サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 経済成長って何で必要なんだろう?
経済成長って何で必要なんだろう?(SYNODOS READINGS)

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: SYNODOS READINGS
  • サイズ:18cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-97574-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

経済成長って何で必要なんだろう? (SYNODOS READINGS)

著者 芹沢 一也 (編),荻上 チキ (編),飯田 泰之 (著),岡田 靖 (著),赤木 智弘 (著),湯浅 誠 (著)

現在の「若者と貧困」問題の背景とは。日本の高度経済成長とはいったい何だったのか。そしてその功罪はどこにあるのか。「経済成長」をキーワードに、若年雇用や貧困などをめぐる社会...

もっと見る

経済成長って何で必要なんだろう? (SYNODOS READINGS)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

経済成長って何で必要なんだろう?

617(税込)

経済成長って何で必要なんだろう?

ポイント :5pt / 紙の本より463おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現在の「若者と貧困」問題の背景とは。日本の高度経済成長とはいったい何だったのか。そしてその功罪はどこにあるのか。「経済成長」をキーワードに、若年雇用や貧困などをめぐる社会問題について語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

議論の前に 飯田泰之 述 15−47
高度成長とは何だったのか 岡田靖 述 49−104
戦争よりバブル、希望はインフレ 赤木智弘 述 105−153

著者紹介

芹沢 一也

略歴
〈芹沢一也〉1968年東京生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。SYNODOS代表。
〈荻上チキ〉1981年兵庫県生まれ。東京大学情報学環修士課程修了。批評家、「トラカレ!」主宰。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.7

評価内訳

2010/05/06 20:07

投稿元:ブクログ

日本の貧困問題について、経済学の立場から切り込んだ本です。
この本を読んで、自分が経済学についてわかっているようでわかっていないこと実感。
いろいろな政策がある中で、経済的合理性の視点で確認する必要があることを感じました。
それと正規・非正規問題では、正規の雇用条件を悪く(解雇しやすくする)方向での解決策を考えていたけど、それでは受け入れられないから、他の方策を検討すべきというのは示唆に富んでいると思う。
それにしても、贈与税や相続税減税は消費を減退させるって本当かな?大前研一さんも主張しているぐらいだから消費の活性化になると思っていたんだけどね~

2011/12/26 00:47

投稿元:ブクログ

パイの分け方を公平にすること、パイそのものを大きくすること。この二つは背反する目標ではない。経済の問題をイデオロギーの対立になぞらえる/すり替えることから脱し、今、ここにある若者の貧困や地域間格差、経済停滞に対して基礎的でプラクティカルな解決法としての経済成長の必要不可欠性を訴え、そのために論壇、経済学者、活動家/実務家が分担して果たすべき役割を提唱する。サクッとした見た目とは裏腹に予想以上に読み応えのある対談本。

2009/12/05 11:39

投稿元:ブクログ

メモ
経済成長が必要。貧困対策も福祉も経済成長なしに有効な手は打てない。経済のパイを大きくして、お金を確保しないと格差と貧困に対処できない。

キャッチアップ型の成長はもうできないから、2~3%の経済成長を目指す。
経済成長を可能にする方法は、
・個人の創意工夫が発揮できる環境整備<競争>
・失敗時のセーフティネットの整備(保険や社会保障)<再分配>
・成長していけるだけの景気の振幅を抑えるマクロ財政金融政策<安定化>

経済学はツール。こういう社会をつくりたいというコンセプトデザインは経済学の役割でなく、その他の分野。テクニカルな部分を請け負う。価値観と計算を峻別する。

2010/04/25 20:59

投稿元:ブクログ

【目次】
1章 高度成長とは何だったのか----戦後日本経済思想の源流と足枷
岡田靖×飯田泰之

2章 戦争よりバブル、希望はインフレ
赤木智弘×飯田泰之(司会・芹沢一也)

3章 何が貧困を救うのか
湯浅誠×飯田泰之(司会・荻上チキ) 

2009/11/09 23:11

投稿元:ブクログ

「実存の問題は政府や政策が手を突っ込むべき問題ではない。共同体や秩序に希望をたくす方向も同様である。」

 経済問題に関する入門書のように見えるけれど、本の内容はといえば、何かと話題の若年層非正規雇用労働者に関するもの。「格差」ではなくて「貧困」を問題の中心にすえて、貧困を経済学の問題として捉えて、貧困を無くすための方向性を模索してみようというコンセプト。

