紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

『罪と罰』ノート(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85458-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

『罪と罰』ノート (平凡社新書)

著者 亀山 郁夫 (著)

人を殺すことはなぜ許されないのか、ラスコーリニコフはこの物語の後、ひとりの人間として甦ることができるのか。人間存在の根源についてどこまでも考え抜いた作家ドストエフスキー究...

もっと見る

『罪と罰』ノート (平凡社新書)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人を殺すことはなぜ許されないのか、ラスコーリニコフはこの物語の後、ひとりの人間として甦ることができるのか。人間存在の根源についてどこまでも考え抜いた作家ドストエフスキー究極の主題に挑む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

亀山 郁夫

略歴
〈亀山郁夫〉1949年生まれ。東京外国語大学学長。著書に「『悪霊』神になりたかった男」「『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する」「ドストエフスキー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

光文社文庫『罪と罰』3分冊には巻末に訳者の解説があってそれは理解を深めるのに大いに役に立った。しかし本著はむしろ私の理解を混乱させた。しかし読む価値はあった。

2009/08/10 00:19

9人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

亀山郁夫氏の著書ではじめに読んだのは『「悪霊」神になりたかった男』だった。亀山氏の個性が語る神のイメージには、信仰心を持たない私にとって曖昧さがなく、つまりわかりやすく、共感できたところで『悪霊』の理解が進んだのだと思っている。
『「悪霊」神になりたかった男』の一節、9.11のツインタワー崩壊をテレビで見ていた氏は「『悪霊』の一節に思いをはせ、『神は死んだ』と感じ、テレビを見ているわれわれ全員が神になった、という奇妙な錯覚に囚われたものだった。」と述懐している。
われわれ全員が神になったとは?
「世界を単に見る対象として突き放す神のまなざし、そして傲慢さこそ被造物たる人間がもっとも恐れるべきことであり、テロリズムの罪の深さは実はテロリストではなくテロルの恐ろしさをテレビの画面越しに見ている私たちにあるのではないか」と述べている。
氏のイメージする神。人間の営みに悲哀の感情を持たず、突き放して黙過する傲慢な存在なのかと自分なりに解釈し、神になりたかったスタヴローギンを理解したのだった。
読むものがどのように神をイメージするか。ドストエフスキーのメッセージの受け止め方が大きくぶれることになる………。
今般光文社文庫で亀山訳の『罪と罰』にチャレンジするには本著『「罪と罰」ノート』を片手に分析的に読むのもまた読書の楽しみ方の一つではないだろうか。
『罪と罰』の舞台、ペテルブルグという都市がまず解説されている。西欧の合理主義文明への開放の扉として建設された人工の都市。ロシアの伝統文化に背を向け、ひたすらヨーロッパを模倣する為政者の狂気。身分制度から解放された自由な農民が流浪の民となって押し寄せてきた都市。絶望的な貧困。犯罪と売春とアル中。悪循環から抜け出せない人々に蔓延する閉塞感、精神のゆがみ、そして醸成される狂気。
亀山郁夫はラスコーリニコフの犯罪には漂流する現代日本を重ね合わせたらいかがですかと、誘いをしている。このたくらみにまんまと乗ろうではないか。
「『罪と罰』を事前の物語として読むか、事後の物語として読むか、で根本から意味が変わる」と言う氏の指摘にもハッとさせられた。言われてみれば前回読んだときには法の正義と神の真理に背を向けたラスコーリニコフがどうして立ち直れるのか(事後の物語)に関心があって、なぜ人殺しをしたのか(事前の物語)については単純に、彼の犯罪論であるナポレオン主義と片付けていた。本著ではむしろ事前の物語=犯罪の動機にウェイトを置いた詳細な分析と解説がなされている。
第一にドストエフスキー研究家たちの所論を分析している。
第二に前記したようなロシアの政治・経済・社会等環境について。そこから生まれているさまざまな反体制の思想について。宗教観について。
第三にラスコーリニコフの生活環境と鬱病について。そして家族愛について。
第四に氏はドストエフスキー自身がラスコーリニコフになにを託そうとしているかを推定する。このためにドストエフスキーの半生をつまびらかにたどり、この作品に投影された彼の内心の風景を絵解きしなければならなかった。さらには完成された最終稿の前段階にあったドストエフスキーの二つの草稿や編集者等とのやりとりからも氏は絞り込むような類推をする。
私にはラスコーリニコフの犯罪動機は複雑極まりなく重なり合ったものでこれだと断定できるシロモノではないという印象が残る。
次に第五だがこれは氏の独創的なあるいは冒険的なアプローチがあった。この著述の眼目はむしろこの第五の視点に他ならない

