詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

八朔の雪(ハルキ文庫)

ハルキ文庫honto ランキング第20位

  • 発行年月:2009.5
  • 出版社:角川春樹事務所
  • レーベル:ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3403-4

文庫

  • 国内送料無料

八朔の雪 (ハルキ文庫 時代小説文庫 みをつくし料理帖)

高田 郁 (著)

紙書籍

596 ポイント:5pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

丸善お茶の水店さん

ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店さん

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

収録作品一覧

狐のご祝儀 5−71
八朔の雪 73−133
初星 135−198

著者/著名人のレビュー

 大坂で娘ながらに料...

ジュンク堂

 大坂で娘ながらに料理人の修業を積んできた澪は、やむを得ない事情から江戸の蕎麦屋で料理を作ることになる。けれど、どんなにおいしく作っても江戸っ子の口に澪の作る上方の味付けは馴染まないのだ。おまけに「心太に酢じょうゆ!?」(大坂では砂糖をかける)と文化の違いにも驚いてばかり。そんな澪がだんだん江戸と大坂の味を融合させ、人としても料理人としても成長してゆく。
 的確な味覚を持つお侍・小笠原の正体や、死んだと思っていた幼なじみの行く末など、謎解きの風味もあって勢いよく飽きさせない。

書店員レビュー

ジュンク堂書店郡山店

時代小説にこんなジャンルがあるなんて...

ジュンク堂書店郡山店さん

時代小説にこんなジャンルがあるなんて、書店員になるまで知りませんでした。
斬った斬られたの世界ではなくて、料理に対する熱い想いと人情あり
少し恋心ありの、女性の為の時代小説と言ってもいいと思います。
とにかく、みおちゃんがかわいい!ちょっと下がり眉で気立てがよくて
一生懸命で、また作る料理がとてもおいしそう。
その時代は、材料も調理器具も今より揃ってないはずなのに。
江戸の人たちは、何より旬のものを大事にしていたようで、いつでも
何でも食べられる現代よりもずっと風情があって、豊かな食生活だった
のかもしれませんね。

文芸担当 郡司

ジュンク堂書店住吉店

久しぶりに本を読んで...

ジュンク堂書店住吉店さん

久しぶりに本を読んで泣けたかもしれません。
それも、悲しくてとかでなく本当の人情に触れた気がして、知らず零れ落ちるように。

人の仕合わせは人それぞれであり、
自分の在りようや心の持ちようで今現在の生活も感じ方が変わり、
日々の過ごし方を見直して生き方でさえも変えていけることを思い出させてくれました。

私自身、料理をつくるのが趣味なので巻末のレシピも嬉しい余禄です。
こんなお店があれば毎日でも暖簾を潜るのに。

住吉店 父親担当

ユーザーレビュー

全体の評価 4.4
4.4
評価内訳 全て(619件)
★★★★★(269件)
★★★★☆(236件)
★★★☆☆(56件)
★★☆☆☆(4件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

「人」も「食」も一期一会。その時その時を大事にしたい。大事でいたい。

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2009/11/10 15:54

評価5 投稿者:はりゅうみぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

天の采配 という言葉がある。

人はすべて各々が大事な役目を与えてられてこの世に生を受ける。
例え生まれてすぐ儚くなってしまった乳飲み子でも必ず託された使命がある。
そう信じずにはいられない、これはそういう小説だ。

僅か十代で自身だけを頼りに生きていく。
現代の男性でも難しい、苦難に満ちた生き様をはるか江戸時代にやってのけた少女がいる。

親も友も故郷も、手にする愛がすべてこぼれていく宿命。
この時代、何も持たない薄幸の少女が辿る道はそう多くはない。しかし少女は、まるで辛い宿命と引き換えに天が与えてくれたかのような、彼女にしか持ちえない才能と美徳によって、たった1人で真の苦界とも言える世の中を健気に真摯に進んでゆく。


