詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. 阿寒湖わらべ唄殺人事件 長編旅情ミステリー

阿寒湖わらべ唄殺人事件 長編旅情ミステリー(ジョイ・ノベルス)

新書

  • 国内送料無料

阿寒湖わらべ唄殺人事件 長編旅情ミステリー (JOY NOVELS Best Sellection 木谷恭介自選集)

木谷 恭介 (著)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

紙書籍

926 ポイント:8pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

阿寒湖畔で喫茶店を経営していた青沼ふき子が殺された。彼女は27年前、記憶を喪失したまま雄阿寒岳で発見された謎の美女。近くには、彼女と愛人関係にあったホテルオーナーの死体が...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

阿寒湖畔で喫茶店を経営していた青沼ふき子が殺された。彼女は27年前、記憶を喪失したまま雄阿寒岳で発見された謎の美女。近くには、彼女と愛人関係にあったホテルオーナーの死体が。娘の美弥子は、ふき子がよく唄っていたわらべ唄を知っている女性が泊まり客のなかにいたことを思い出す。女は和歌山出身といっていた。宮之原警部を紹介された美弥子は二人で父とふき子の死の真相に迫るべく、現地を訪れると…。【「BOOK」データベースの商品解説】

阿寒湖畔で喫茶店を経営していた青沼ふき子が殺された。近くには、彼女と愛人関係にあったホテルオーナーの死体が。娘の美弥子と宮之原警部は、ふき子がよく唄っていたわらべ唄を手がかりに、和歌山へと事件の謎を追う。〔廣済堂文庫 2005年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木谷 恭介

略歴
〈木谷恭介〉1927年大阪生まれ。私立甲陽学園卒。浅草の劇団「新風俗」などを経てルポライターとして活躍。「赤い露の殺人行」で旅情ミステリーの分野に進出。著書に「広島水の都殺人事件」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.