実は2005年に刊行された氏の著作『「悪霊」神になりたかった男』の中で『罪と罰』について氏が自信を持って解説することはできない心境を語る次のようなくだりがある。
「『罪と罰』は19世紀の小説とはとても思えない現代的なテーマで満たされ、私たちの深層に息づく様々な矛盾を照らし出しています。………。今の私にはそうした彼の(ラスコーリニコフの)若々しい思いあがりや、追い詰められた心境や、一人の娼婦をとおして得られる愛の世界にシンクロし、それについて何かを語るという勇気が出てこないのです。」

時を経て今、現代日本人である氏はそのまま「ラスコーリニコフに同期する」ことに、それを不可能と感じながらも、あえてチャレンジしたのではないだろうか。
殺人者が「だれでもいいから殺したかった」と供述する不可解な事件が社会現象化しているのが現代であり、この現代からラスコーリニコフを見つめる。こんなことを氏は書いているわけではないのだが、私には亀山郁夫の脳裏にはこのイメージがあったに違いないと思われるのである。

そして第五の視点から導き出したラスコーリニコフの犯行動機(「究極の動機」)を「純粋意志」と結論付けている。だが、私には理解できない。
ラスコーリニコフがソーニャに五つの犯行の動機を告白するくだりだがその中で「ぼくはただ殺したかったのだ、自分のために殺したんだ」というセリフがいちばん近いのだと指摘し、「棺のような屋根裏部屋の内側であえてとどまりつづけることでラスコーリニコフは自分の憎悪がおのずから蓄積され、発酵することを待っていたことになる。動機は思想のなかにではなく、意志力そのものに潜んでいた。『あえて、する』(要するに一歩踏み出すという意志力)という行為そのもののなかに潜んでいたといってよい。」
とこう説明されても私にはわからないのである。
巻末の「あとがき」で著者は「それこそ(純粋意志)は大地の深みに入り込もうとする人間の素朴な心をどこまでも疎外する傲慢さだった。」と述べている一節にむしろわかりやすさがあるのだが、これを本文に書けなかったのはなぜか。

ラスコーリニコフの犯罪動機には神の存在あるいは不存在が大きくかかわることになる。
「『罪と罰』の理解は神を信じる立場と信じない立場とでは百八十度異なる」と氏は語っている。ドストエフスキー自身はどういう立場で神と向きあっていたのか?さらに解説者である亀山郁夫氏自身は神をどういう存在として捉えているのだろうか?ラスコーリニコフの神は氏が『悪霊』でイメージした神とは違ってきているように思われた。ところが亀山郁夫氏が今観念している神について、読者が理解できるところまで語ることができてはいない。

本著にはこれまでの『罪と罰』解説本とはまるで異質なところがある。あえて極論を申し上げる。「だれでもいいから殺したかった」犯罪者が群れる現代日本。著者はラスコーリニコフを、時空を超えたこの日本に立たせたのだ。どこか類似性があることを感じていた著者は、今の日本でラスコーリニコフの犯罪は成立するだろうかと著者自身に問いかけたのだ。本著は『罪と罰』を解説することを通じて、病める現代日本、そのさまよえる精神構造の深層を探ろうとしているものである。未完成なままに(私にはそう思われる)発表されているこの若々しいアプローチがすばらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新訳の訳者・亀山郁夫による、「新書」とは到底思えない、というより「新書」であるがゆに密度の高さを感じさせる『罪と罰』論

