サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説・文庫・ラノベポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. やめる力 もー無理すんのやめちゃえば?やめることでうまくいく54のヒント
やめる力 もー無理すんのやめちゃえば?やめることでうまくいく54のヒント
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:19cm/142p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8061-3372-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

やめる力 もー無理すんのやめちゃえば?やめることでうまくいく54のヒント

著者 マツダ ミヒロ (著)

無理に目標を掲げ、行動してそれを検証していくような人生をおくることから一度離れて、肩の力を抜くことで本当の実力を発揮できる、そんな自分の力を探してみませんか? やめること...

もっと見る

やめる力 もー無理すんのやめちゃえば?やめることでうまくいく54のヒント

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

やめる力

1,296(税込)

やめる力

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

無理に目標を掲げ、行動してそれを検証していくような人生をおくることから一度離れて、肩の力を抜くことで本当の実力を発揮できる、そんな自分の力を探してみませんか? やめることでうまくいく54のヒントを紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マツダ ミヒロ

略歴
〈マツダミヒロ〉質問家。「やる気」と「能力」を引き出す〈質問の専門家〉として全国、海外で講演を行う。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。著書に「こころのエンジンに火をつける魔法の質問」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

やめる、をサポートする協力な助っ人システム。

2009/09/09 13:20

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildflower - この投稿者のレビュー一覧を見る

『捨てる!技術』というのが話題になっていたときがありましたが
こっちのタイトルも、またまたシンプルに『やめる力』。
中経出版から2009年5月に出ています。

似ているようですが、まったく違う方の書籍です。
こちらはマツダミヒロさん。著者あとがきには「質問家」とあります。

なにやら謎めいた肩書です。

HPによれば、日本メンタルヘルス協会基礎カウンセラーであり
      財団法人 生涯学習開発財団認定コーチであり
      日本コーチ協会東北支部副幹事ならびに
      楽天ビジネス講師

とあります。
つまりマツダミヒロさんというお方は
的確な質問を与え、そして相手のなかにある答を引き出すプロ
ということなのだろうと推察します。


実は、最初この本を見つけたときに
表紙の下のほうに書かれた一文があり、ちょっとドキっとしてしまいました。

「もーーーー無理すんのやめちゃえば?」


……そして一回り小さな文字で「やめることでうまくいく54のヒント」とあります。

この副題が象徴しているように、
ふらっと手にとって読める気楽さがよいと思います。
めくっていくと作りもとてもすっきりしています。

左頁に「やめる力」、そして対応する右頁に「はじめる力」が
呼応するようにならんでいます。その数、54個ずつ。

たとえば
やめたいな……と思えるいろんなことを抱え込みつづけて
しんどいな……と思ったときに、それらを降ろすきっかけがほしい。
そういうことってあります。
そして
それを続けてきたこれまでがあるからこそ
それを「やめる」と決めることは、とても怖く感じます。

そのあたり、ちょんと肩をたたくように、促してくれるのが左側。

そして……
多分ですが、抱え続けてしまった辛かったひとが
えいっと降ろした荷の分、ふっと軽くなる。その瞬間で。
ひょっとしたら、ふうっと不安になることだってあるはずです。


この辺、整理整頓ともよく似ています。

要らないものをえいえいえいっっと大決断して処分する。
そして、一時的にこれまであり得なかったくらいにスッキリする。
でも、その新しい空間が「なんかさみしい、物足りない……」
いつしか、そこに代わりのものがやってきています。
そして現状はあまり変わらないものになっている。
……なんだかそんなイメージが思い浮かびます。


この本のとてつもなく親切なところは
その一瞬の軽さを、物足りないとかさみしいとか思う隙を与えずに
さっと右の頁に目を移していくだけで
すかさず、代わりに足してあげるものを提案しているところかもしれません。