 頭のいい人たちの内輪話で、本の内容はあまり理解できなかったけど、貧困という問題に取り組む上では「生きづらさ」みたいな心の問題と向かい合う必要なないってこと。
 貧困者の心の問題に対して、社会学や精神論からのアプローチを突き放することろが潔い。
 貧困は単純に政策の間違いから生まれた問題で、心の問題を持ち出すまでもなく、経済学的解決策で対処できる問題である。
例えば生きづらいと思っている青年に、「仕事を通じて社会から承認を受ける」みたいな社会心理学的な話とか「自分を変えよう」とか励ますヒューマニスティックな啓発本は役立たずだということ。

弱いもの同士集って傷を舐めあいたい欲望にかられるけれど、そこは強がって我慢しよう

2009/09/12 15:22

投稿元:ブクログ

○186いままで、日本社会で何が社会保障的な機能を担ってきたかというと、特に地方経済についていえば、公共事業ですよね。
★再分配という手法であるとは思っていたけど、社会保障まで?あまりにも限定的なんじゃないか。確かにそういう一面は否めないけど。

2010/06/08 12:20

投稿元:ブクログ

●論者に共通しているのは理想論ばかりでリアリティがないということ。(湯浅氏を除く)
 具体的な実行プロセスがなく、費用、効果、メリット、デメリットがわからない。
●湯浅氏の素晴らしかったところは、実現のためのアプローチを考えているところ。


読了日:2010/05/22

2010/02/08 14:32

投稿元:ブクログ

知の生産と流通を大学という特権的な場から解放して、現代人の生活にもっと身近なかたちで展開することを組織目的とする「シノドス」が、現代社会を多角的に検討する「知」の交流スペースにおいて、経済政策、マクロ経済学者の飯田泰之氏、内閣府経済社会総合研究所主任研究官岡田靖氏、フリーライターの赤木智弘氏、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長の湯浅誠氏との対談を行い、その内容をまとめたのがこの作品である。
連続対談では高度経済成長、若年失業問題、貧困問題を経て論壇における経済学の役割と多岐にわたったものである。
何が貧困を救うのか、反貧困運動の最前線に立つ運動家と、経済学者が説く経済学的な合理性。
シノドスが目指す知の交流がますます広がる日本社会を作っていくことの重要性を思った作品である。

2009/10/22 22:47

投稿元:ブクログ

● 年金というのは何をやっているのかというと、貧乏な若者から税金をとって、金持ちの年寄りに配っている。それよりも生活保護やベーシック・インカムで生活を保護し、それ以上の部分については、個々人が自分の判断で預貯金すればいい。

● ニート、フリーターに対して「自己責任」といっていいのは、景気がいいときだけです。需要がちゃんとあって、その状況でニート、フリーターだったら、僕は自己責任だと思う。けれども、いまは席が人数分ないわけですから、社会の問題です。

● 要するに、都会の金持ちと貧乏人からとって、田舎と都会の貧乏人にまき、貧乏な若者と金持ちの若者からとって、金持ちの年寄りと貧乏な年寄りに配っているので、65歳未満の不平等・貧困はまったく解決しないんです。

2010/10/02 00:45

投稿元:ブクログ

「大きな政府」か、「小さな政府」か。
景気回復優先か、財政再建優先か。

このような切り口は、テレビや新聞などでよく目にするもので、ずっと昔から延々とやっている印象がある。
しかし、この対談本で飯田氏は、この図式を不毛な二項対立だとみなしている。

ケインズ的な福祉国家主義とハイエク的な新自由主義は、根本から対立するものではない。
ケインズは「病気の人間には治療が必要である」と言い、ハイエクは「健康な人間は身体を鍛えるともっと健康になれる」と言っているに過ぎない。
状況に応じて処方箋が違うだけで、「風邪をひいたら薬を飲みましょう。治ったら身体を鍛えましょう」が正解。
はい、無意味な議論は終わりました。


このように、メディアなどで好んで使われるキャッチフレーズには、それ自体ほとんど意味のないものが多い。
例えば、再分配は所得保障の話をするときによく使われる「都市から地方へ」というお話。