2009/06/30 21:20

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本を読むひと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『罪と罰』のような世界的名作になると夥しい種類の訳があり、また長い批評の歴史がある。たとえば今から百年以上も前に、北村透谷は英文からの邦訳を読んで、そこに当時の日本における物語のスタンダードとは全く異なる、作品の核心を見抜いている。勧善懲悪的なものの跋扈のなかで、重訳の壁を貫いて読まれるべきものは読まれた。
 『罪と罰』にかぎらないが、大まかに言えば作品追究には批評的なものと研究的なものがあり、透谷のものは前者だ。また外国の文献を参考にしているが、小林秀雄のものも日本有数の『罪と罰』批評であろう。
 これまで刊行された、『罪と罰』のみを論じた単行本では、かつて読んだことのある江川卓の『謎とき「罪と罰」』以外に多くのものがあるのを今回、知った。特に清水正の『ドストエフスキー「罪と罰」の世界』(初版は江川の本と同じ1986年)は、新版で500ページもある大部の本である。専門のロシア文学者ではないものの、清水の本をめくるとロシア語の引用が目につく。
 新訳の訳者による本書は、徹底的にロシア語本文および現在の世界水準にあるだろう研究を(ウェブサイトまで含めて)読み、考えうるかぎりの重要な問題点を、明らかにしようとした『罪と罰』研究である。江川本にも言及しているが、さらにそれを推し進めたものと言えよう。
 著者には徹底した『罪と罰』論の企図がなくはなかったと思う。《『罪と罰』の深奥に読者を導くには、おそらく何百ページにもわたる熱い思いが必要になるだろう》と記しているからだが、続いて《しかしたとえそれを実現できても、小説の「圧倒的なリアリティ」に同期し、全身でこれを受けとめることのできる若い読者の理解の深さに追いつくことはできない》とも記し、「研究」にとどまらない『罪と罰』熱をみずから確認している。
 本書のなかの次のような言葉は、私の関心を強くそそる。
 《『罪と罰』を満たしている圧倒的なリアリティと、本書はある意味でほとんど接点をもたないといってよいかもしれない。》
 《ラスコーリニコフの殺意に同化できる読者もいれば、できない読者もいる。同化できる、できないの前に、そのリアリティを全身で受けとめてしまう読者もいる。たとえば、かつて十代半ば近くに『罪と罰』を読んだわたしがその例だった。》
 《じつのところ、今回の翻訳の作業のなかで、わたしは、主人公ラスコーリニコフに同期するという若い時代の経験を甦らせることができなかった。》
 私は著者がこの『罪と罰』論において、若き日の、人が読めばそれなりに興味深いだろう作品から受けた読後感などを記さなかったのを正解だったと思う。というのは、「圧倒的なリアリティ」と著者が呼ぶ、『罪と罰』が人にもたらした何かは、そのような回顧的叙述によって簡単に把握できないがゆえに、そう呼びたくなるものだからだ。
 簡単に書くことができはするものの、真剣に書こうとすれば、その核心への到達しがたさが分かるものとして、若き日のドストエフスキー、若き日の『罪と罰』がある。
 また著者は、これも新書である『ドストエフスキー/謎とちから』(07年)の「あとがき」で、《それこそ命がけの読み込みでなければ、ドストエフスキーの読解に新しい世界は開けない》、《徹底した読み込みをとおして生まれてくるドストエフスキーの世界は、創作ノートや、書簡などをとおして彼自身が語っている世界とも大きく異なる》といい、また《どのようなかたちであれ、仮説を提示できなければ、話は先に進まない》と記している。アカデミズムのなかにいながら、そこから捻り抜けようとする著者の強い姿勢が感じられる。
 このドストエフスキー文学全体を俯瞰する著作が、新書の分量におさまりきらない著者の6回にわたるアカデミズムにおける最終講義を、新書用に新たに口述したものだというのも面白い。短いスペースのなかで、どれだけ貴重なことを語りうるかの実践のようだ。
 『罪と罰』論の本書も同じで、ここには『罪と罰』のエッセンスがある。ただし新訳巻末の解説と内容がだぶっていることを言い添えておきたい。この新書が貴重な著作であることを認めつつ、内容のだぶりが気になる人には購入を薦められない。『罪と罰』の新訳に親しみ(まだ3巻目が残っているが)、さらにこれから他のドストエフスキーに挑もうとする人には、同じ著者による前記の『ドストエフスキー/謎とちから』が面白いと考える。
 とはいえ、『罪と罰』を全く評価しない人もいる。ナボコフは、『アンナ・カレーニナ』についての素晴らしい分析を披露している書物のなかで、『罪と罰』に関し、殺人者と娼婦を一緒に並べていると批判する。《キリスト教の神を信じる人たちが理解しているところによれば、キリスト教の神はすでに千九百年前から売春婦を赦している。一方、殺人者は何よりもまず医者の診察を受けなければならない。両者は全く異なるレベルの存在である。》
 実は今回、久しぶりに、この小説を読み返す前まで、私はナボコフの考えに半分くらいは傾いていたことを告白する。現在、ナボコフへの傾きは極端に減じたが、それでもほんの少しまだ、その人物設定その他におけるリアリティのなさが意識のどこかにひっかかっている。だがそれは亀山郁夫のいう、過去に私も確かに生きた「圧倒的なリアリティ」を、その訳文のなかに、新たな気持ちをもって嗅ごうとすることと背反はしない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/21 10:32