天が彼女に与えた才能。
それは創意と工夫に喜びを見出せる心である。
彼女は「食」という、最も単純で、でも人の心にも体にもとても大切な役目を果たす行為にその心を見い出した。
人の持つ欲・本能の中で「食」だけは、絶対に自己完結が出来ない。豪華な食事だろうが苦い草の根だろうが、人は必ず「食べ物」という異物を体の中に融け込ませなければ生命維持が出来ない。
1日3回、1年で千回を超える栄養摂取のための単純作業の繰り返しだ。
そして少女は祈る。
どんなものを食べても「一回の食事」、ならばどうかその「一回」が体だけでなく心にも融け込み満たすようなものでありますように、と。
折れて、腐って、投げてもおかしくないほどの困難にぶち当たっても、彼女が決して諦めないのは単なる負けん気だけではないのだ。


天は弱さと強さという、相反する2つの美徳も少女に与えている。
無力に涙する弱さと、それに屈しない強さ。
温かいものに焦がれる気持ちと、大切なものを守りたい想い。
少女の弱さと強さに焦がれるように、彼女の周りには人が集まる。彼らは彼女に生きがいを教え、生きがいは彼女を苦難へも堕とす。しかし苦難に膝折れながらもまた立ちあがるのは、手を差し伸べてくれる人がいるからだ。

そうやって繰り返し繰り返し、人を、心を、ゆっくりしっかり結んでいって、懸命に生きて、気がつけば少女の周りには失くしたと思った愛があふれている。
父ができ、母ができ、友がいて故郷がある。
少女は決して1人ではなく、彼女もまた娘として、友として、食を通じて大きな愛をあまたに与える奇跡の存在として、天が采配したこの世のひとコマだったのだ。



暗雲の中、力の限り進んだ先に待っているのは澄んだ蒼天。
そこには燦然と輝く旭日がある。


私も見たい。蒼い空を。眩しい旭日を。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

優しい小説

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2011/04/05 07:57

評価5 投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代小説を読むときの楽しみは人それぞれだろうが、私の場合、ゆったりとした時の流れの中、人々が丁寧に倹しい暮らしを送っている様を読むと、心が和む。

主人公、澪の生き様はまさにそれだ。

料理人として生きる澪は、限られた食材を心を込めて丁寧に料理をする。
舞台は現代と違って冷蔵庫もない、江戸の世。使えるのは旬の食材ばかり。それも、肉類はむろん、ない。
それでも、澪が丹精こめて作り出す料理の数々は、行間からもその優しさが滲み出るようだ。心がけさえ正しければ、こんな風にできるんだな、と感心することしきりである。

澪にとっては悩みの種だが、上方と江戸の料理文化の違いを対比させる趣向も、読者には興味深い。

著名な易者に「雲外蒼天の相」と言われたその言葉通り、澪の身には次々と不幸が襲い掛かる。しかし、挫けそうになりながらも、決して心を折ることなく、顔を上げて自らの運命を切り開いていく澪の姿は、清々しい。

「旭日昇天」の相と言われた幼馴染、野江の消息も知れ、恋の相手らしき男性も現れて次巻以降への期待も高まるところだが、本書だけでも完結できる、十分に厚味のある良書だと思う。

「第2回R-40本屋さん大賞文庫部門第一位」

重厚感こそないが、心の奥底に忘れていた感動を揺り起こしてくれる、優しい小説だ。軽い読物のつもりで読めば、必ず心が慰められるだろう。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おなかが減る物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/08 15:00

評価5 投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

お澪ちゃん、負けるな!がんばれ!!
「雲外蒼天」「旭日昇天」。。。
不思議な縁に涙があふれる、切なくて、でも元気が出て、そしてお腹が減る物語(^^) さて、次に進もう♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やさしくて、泣けるお話。そして、おいしい♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/12/10 02:03

