詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

かまわれたい人々

  • 発行年月:2009.6
  • 出版社:中経出版
  • サイズ:19cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8061-3389-6

読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

かまわれたい人々

森 真一 (著)

紙書籍

1,512 ポイント:14pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,512(14pt) かまわれたい人々

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

他人からは干渉されたくないけど、ひとりぼっちはいやだ…。現代社会に生み出された「かまわれたい人々」の、「孤独」の底に隠された「願望」を探る。【「TRC MARC」の商品解...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

他人からは干渉されたくないけど、ひとりぼっちはいやだ…。現代社会に生み出された「かまわれたい人々」の、「孤独」の底に隠された「願望」を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 真一

略歴
〈森真一〉1962年生まれ。関西学院大学大学院社会学研究科博士課程修了。皇學館大学文学部コミュニケーション学科教授。著書に「日本はなぜ諍いの多い国になったのか」など。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.7
3.7
評価内訳 全て(5件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2009/08/06 14:11

現代社会学
 今 日本では 世の中では どういったことが起きているのか
をしることのできる一冊だと思います

買物のときに 店員に構われたくない
そういった煩わしさがないのが コンビニであったり スーパーであったり

家族内であっても 互いに干渉をしない
 ひとつの食卓で それぞれが好きな物を食べている ということも

それでいて 寂しさや かまって欲しい かまいたいという
欲望があるのも人である そのつながりを。。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/09/21 09:16

男性おひとりさま かまわれない自由と孤独胃うまく対処できない。かまわれない孤独を愛せないから
過去の栄光を持ち出す人は、ひとつには自分を周囲に認めさせたいという動機がある

まわりに自分をどうみせるか 社会学で印象管理という

してもらう主義 全世代にいる
自由にしたいではなく、なにもしなくてもまあなんとかしてくれる
パターナリズムになれてしまい、授業中に私語が平気でできるしてもらう主義のひとびとを私は家畜系と呼びたいと思います。大人にもいます

自ら餌をもとめない。主体性ゼロとはいわないが、飼い主に餌をもらい、育ててもらう。飼い主に守られているから的に鈍感。仲間に敏感。仲間の顔色を伺うのに神経を使う
個人主義がまともに定着しなかったので、自由というものは他人を害してはいけないという限界を本質的に含んでいるのだということを今だに理解すら出来ない

家畜系の問題点はかまわれない自由と同時にかまってもらう自由の権利を追求する点、つまりしてもらう主義で行動する点です

社会はそのイイトコどりを支援してあげます。「してくれ」「かまってくれ」という世間のご要望に社会が答えてあげようとするのです。その理由は商売になるからです。
ie 面倒見のいい大学、新宗教ビジネス

評価3 投稿元:ブクログ

2013/10/10 07:58

「かまわれない自由」と「かまわれない孤独」
「不当に世間から見捨てられているという精神的飢餓感」

筆者が、自分を「かまわれない自由」が必要な人間と認めた上で話を進めているのが良かった。

5章までは現状分析でふーんという感じだったが、最後の6章にある、「自由」が道徳になると「世間」に対する暴力を認めてしまう、という論理展開が興味深かった。「自由」にも「世間」にも善い部分と悪の部分があり、どちらかを完全に否定するのではなく、それを踏まえた上で折り合いをつけて、自分にあった生き方を選択すべきだ、という。

あえて、難しい単語を使わずに、読みやすく書かれているのも良かった。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/10/14 10:25

同著者の《「お客様」がやかましい》を読んでから読んだ。氏の日本語の使い方は、お話を聞いているような感じで、すらすら読むことができる。

親や会社に対する「恩は完済することができない。」
この「返済不能な負い目」、「未済分」を知っていることが重要だと思った。
そしてその分を、他者へ優しさをもって接したいなあと。

第6章の末で、北尾トロ『男の隠れ家をもってみた』からの引用がじわーっとくる。

孤独を感じたときは、「これってゼイタク病かも?」って自問してみよう。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/03/12 23:07

現代社会の現象とその内面を的確に指摘している内容だと思った。かまわれたいために暴走している人間が多い。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.