投稿元:ブクログ

本痴【ほんち】さんがゆく!
第一痴 『罪と罰』ノート 亀山郁夫

この間ものの本を読んでいたらば、著名な評論家?の方が、アマゾンなどでいろいろな感想文を見かけるが、いわゆる現代の流行作家ばかりを追いかけて、古典の基本をおさえていない人はいかがなものか、のようなコメントが。

どき。

宮部みゆきさんや道尾秀介さん、東野圭吾さん辻村深月さん大好きです。それがいけないとはいわれてないけど、でもそうか、あたし、古典、読んでないなあ、あるいは読んでもすっからかんに忘れてる。『罪と罰』あれえ、太陽が眩しくて人を殺す話?(それはカミュの異邦人です!)いやじゃないか、えっとあれか、兄弟の親殺し?(近づいたけどそれはドストエフスキーの別の作品ね、カラマーゾフの兄弟)てな具合です。お粗末。

ロシアねえ。
まず、人の名前が覚えられない。長いのよ。しかもあだ名にしないで!ムリ!

この『罪と罰』も、長い話だから登場人物多いんだろうなあ、しかもあれでしょ、長い割には要約すると、「優秀な若者が金貸しの老婆を殺害して、苦悩の果てに自首する」だったよね?えーそれがなんでそんな長いの?それにさあ、ロシア文学って食べ物が美味しく書かれてないんだよねー
って感じの印象しかなく。

で、思いつきました。

ゲーム買う前にゲームレビュー読むみたいに、「攻略本」読めばいいじゃん!
ということで手にとったのが、本書。日本の第一人者だしこれなら安心してあらすじというなればステージごとのイベント紹介と攻略法が書かれているわけだ。やったあ楽勝。
これで本チャン前に、予習してのぞめるぜ!という。

なので、本を知らない音痴=オンチならぬ本痴=ホンチさんこと私が、攻略本を読み解く企画を立ち上げました。
今回の攻略本は、亀山郁夫氏の『罪と罰』ノート。
読みながら、そこで言及されている登場人物をメモしてゆき、ポイントになることも合わせてメモ。これを暗記カードとして売られているA6用紙いちまいに収めてく。別に受験生じゃないけど一枚にしとけば、実際に原作を読むときに(読むかはわかんないけど笑)文庫本でもこれを一枚挟めば読みやすいだろうと。

