
直接役に立つかは別として、製品の動きを知ることができた。
漠然と持っていたDB製品への苦手感がちょっぴり解消されたと感じた。

2015/02/15 03:06

投稿元:ブクログ

SQL Server の内部動作の基本がまとまった本。図が多いので結構わかりやすい。
ただ、SQL Server 2005 がベースになっているので、2015 年時点では、ちょっと情報が古くなってしまっていますね。

データベース ランキング

データベースのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む