サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

黄金の虎 早坂類歌集
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.3
  • 出版社: まとりっくす
  • サイズ:20cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89625-092-3
  • 国内送料無料

紙の本

黄金の虎 早坂類歌集

著者 早坂 類 (著)

明白なことです永遠に人は死に君も私も死んでなくなる 生き急ぐ世間にそっと脱ぎ捨てるあかあかくらいカーレンの靴 帰ろうよ帰ろうよと風が鳴る夢の涯にひとりとひとり 6つの章で...

もっと見る

黄金の虎 早坂類歌集

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明白なことです永遠に人は死に君も私も死んでなくなる 生き急ぐ世間にそっと脱ぎ捨てるあかあかくらいカーレンの靴 帰ろうよ帰ろうよと風が鳴る夢の涯にひとりとひとり 6つの章で構成した歌集。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/12/27 01:19

投稿元:ブクログ

「切望は痛くて遠い 哀願は痛くて哀れさ 愛は血まみれ」
「強靭なブルーに赤い心臓をしずめて染めたような夏でしたっけ」
「夏の日の水面のひかり ゆらぎ 花 水底の泥にしづもる記憶」
「透き通る殺意が降って湧くときに地の深みから湧き立つ光」
「金色の白金色の銀色の赤色黒色千色の海」
「波と波の間の時をまごころと、呼ぶ。息継ぎを、息継ぎを。」
「ある、ある、ある、すべてがあるという美しさの中で柔らかい」

「性愛のしぐさに、ふと、記憶に無い記憶が呼び覚まされる」。……波や光、愛など実体を伴わないものがモチーフになっている歌が多いなという印象を受けました。幻想的な歌の数々が不思議な余韻を残していきます。

サイト内検索

キーワードを入力