サイト内検索

詳細検索

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1001-04)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 清き心は愛をつらぬき
清き心は愛をつらぬき(MIRA文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

清き心は愛をつらぬき (MIRA文庫 Heart Trilogy)

著者 キャット・マーティン (著),岡 聖子 (訳)

自立心旺盛な男爵家の令嬢リンゼイは新聞社で編集者として働いている。だがバイキングの末裔だという同僚ソルは、女は男に守られるものと信じる堅物で、二人はことあるごとに衝突して...

もっと見る

清き心は愛をつらぬき (MIRA文庫 Heart Trilogy)

946(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

清き心は愛をつらぬき

756(税込)

清き心は愛をつらぬき

ポイント :7pt / 紙の本より190おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自立心旺盛な男爵家の令嬢リンゼイは新聞社で編集者として働いている。だがバイキングの末裔だという同僚ソルは、女は男に守られるものと信じる堅物で、二人はことあるごとに衝突していた。ある日リンゼイの弟が殺人の容疑をかけられ、彼女は調査のために舞踏会に潜入した。するとそこへ、見たこともないほどハンサムな男性が現れた。ソルだ!戦士のように鍛えられた体は優美な夜会服に包まれ、顔には思いがけず気遣わしげな表情が浮かんでいる。そのときリンゼイは気づいた。考え方も住む世界も違う男に、惹かれている自分に。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ハートフルなシリーズの第3作

2009/12/06 09:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:斜麓駆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ハート・トゥー・ハート」新聞社の社主と記者の3人をヒロインにしたハート・トリロジーの第3作。
 第1作「気高き心は海をこえて」(原題直訳では「名誉の心」)では社主でもあるクリスタがドローグル島からやってきたリーフがイギリス貴族社会になじむまでマナーを指導しているうちにリーフに惹かれ結婚するまでを,第2作「熱き心は迷宮を照らし」(原題直訳では「火の心」)ではクリスタの親友コラリー(コリー)が行方知れずの異母姉ローレルの死の謎を突き止めようとトレメイン伯爵グレイの元に潜入し,ついにグレイの愛を得ていくまでのスペクタクルを描いています。
 第3作にあたる本作は,第1作・第2作でも登場するリーフの孤独な弟ソロルフ(ソル)とクリスタの親友で新聞社の記者でもある勝気で美しい乙女リンゼイ・グレアムのミステリー風味の強いヒストリカル・ロマンスで原題直訳では「勇気の心」となるでしょうか。

 ロンドンでは夜の勤めを生業にする女性たちが連続して殺害されるという事件が起き,リンゼイの弟ルーディが現場付近で目撃されていることから,男爵の子弟でありながら警察に逮捕されてしまいます。弟の無実を信じるリンゼイはクリスタ夫妻やソルの助けを借りながら,探偵とは違った方法で果敢に夜の街に繰り出し,弟の無実を晴らすための聞き込みや証拠探しに乗り出します。ソルは勝気でスタイルのよいリンゼイとは真逆の女性が好みだったのですが,いつしかリンゼイこそが生涯の運命の人と気づきます。でも自分にはリンゼイと見合う財産も身分もありません。自分の心に言い聞かせ,なんとかリンゼイをあきらめようとしますが・・・

 シリーズを通して,女性の自立と社会の下層で生業を営む人たちへの暖かい視線が描かれ,作者の暖かさが伝わってきます。また,シリーズを通して登場するディー伯母やインド人のサミール,馬丁たちなど,ヒーロー・ヒロインを支える魅力的な人たちが登場し,硬直化した上流社会の考え方に対する批判を底流に匂わせながら,新しい社会への期待を抱かせる明るい想いをところどころにちりばめた,とてもハートフルなシリーズになっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する