で、あたしなりにもし今後『罪と罰』を読むとしたら気をつけたいポイントをまとめました。

・数字に注目。13や30など、随所に出てくるらしい。例えば書かれている物語は、エピローグを除くと正味13日間で終結するといった具合
・ドストエフスキーさんは幾重にもストーリーを書いて、チラ見せするのが好きらしい。ソーニャが初めて寝たのは誰か、マルメラードフの死因は事故が自殺かなど、なぜソーニャの母カテリーナは、狂死?の前に政府の高官であるイワンに直談判できたのか?ある補助線でがらっとストーリーは輻輳するかも?
・主人公ラスコーリニコフとの対比で置かれているのは父の位置にもあるスヴィドリガイロフ。実際のドストエフスキーは父に反発していたとの洞察もあるが、ラスコーリニコフにはスヴィドリガイロフを憎悪する能力が欠けている
・主人公の恋人?のソーニャに強く紐��くのが、主人公が偶発的に手にかけてしまうリザヴェータ。彼女にはソーニャを通じた母としての位置付けと、加えて神のモチーフも与えられている。つまり物語には、母殺しと神殺しが投影されている。

おー。なんかそう聞くとこれ、あたしの大好きな推理小説ばりに、複雑に作者の計算と謎解きがちりばめられてるじゃないですか。
なんだ、古典って、事件性がなくて平坦で、心情を読み取れないと楽しめないのかと思ってたけど、これはいけるかも。
もし読んだら感想書くけどとりあえずは、攻略本を先行で読んで、ほんとに読みたい古典を探す、この方式で行きます!

2011/05/28 17:08

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
人を殺すことはなぜ許されないのか、ラスコーリニコフはこの物語の後、ひとりの人間として甦ることができるのか。
人間存在の根源についてどこまでも考え抜いた作家、ドストエフスキー究極の主題に挑む渾身の一書。
一文一文との格闘から生まれた新解釈、亀山=ドストエフスキーの真骨頂。

[ 目次 ]
序論(一八六五‐六六年、『罪と罰』の時代 小説の誕生 『罪と罰』の起源)
本論(屋根裏部屋の「神」 引き裂かれたもの ナポレオン主義または母殺し 棺から甦る バッカナリアと対話 運命の岐路 愛と甦り)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2014/04/09 22:50

投稿元:ブクログ

【読書その97】亀山郁夫氏による罪と罰の新解釈。同氏による本をいくつか読んでいるせいか、非常にすんなり解釈に入るこむことができて、また罪と罰に対する新しい読み方を知った。再度ドストエフスキーの違う本も読んでみたい。

2013/09/21 13:16

投稿元:ブクログ

永遠の名作『罪と罰』の新訳で知られる亀山郁夫教授による解説書です。齊藤孝教授も『罪と罰』を何度も読み返すと聞きましたが、本書を読んで初めて知ったディティールの細かさに何度となく驚かされました。

これを読む前、ロシアで製作されたドラマ版の『罪と罰』を見ていました。原作に忠実なつくりで、主人公のロジオン・ラスコーリニコフがたどる苦悩と『救済』への道のりが丁寧に描き込まれていました。亀山郁夫教授による『罪と罰』を呼んだのはそれよりも何年か前の話になりますが、忘れかけていた話のディティールを映像で視覚的に思い出したあとで、本書を読むとまた違った感慨がわくものでありました。

ここには亀山教授によるドストエフスキーが人間に向け投げかけられた根源的な問いである
『人を殺すことはなぜ許されないのか?』
『人は人を本当の意味で裁くことができるのか?』
『傷ついた人間の魂に復活は果たしてありえるのか?』
ということが記されております。僕は正直ここまで『罪と罰』を読み込んだことが無かったので、ページをめくるたびに『おおっ!?』という新鮮な驚きと『ええっ、そんな解釈もアリなのか!?』という衝撃を覚えてしまいました。

