紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 阿寒湖わらべ唄殺人事件 長編旅情ミステリー
阿寒湖わらべ唄殺人事件 長編旅情ミステリー(ジョイ・ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.9
  • 出版社: 有楽出版社
  • レーベル: ジョイ・ノベルス
  • サイズ:18cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-60566-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

阿寒湖わらべ唄殺人事件 長編旅情ミステリー (JOY NOVELS Best Sellection 木谷恭介自選集)

著者 木谷 恭介 (著)

阿寒湖畔で喫茶店を経営していた青沼ふき子が殺された。彼女は27年前、記憶を喪失したまま雄阿寒岳で発見された謎の美女。近くには、彼女と愛人関係にあったホテルオーナーの死体が...

もっと見る

阿寒湖わらべ唄殺人事件 長編旅情ミステリー (JOY NOVELS Best Sellection 木谷恭介自選集)

926(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

阿寒湖畔で喫茶店を経営していた青沼ふき子が殺された。彼女は27年前、記憶を喪失したまま雄阿寒岳で発見された謎の美女。近くには、彼女と愛人関係にあったホテルオーナーの死体が。娘の美弥子は、ふき子がよく唄っていたわらべ唄を知っている女性が泊まり客のなかにいたことを思い出す。女は和歌山出身といっていた。宮之原警部を紹介された美弥子は二人で父とふき子の死の真相に迫るべく、現地を訪れると…。【「BOOK」データベースの商品解説】

阿寒湖畔で喫茶店を経営していた青沼ふき子が殺された。近くには、彼女と愛人関係にあったホテルオーナーの死体が。娘の美弥子と宮之原警部は、ふき子がよく唄っていたわらべ唄を手がかりに、和歌山へと事件の謎を追う。〔廣済堂文庫 2005年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木谷 恭介

略歴
〈木谷恭介〉1927年大阪生まれ。私立甲陽学園卒。浅草の劇団「新風俗」などを経てルポライターとして活躍。「赤い露の殺人行」で旅情ミステリーの分野に進出。著書に「広島水の都殺人事件」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)