 ジニ係数というものがあって、それは高いほうが不平等だということを示すのですが、税務や公的な福祉で調整する前の日本のジニ係数は、先進国のなかではかなり低い。北欧諸国よりは不平等ですが、それでもかなりの平等社会なんです。
 しかし、税務や社会保障で調整したあとでは、主要先進国中でも英国につぐ不平等社会になっている。どういうことかというと、日本以外の国は再分配政策で不平等を下げているのに、日本は再分配の前後で不平等度がほとんど変わらない。だから調整後は、ほかの国よりも不平等ということになっている。
 要するに日本の再分配政策は、予算額だけ馬鹿みたいに大きいのに、何一つ不平等を解決していないんです。

そんな非効率なことはもうやめて、単純に「金持ちから貧乏人へ」再分配すればいい。幼稚園児でも分かりそうな理屈です。
そして、それを実現する技術は経済学が用意できる。だから、哲学的イデオロギーを脱して、純粋に技術的な議論をしなければ、現在の苦境は突破できないではないか。
う~ん、これにどう反対意見が出てくるのかが想像できない。


欧米の真似をしていれば良かった高度成長時代が終わった。
フロントランナーとして、「新しく自分自身の問題として解かなければならない課題」にぶつかっているにもかかわらず、「スウェーデンが・・・」「いや、オランダが・・・」などと、「いまだに日本はどこかに解答・解説集がないかと考えている」のが「失われた10年」(もうすぐ20年)。
処方箋(選択肢)は多くない。つまりやるべきことは、だいたい分かっている。
やるべきタイミングも、(これまで散々見逃してきたことは置いといて)十分はっきりしている。


さあ、もうやるしかないじゃないですか。

2010/08/22 00:39

投稿元:ブクログ

「最低限生きていける保障があれば、そこから先は市場と競争の原理に従わざるを得ないだろう、それを支えるため経済の成長が必要である」ということらしい。頭で考えてるだけでなく実現に寄与してほしいところではあるけど...

2010/04/26 00:22

投稿元:ブクログ

メディアやネットの中で「経済」について語られていることがいかにいい加減かを理解させてくれる本。
理論より実践寄りの立場で書かれており、それは対談の相手として選ばれたメンバーからも伺える。

2010/04/23 02:14

投稿元:ブクログ

タイトルそのものの答えは、「日々社会は進歩→新しい価値を生み出さないと人が余る→成長そのものが社会を支えるために必要」というとこでしょうか。やっぱり少し詭弁かなと感じてしまう…
Anyway, コーディネーターの経済学者が私より若いことに驚きました。キレのある文章を書くなー。論理構成やスタンスは賛同できますが、あらまほしき社会像というのはやはり個々違うのかな。
それから、「年越し派遣村」を主催した湯浅誠さんのインタビューは面白かったです。単なる活動家ではなく、思想背景の部分や現実の戦略に落とし込む際の葛藤(「いかに中流階層に共感してもらうか」)などを垣間見ると、優れた人なんだろうなぁと思いました。

2012/12/13 14:28

投稿元:ブクログ

題名の通り「経済成長が必要なのはアタリマエだ」という前提で書かれている。この場合の経済成長は、いわるゆ戦後の高度経済成長やバブル景気といったレベルではなく、ゆるやかな、年2%程度の、それこそ普通の先進国が普通に成し遂げているものをさしている。

統計などの数字で裏付けしつつも、読者には「数値を読み取る」といったことを強要せずに、きちんと言葉で説明しているのが好感。

白眉なのは湯浅氏との対談で、同氏の運動の“戦術”である「うしろめたさ票を確実にとりにいく」という言葉を引き出したくだりか。

その一方で、話の内容に出ている経済概念、つまり「新自由主義」の意味やその論者・フリードマンやハイエクなどのバックボーンだけでなく、ケインズ学派やマルクスについての説明がほとんどない。これらの事は知っていることが前提となっているようだ。例えば、マルクス経済学とマルクス主義の違いについて、そこからケインズ経済学との繋がりを知っていないと、本書の半分は理解できないであろう。

2011/12/10 22:17

投稿元:ブクログ

2%の経済成長を続けることが必要である。そのためには3つ-競争、再分配、安定化が方法として有効である。これをわかりやすく角度を違えて示してくれる。とても納得した。

経済と政治の違いも明確に分かった。
経済の人間が理想に捕まり、政治の人間が方法論に終始する、まったく逆の事態になっている指摘はなるほど!

借りたけど、多分この本買う。経済学部でない人間にとって本当にわかりやすく面白い本だった。

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む