たとえば、究極のダメ人間であるマルメラードフの会話からこの物語の時間軸が13日間であることを割り出したり、『黄色の鑑札』を受ける前にソーニャが初めての『仕事』をした『相手』に関する箇所はそうでした。

「ナポレオン主義」という独特の選民思想に取り付かれた元大学生のロジオン・ラスコーリニコフがその思想を実践するために金貸しの老婆であるアリョーナを斧で殺害するというのが大まかな筋ですが、偶然その場に居合わせてしまった『神がかり』である腹違いの妹、リザヴェータまでもを殺害してしまった所から、彼のロジックに狂いが生じるのです。狂気の街、ペテルブルクを彷徨しながらラスコーリニコフは様々な人物と出会います。予審判事のポルフィーリーとの鬼気迫る頭脳対決。スヴィドリガイノフやマルラメードフなどに代表される『規格外』の過剰な人物。彼等彼女等の内在的論理や行動原理を亀山教授は丁寧に解き明かしていきます。この辺はさすが専門家と、脱帽の限りでございました。

やがて、罪の重さに耐え切れなくなったラスコーリニコフはソーニャの部屋で自らの罪を告白する場面では聖書の『ラザロの復活』の箇所をソーニャに読んでもらうのですが、ここにも様々な『意味』が挟み込まれてあって、読んでいてとても面白かったです。

ラスコーリニコフはシベリアに8年という比較的『軽い』罰で徒刑するのですが、ソーニャが彼を追ってシベリアに赴くという展開。自らを『凡人』と悟り、ソーニャとの愛に生きるという希望に満ちたラストに何を見出すのかは我々一人ひとりの中にあるものですが、この小説の持つ奥深さを存分に教えてくれたということで、本書とは出会って良かったなと心からそう思っております。

2013/01/28 14:27

投稿元:ブクログ

文庫版の読書ガイドの補強的資料。
個人主義の台頭、フーリエ主義、スヴィドリガイロフの位置づけ等々は参考になった。

2012/04/21 22:59

投稿元:ブクログ

亀山氏の評論を読んで、ドストエフスキーの著作に触れた。
哲学的な考察を含んでおり、読了後の感想には個々で異なるものがあがるのではないだろうか。
亀山氏訳語による光文社文庫のものも先日やっと読み終えた。
一回読んだだけでは、まだ咀嚼しきれないもの。何度か読み返してはじっくり考えてみたい。

2013/05/10 10:55

投稿元:ブクログ

名作に対し自分の精神を賭して対峙した作品のうち、私が最も感動したものです。今春、名古屋外国語大学の新学長に就任された亀山郁夫先生は、今わが国最高のロシア文学者であることは言うまでもありません。ドストエフスキーの『罪と罰』は、その亀山先生の読書遍歴の起点にある作品です。先生はこの名作に十代の前半で出会いました。先生の精力的な近現代ロシア文学研究、ドストエフスキー翻訳活動の源流は正にここです。亀山先生は、『罪と罰』の読み方は二つあり、「事前の物語として読むか、事後の物語として読むか、で根本から意味は変わる。」(p.134-135)と言っています。十代半ば近くに『罪と罰』を読んだ先生は、「そのリアリティーを全身で受けとめてしまう読者」でした(p.134)。ドストエフスキーの記述をまるで生々しい自分の実体験のように受けとめ、まずその迫力に圧倒されたということなのでしょう。 
本書は、『罪と罰』全6部とエピローグの内容をそれぞれ丁寧に要約しつつ、多面的な自問を提起し、格闘し、血の出るような渾身の自答が開示されて行きます。この名作が、このように細密に読まれたことがかつてあるでしょうか。本書は、こうして私たちを無数のディテールの深層へ導いてくれるのです。小説とこのように向き合ってこそ、人生の中で小説を読んで成長するという体験をもつことができるように思います。おそらく「名外大の学生にこの本だけは読んで欲しい。私の翻訳で」と亀山先生は思っておられますよ。
[塩見図書館長]