評価5 投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

やさしくて泣けるお話に読了後は笑顔。悪い人も少しは出て来るけれど、ほとんどが心根が優しい人ばかり。天涯孤独の澪が、周囲の人に助けられながら行きていく姿がとても凛々しく、また試行錯誤しながらメニューを考える姿がいじらしい。何より面白いのが、日本人の食への探究心そして欲望が今も昔も同じところ。うまい店番付が発行されていたり、それに一喜一憂する江戸庶民。なんら変わらない。でも上方料理は人気なかったんだなあ。今や大阪のみならず世界中の美食が味わえる東京になったというのに。江戸上方文化の違いも楽しめる美味しい一冊。
そしてそして、シリーズ化されているのがとても嬉しい。
澪ちゃんファンになったので、2巻〜とりあえず5巻までさっそく注文しました。早く届かないかな!!
続きが読みたい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

八朔の雪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/28 07:41

評価5 投稿者:しゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

出てくる料理が食べたくなる本。
おいしそうな描写に、温かい人間たち、ハラハラする陰謀、見え隠れする謎……。魅力がいっぱいで、次が気になってしまいます。澪ちゃん、頑張れ!と応援せずにはいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

久々の女主人公の時代小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/17 06:02

評価5 投稿者:カメちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラジオで面白かったと聞いて読んでみて、目からウロコの驚きでした。孫ほどの年の少女が料理人として成長する過程を、肉親以上の可愛がりで支える周りの大人に我が身を置き換えて続きを早く読みたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

料理と人情ドラマの幸せな合体

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/03/06 16:01

評価5 投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞の広告でも見たし、人から評判も聞いた。
私にとっては新しい出会いだったが、もうシリーズは10巻完結しているらしい。
しかしこれから読む読者にとっては、しばらく楽しめる嬉しいシリーズである。

この作家について、誰か評論家が、
新しい楽しみな才能が出てきたというようなことを言っていたと思うが、
なるほど同感。

料理を使った時代小説というと、
何と言っても大御所池波正太郎が有名だろうし、
個人的には宮部みゆきの『初ものがたり』が気に入っている。
時代小説を離れれば、意外に北方謙三などにもそうした味わいがあるし、
そういう例はたくさんあるのだろう。
マンガだと『美味しんぼ』やら『将太の寿司』、古くは『包丁人味平』などというのもあった。

しかし料理そのものをどっかり真ん中に据えて、
しかも人間のドラマと真っ向から合体させた物語というのは
意外にないのではないか。
あるいは私が知らないだけかもしれないが、
両者がここまで見事に融合した例というのはなかなか得難いように思う。

料理そのものも楽しい。
シリーズの巻末にレシピが付いているのも、
作りたくなった、あるいは作ってもらいたくなった読者にはありがたいアイデアだろう。

しかしそれ以上に読者の心をつかむのは、
人情の味わいだろうと思う。
苦労してきたヒロインが、またまた苦労しながら成長してゆく姿。
これはまたいかにもまっとうな、ありがちな話が綴られているわけで、
パタンとしてはもちろんよくあるものなのだが、
それを語る手つきが並ではない。
まるでヒロインの料理の手さばきのように、優しく繊細にして要所を押さえてみせる。
そしてこうした人情ものには、江戸の町がなぜよく似合うのだ。
そこへ加えてヒロインらはもともと大阪の人間だから、
東西の食文化の違い、ちょっと大げさに言えば異文化比較の新味も加わる。

文章がいい、ストーリーもいい、食の楽しみというので読ませる。
登場人物も魅力的で、ホロリとしたり和んだり、
また人間の謎もしっかり用意してあって先が楽しみな仕掛けだ。
疲れた時などに気楽に読んで癒やされることもあるだろうし、
この先9巻読めるかと思うと嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ここちよい時代小説

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/01/09 00:07

評価4 投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時は江戸時代。大坂で起こった大水害で両親を失った幼い澪は、有名料亭「天満一兆庵」のご寮さん(女将さん)に出会い、奉公人となる。しかしあるきっかけから旦那さんにその舌を見込まれ、女ながらに板場に立つことを許される。大坂での名声を手に天満一兆庵は江戸店を構えまさに上り調子。

