サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

現代美術のキーワード100(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/240,10p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-06482-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

現代美術のキーワード100 (ちくま新書)

著者 暮沢 剛巳 (著)

現代において美術は思潮や文化を映す鏡のような役割を持っている。20世紀以降の美術を歴史とコンセプトから位置づけ、どのような文脈で何を訴えているのか、読み解くための100の...

もっと見る

現代美術のキーワード100 (ちくま新書)

886(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代において美術は思潮や文化を映す鏡のような役割を持っている。20世紀以降の美術を歴史とコンセプトから位置づけ、どのような文脈で何を訴えているのか、読み解くための100のポイントを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

暮沢 剛巳

略歴
〈暮沢剛巳〉1966年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。美術評論家。武蔵野美術大学等の非常勤講師。アート、建築、サブカルチャーなどに関して幅広く執筆活動を行う。著書に「美術館はどこへ?」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代美術の基礎知識

2009/06/07 23:38

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代美術を鑑賞するときにポイントとなるキーワードを、一語見開き2ページで紹介する本。
 はじめに20世紀の美術の概要の解説がある。続いて、前半は世界と日本の現代美術において中心となったキーワードを時代ごとに紹介する「動向編」。後半は現代美術を捉えるうえで重要な用語を紹介する「コンセプト編」。

 コンパクトな本だが、勉強になった。

 私は現代美術について勉強したことがないので、鑑賞した時に思ったこと、考えたことをなんと表現すれば良いのか分からないことがあった。もちろん、それを自分なりの比喩で表現することも大事だと思うのだが、基本的な部分は共通する用語を使った方が伝わりやすいと思う。
 そうした時に、この本で知ったキーワードが活きてくるのではないかと思う。また、これまでばらばらに知っていた言葉のつながりが分かるのも、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/04 12:00

投稿元:ブクログ

読み物というよりも辞書と考えたほうが近い。
古典美術に対する現代美術に関する様々なキーワードの解説本。
単純にジャンルだけではなく、関連用語や動向についての解説もある。
現代美術観賞の際に持っておくと、解説等の補強になると思われる。
逆に読み物として読むには物足りない。ひとつひとつのキーワードについての文章は2ページ分と少ないためだ。

挿絵、図が少ないことが非常に勿体ない。
著作権的な問題はあるのだろうが、多岐にわたるジャンルについて、作品例としての図がないことは非常に痛手である。

2009/05/29 23:14

投稿元:ブクログ

あっても良い本だと思うけれど、これまでの暮澤氏の用語集の焼き直しの感がありあり。まあ、新書だから?だから、美術評論家に新書のハナシが来ないんだよ。

2009/06/14 16:41

投稿元:ブクログ

図も殆ど無いし、解説を理解するには多少の知識が必要だったりするけど、
こういった用語集を持ってなければ買って良いかな。といった感じ。

2010/11/11 00:31

投稿元:ブクログ

辞書感覚で。

作品も載ってないし、
見開き1ページしかないからさわりの部分しか述べていないけど!

でも、持ち運ぶ前提で買ったから、満足。

2010/08/29 20:18

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
「現代アートは難しい」と言われる。
デュシャンが便器に署名を入れたことがなぜ革命的だったのか?
村上隆が作るフィギュアやハーストの鮫のホルマリン漬けのどこがアート?
現代において美術は思潮や文化を映す鏡のような役割を持っているため、作品制作時の時代背景や中心概念を知らないと理解しにくいのだ。
そこで本書では、20世紀以降の美術を、タテ軸(歴史)とヨコ軸(コンセプト)から位置づけ、どのような文脈で何を訴えているのか、読み解くための100のポイントを解説した。
この一冊で、鑑賞が何倍も楽しくなる。

[ 目次 ]
20世紀美術の系譜と展開 動向・世界編(アール・ヌーヴォー フォーヴィスム キュビスム ほか)
動向・日本編(ルポルタージュ絵画 具体美術協会 実験工房 ほか)
コンセプト編(アーティスト・イン・レジデンス アート・マーケット アート・マネジメント ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2011/05/23 02:02

投稿元:ブクログ

辞書的に用いるのがよいかもしれない。
一読してどういうことが書いてあったか把握したうえで、
展覧会なんかでキーワード出てきたときに確認したり。

2014/12/18 14:22

投稿元:ブクログ

推薦者 共通講座 照井 日出喜 先生

*図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103468&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む