よって、考えなくてもいい。
不安にも、ならなくていい。

何かよいものに変わっていくと心から決心したときでさえも
ひとは大抵、変化を怖れてしまいます。
そういうことを熟知したこれは
いわば、究極のマニュアルといってもいいかもしれません。

あとはやるだけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/05 16:20

投稿元:ブクログ

薄い本で字数も少なく、あっという間に読めてしまう。
内容も目新しいことはないのだが、見開きページに書かれているやめる事と始める事は単純明快であり、心の中で迷っていたことに踏ん切りをつけ、元気を取り戻させてくれる言葉でもある。

2011/02/27 17:43

投稿元:ブクログ

質問の達人

マツダミヒロさん

この本は

サクッと書きすぎ

当たり前のことが

サクッと書いてある

中学生とか高校生が読むような本です

息子がいたら買ってあげるかも

そんな感じの簡単な内容

この本を読むのであれば

マツダさんのメルマガとったほうが

よっぽどためになるよ

そう思いました。

あとは

マツダさんの生き方に憧れるな

っていうか

ハワイに住みたい

ハワイに行ってみたい

ハワイで半年くらい暮らしてみたい

VIVAハワイ!

2009/08/02 22:36

投稿元:ブクログ

この本は出張の移動の際に、羽田空港の書店で買いました・・・。



表紙の「やめる力」というタイトルの下に Quit to Begin と書いてあります。



なんでもやめましょう、ということではなく、「これやめてみたら?(やめる力)」そして「これをはじめてみたら?(はじめる力)」



この2つがセットになっていて、見開きにまとめてあります。



飛行機の中で、まず、私は、プロローグから「どれも手放さずにさらに手にいれる」という状態になっていることに気づかされましたし、「やめる力とはじめる力」のそれぞれを読みながら、日常の自分にやめる力の描写を重ねて「ああー、こういう状態になってる〜」とうなずいていました。



そして、「やめる力とはじめる力」のそれぞれに書いてあることはシンプルで、「やめて、はじめる」状態を想像するのですが、54個あるうちの、いくつかは自分にとっては簡単であり、いくつかは難しいものでした。



改めて読んでいるのですが、難しいな、と思うことが出てきて、そのヒントがもらえそうな気がしたからです。

ヒントは、仕事についてと、家族について、得ることができました!

(これ以上書くと、中身をどんどん書いてしまうことになるのでここまで)


2009/07/03 08:34

投稿元:ブクログ

やめることを書いた隣のページには、
始めることが書いてある本。
文字数が少ないこともあって、
通勤片道で読み終わっちゃいました。

「完璧を求める」を辞める、
その通りで完璧を求めてしまうと、
自然と高い壁を自分で設定してしまい、
何事も長続きしなくなってしまう。
それよりは、毎日できることを探すほうが良い。

最終的にはそっちのほうが成長に繋がるからね。

2009/09/10 21:47

投稿元:ブクログ

この本読んで思ったことはやめる力に書いてあったほと
んどのことを僕はやっているなと思いました(笑。正直今
のままの自分ではまずいなと実感させられた1冊でした。
やめると聞くと一見楽そうだが実際は難しいなと思った。
一つでも自分が嫌だなと思っている自分はまだ若いので
ドンドン変えていけたらなと思います!



2009/06/27 10:51

投稿元:ブクログ

「力」とタイトルであるが、内容は自己啓発本。 神田昌典氏の各著作と主張とメッセージは一緒。とくかく自分を発見し、自分で考えろ、ということ。本質ではあるが、新しい発見は全くなかったの。

2011/01/02 18:44

投稿元:ブクログ

何かを手に入れる為には、まずは手放せければならない。

やめることが大事だということが書かれています。

書き方が、分かりやすいです。また、挿絵がかわいくて好きです。

2012/08/29 08:45

投稿元:ブクログ

初めて聞く質問家という肩書きの著者。こちらの本は簡単な言葉だけど、なるほどなあと腑に落ちることがあったり、あっさりとやめようと思うことがあったり、知らないうちにやめれていなかったことに気付いたり。一つ一つがつながると新しい自分になれそう。