しかし江戸店を任せた若旦那の吉原に通いにより資金は底をつき、江戸店はおろか大阪本店まで潰れてしまう。そしてその心労がたたったのか、旦那さんも天満一兆庵の再建を願いながらも無念のまま、澪に「託せるのはお前はんだけや」という言葉を残して他界。以来、澪はご寮さんと二人、右も左もわからぬ江戸の長屋で、肩を寄せ合い慎ましく生きている。

江戸での奉公先の蕎麦屋・「つる家」の主人に見込まれ店を任された澪は、大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも江戸の人々に愛される料理を研究していく。徐々に評判は広がり、名料理屋からの妨害もあるが、ご寮さんやつる家の旦那さん、長屋のお隣さんなど人情厚い人々に助けられながら、つる家の発展と天満一兆庵の再建を目指して料理の道を突き進む。


いやー。よかった。それほど期待していなかったし、時代小説だし読みにくいかも…と懸念もしていたのだけれど、想像を遥かに超えて、めちゃくちゃよかった。

不幸な境遇から立ち上がる若き女流天才料理人・澪。女が料理人など…という江戸時代。風当たりは厳しいし、それを乗り越えてお店が上向きになったらなったで有名店からの妨害があったりと、澪の道はお決まりのように一筋縄ではいかない。うん。とってもオーソドックスなストーリー。

枠だけ見れば、同じような構成の作品はありふれていると思う。しかしそこに澪をはじめ魅力的なキャラクターがあって、人情があって、おいしそうな料理があって…とっても魅力的な仕上がりになっている。うーん、何度も書くけど、めちゃくちゃいい。いくところでも目頭が熱くなる、そんな作品だ。

料理の道の奮闘記というのは珍しいストーリーではない。しかし本作のちょっと面白いところは、大坂出身の澪が江戸で料理屋を営むというところにある。先日もブログネタにかこつけて書いたのだけれど(→参照記事)、関西と関東では食文化が違う。出汁の取り方から始まって、味付け、食べ方…現代においても異なる点が多々ある。

初めは江戸の味覚に反発を覚えていた澪も、江戸の人々と関わっていくうちに江戸には江戸の、大坂には大坂の、いいところを見出す。そして江戸の人々に好まれる上方料理をつる家で出していく。それは、初ものを好む江戸では嫌われる戻り鰹を使った料理であったり、大坂では砂糖をかけて食べる心太の酢醤油添えだったり、大坂で愛される昆布だしと江戸で愛される鰹だしの合わせだしを使った茶碗蒸しであったり…。

また、初ものを喜ぶ江戸と、季節の物を安価に仕入れて喜ぶ大坂の違いなど、気風における違いも垣間見られて、もしかしてこれは現代でも人より安く物を買うことに喜びを見出す大阪人の性格に通じるものかも?!などと色々想像を膨らませてしまう。

察するに、どうやらこの作品には続編がある様子。本作では上方料理屋・つる家はまだまだ始まったばかり。これからどうなっていくのかが楽しみで、続編を期待せずにはいられない。また18歳の澪を何かと気にかけてくれる謎の浪人風の男・小松原や、医者の源斉などといった若い男性も登場するので、澪のこれからに恋の予感も期待してしまう。

あぁ。初版が刊行されたばかりだけれど、早く次作が出ないかなぁ…と楽しみなシリーズがまた一つ増えた。時代小説は苦手だなーと思っていたけれど、最近は時代小説に見られる人情がとても心地よい。

最後に、本書のラストにはストーリーに登場する料理のレシピが収められているので、料理好きの方にはとっても嬉しい一冊のはず。


『八朔の雪 みをつくし料理帖』収録作品
・狐のご祝儀――ぷりから鰹田麩
・八朔の雪――ひんやり心太
・初星――とろとろ茶碗蒸し
・夜半の梅――ほっこり酒粕汁


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

優しい人々。おいしいごはん。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/13 21:53

評価4 投稿者:梨桜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

みおつくしシリーズ1作目。短編連作。
大阪から江戸へ出てきた女料理人みおが、風習や食文化の違いに四苦八苦しながら成長していく物語。
平易な言葉でつづられた物語には、大切なことが沢山ちりばめられていた。
人への態度で、その人の品性が見えるというような、ご寮さんの言葉が特に印象的だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