2011/02/02 18:15

投稿元:ブクログ

やる事を決める時は、やめる事も決めないと、やる事ばかり増えてゆきます。やめる事で人生を豊かに出来る…ある意味、逆転の発想でもありますね。

2012/09/30 05:02

投稿元:ブクログ

チェック項目10箇所。これからの発想・・・何をやめて、何を捨てて、何を手放すか、引き算の成功法。苦手なことをやるより仲間を探す・・・自分の得意なこと、苦手なことを書く、あなたの苦手なことが得意な人を探せばいい。ぶれずに軸を持つ・・・何をやりたい?新しい挑戦よりも当たり前のことをする・・・当たり前を当たり前にする。目の前の目標だけを見るよりも本当の目的を目指す・・・やることよりもどうありたいか?ひとりの方が早いよりも共感してもらう。我慢して言わない・・・本当の気持ちを伝える。相手のココロを想像するばかりではなく、何をしてほしいか聴く。求められていないのに与えるのではなく、求めているものを覚える。無理をせず、自然体ではじめる。

2011/03/30 23:17

投稿元:ブクログ

やめる事と、はじめることが見開きページの左右に分かれて書かれている。新しいことを始める時には、何かを止めないとダメ。と、よく言われるけれど、それを同時に示されている。

2011/04/21 22:08

投稿元:ブクログ

もっともっと成功したいという思いからいろんなことに手をだし一生懸命がむしゃらに仕事に没頭してきた著者。
その結果燃え尽きてしまった・・。
それまでは知識を身につける、資格をとる等足し算の成功法を実践してきたもののその逆の発想である何をやめて何を捨てて等引き算の成功法により本当の自分を見つけている。

普段の生活ではやめることをはじめるというのはどうしても後ろ向きに諦めるというイメージであったもののその「やめる」ことをきっかけに新しいことをはじめるということにつなげている。

本書では見開の左で「やめること」右で「はじめること」を紹介しているどれもとても簡単にはじめることができる。でも実際にそれを今までしていないというものばかり。確かに実践できたら少しは違う自分になれそうな気がする。

イメージとしては「やめること」は自分に無理強いしたり、幸せを独り占めすること。
「はじめること」は自分に正直に好きなことを行い、幸せをまわりの人におすそわけすること。
たしかにいろんな本に書いてあることは上記の2つに集約されるように思う。

急に「やめること」はできないことは多いがそれを否定せず今の自分でできる範囲で「やめる」そして違う新しいことを「はじめる」ことにしたい。

2012/10/27 17:18

投稿元:ブクログ

別段これといった内容は書いてありませんでした。サラッと読んで、それで終わり。
うーん、新しく何かを始めたりやめたりする時に、エネルギーを使います。車や自転車の運転と一緒で、だからやめるにしても、どういった形でやめるのか、それが問題になってくるのだろうと思います。
幸い本書は、やめると同時に始めることを奨めています。例えば、「過去にとらわれる」をやめる。→「未来を見る」をはじめる。等々。
要は自分を窮屈に感じている人向けの内容なので、そもそも自己肯定感の強い人は読まないだろうから、レビューが高くなるのは当然の成り行きだろうと思います(消して本書を否定するわけではありません)。
ということで、僕の評価はAにします。

2009/10/04 20:11

投稿元:ブクログ

魔法の質問のマツダミヒロさんの本。これは質問の本ではないが、やめることと、その代わりに始めてみることを、見開きに1セットにして、さらに今日やってみることのできるようなちょっとした行動のヒントが書いてある。どうにも煮詰まった時や現状打破のきっかけが欲しい時に参考になるかも。特別に感動的な内容ではないが、だからといってこれらのヒントが全く必要ない人もいないだろう。(多分)

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む