だって『雲外蒼天』なのだから

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/20 16:12

評価4 投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

人は頑張ったからといって結果が良くなる訳ではなくそこには紛れも無く才能とか他人に認められるものが必要である。しかし仮令有り余る才能が在っても境遇に打ち拉がれてしまっては先へは進めない!何とでも云えるが、要は自分に押しつぶされてしまわないこと、最近、人にマイペースでいこうよ!と云っている自分が居る、この物語の主人公はなにより自分に正直である。だから、これから作者が仕掛けて行くであろう艱難辛苦に真直ぐに立ち向かって行くだろう!そしてなんとか乗り越えていくのだろう!だって『雲外蒼天』なのだから

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2010/03/26 03:55

あまり期待しないで読んだらとても良かった。ほのぼのとした文章がいい。澪のひたむきさや周りの人の温かさにほっとさせられる。なにより料理がおいしそう。料理のおいしそうな時代小説には弱いんだよなあ

評価5 投稿元:ブクログ

2013/02/22 21:36

昨年より「天地明察」「のぼうの城」などで、
自分の中にいわゆる「時代小説」ブームが到来していた中、
ブクログでちょこちょこみかけ、気になっていたこのシリーズ。

ちょっとしたご縁で今回ようやく手に取り読むことに。

近年ソフト時代小説のおかげで、だいぶ読み進められるようにこそ
なってきたが、「坂の上の雲」以来挫折感が強い時代小説。
果たしてこれはどうだろう・・・しかもことごとく評価が高い。
先入観から案外拍子抜けするかも・・・などとやかく考えていた自分に反省。

なるほど。これには泣かされました。
少なくともわたしはダメだ。泣いちゃった。泣けちゃった。
時代小説を、息継ぎなしで一気に読めたのもこれがはじめて。

実はこのシリーズに出会うとき、最近ようやくゆっくり読書できるようになった母と、共通でなにか同じものを読みたいと探していたこともあって、これなら共有できる作品だと確信。

食べ物を題材にした小説や映画は、今までたくさん読んだり観たりしてきたけど、これはまた全然違った味わいです。
料理ももちろんだけど、登場人物が絶妙。
エピソードも、ひとつひとつが胸に刺さって、決して軽いものではないだけに、あとからその人物を作り上げていく中で深みとなるように設定されているし。

丁寧に描かれていて、いまさらですが続きを楽しみに読んでいきたいシリーズになりました。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/05/19 21:40

会社の読書仲間に薦められておもしろくて、
結局自分で最初から出てる分まで一気買い。

おなかがすく小説です。
そして、料理をすることが楽しく、いとおしくなりそうな作品。

やっぱり、四季があって、
いろんな食材を楽しめるのが日本のいいところだよね!

評価4 投稿元:ブクログ

2010/02/08 13:18

宮部みゆきの影響か、食べ物がでてくる時代小説に滅法目が無い。もっとも、池波正太郎や宮部みゆきの場合は、絶妙な料理を出す名脇役が物語を引き立てているのに対し、八朔の雪は料理人本人が主人公。

行きつ戻りつする話の展開には、必ずしも読み易いものではないが、幼い頃に生き別れた親友の消息が知れるシーンは綺麗な伏線回収だった。

すでに続編も出ているので、読む。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/09/16 21:29

+++
神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!
+++

初読みの作家さんだったが、大当たりである。また愉しみなシリーズを見つけてしまった。時代小説なので、江戸の風物や人情などももちろん愉しめるが、主人公・澪の出身地である大坂と江戸との風習や好みの違いなども興味深い。そしてなにより、サブタイトルの「料理帖」でも判る通り、澪が工夫に工夫を重ね、丹精込めて拵えた料理の数々が魅力的で思わずお腹が鳴るようである。しばらく追いかけてみたいシリーズである。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.