サイト内検索

詳細検索

紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

知の現場

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-04361-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

知の現場

著者 久恒 啓一 (監修),知的生産の技術研究会 (編)

さまざまな分野で活躍する「知の職人」21人を取材し、その生き方や、仕事の進め方・情報の接し方・テーマの選び方といった知的生産の技術を紹介する。【「TRC MARC」の商品...

もっと見る

知の現場

1,728(税込)

知の現場

864(税込)

知の現場

ポイント :8pt / 紙の本より864おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さまざまな分野で活躍する「知の職人」21人を取材し、その生き方や、仕事の進め方・情報の接し方・テーマの選び方といった知的生産の技術を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

常に問題解決型思考で臨む 寺島実郎 述 16−25
1冊のノートさえあれば情報の整理ができる 奥野宣之 述 26−35
知とはイーグル・アイで考え、人と会って話を聞くこと 北康利 述 36−47

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.6

評価内訳

ワンランク上を目指す人は「勉強法」の本もさることながら、こういった「知的生産」の方法論からワザを"盗み取る"べきだ

2010/02/25 10:51

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「知的生産」にかんする本はいまではたくさん出版されているが、この本は老舗である「知的生産の技術研究会」によるものだ。通称「知研」は、現在ではNPO法人になっている。
 「知的生産」において革命的な影響を与えた原典である、梅棹忠夫の『知的生産の方法』(岩波新書、1969)以来すでに40年、「知的生産」の担い手は学者から、一般のビジネスパーソンへと大幅に拡大されて今日に至っている。

 最近はビジネスパーソン向けの「勉強法」のノウハウ本も多いが、ワンランク上を目指す人は「勉強法」の本もさることながら、こういった「知的生産」の方法論を真似てみることが重要だ。なぜなら、どんな分野でも、仕事とはアウトプット以外の何者でもないからだ。身近に「知的生産」の人がいれば直接ワザを"盗み取る"のが一番だが、そういう環境にない人は、こういう本から"盗み取る"のが手っ取り早い。
 この本では、登場する21人を、「書斎派」、「フィールド派」、「出会い派」、「場所を選ばない人々」の4つのカテゴリーに分類しているが、これはあくまでも便宜的なものだと考えるべきだろう。「知的生産」に携わる人は、何らかの形でみなこの4分野にあてはまるからだ。実際に読んで確かめて欲しい。
 
 どんな人でも仕事をしている限り、自分の「現場」(フィールド)をもっている。"評論家"にならずに、本当の「知的生産者」になるには、自分の「現場」をベースにして、それをいかに知見まで高めて、アウトプットとして仕事に反映していくかが問われているのである。そういう仕事への取り組みをしていれば、論文にもなるし、本にもなる、ということだろう。

 そのための具体的な方法論(ワザ)を本書から盗み取ればよい。
 ただ欲をいえば、新しい世代の、情報技術を使いこなして「知的生産」に従事する事例を大幅に増やして欲しかったところだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/16 13:17

投稿元:ブクログ

「知の現場」には常に人と人との会話がある。結局は人とのコミュニケーションが一番大事ということ。自分自身で考えることも。

2011/03/29 06:46

投稿元:ブクログ

インタビューから構成。それぞれに登場人物の考え方の筋道を示す図が掲載されていて分かりやすい。こういう図がスラスラ描けるようになれたらいいな、と思った。

2012/12/20 07:37

投稿元:ブクログ

12093.

「あなたにとって知の現場はどこか」「知的生産術は」という問いに知識人が答える。掘り下げは浅いが。

2010/05/30 07:43

投稿元:ブクログ

エッセンスは以下のとおり。
知識生産とは問題解決だ。
不条理に対する怒り、問題意識が知識生産活動につながる。
アウトプットのためには、とにかく書いてみること。
語学では基本文を覚え、後は臨機に変えていく。
テクニック覚え、型を身につけ、後は応用。
違った視点で考えよ。
ウォールストリートジャーナルを読め。
英語は必要。日本は閉鎖社会で世界情勢に対応できていない。その現況はハイさ的なマスメディアにある。
徹底してアメリカの資本主義ロジックを学べ。
歩くことは、脳の活性にとっても大切なことだ。
今は情報収集よりも、いかに取り入れるか、情報の切り捨て方が大事だ。
思考では視座が大切。
知識生産とは謎解きだ。
管理規制がIT活用に機会を奪っている。
タイムマネジメントできないと仕事にならない。
能力を超えた仕事を引き受けて、初めてタイムマネジメント能力が身につく。
とにかく書いてみる。
経済月刊誌「tumble」を読め。
文章は重一kたことをどんどん書くこと。辞めたら駄目だ。
読みやすいように段落は5行以内にする。
情報は質より量。いつか両画質に転化する。
継続するためには、ルールは最低限度にしなければならない。

2010/02/06 13:15

投稿元:ブクログ

小山龍之介

1)良いアイデアは、新しい「組合せ」の見つけ方

EEEPC
低価格を実現するための
64G SDD + 250G Webストレージ
ポメラ 
QRコード

など、「斜め上からのアイデア出し」
「解決方法」がだせるか?今後の課題。


2)編集者(エディター)としての能力が、ライターには必要。
=「伝える能力・伝わる能力」

久米信行
1)「無記」・・・特定の価値観に捉われず、善悪両面に気づくこと
仏教思想

2)観察力、考察力を高める方法
UTPUTから始める。携帯ブログなどで
「実名」で情報発信を始めれば、強制的に
観察力が高まり、考察力、伝える能力があがる。

3)ヨソモノ、ワカモノ、バカモノ
しがらみも予備知識もなしに、ありのままを見つけられて
良くも悪くも無責任に斬新な発想がだせる。


小飼弾
1)成功は、まだ失敗していない状態のことをさす。
2)無意識的に「本番=他者が要る状態」を増やす。
それが、一番学習効果が高い。
3)共通項を見つける=普遍性
 共通項がわかれば、そこに足りないものに気づく。
 あるものが見えるのは、素人でも見える。
 見えないもの、ないものが、わかるのがプロ。

寺島実朗
1)演繹法、帰納法は、無能かというとそうではないが、
 そんなことは、とっくに誰かが誰かが考えているということ。

武者陵司
1)40億人の英語世界
 「英語」圏の住人は、40億人。40億人の市場、可能性を
 英語ができないことで逃がすことになるか???
2)知性とインテリジェンスの塊=「金融」
 「金融」の最たる事例が、ウォール・ストリート・ジャーナル
 「ウォール・ストリート・ジャーナル」も勿論、英語。

2010/06/13 21:51

投稿元:ブクログ

情報収集というのは、その相関の中で無限に拡大していく関心と好奇心を持ち続け問題意識を絶えずその時代のテーマに引き寄せていくという緊張関係の中でしかできないこと。
問題意識というものを軸にして、そこから四代に関心と問題意識が絡みあいながらスパイラルのように情報量が拡大して深まる。
知的生産とは掘り下げて考えること。

2010/01/10 21:55

投稿元:ブクログ

今、知的な本を多数出版されている方々が21人も語られるインタビュー集。

・自分はどうやって時間がない中、
 工夫をして著述や仕事をこなしているのか、
・豊かな生き方とは何か、
など、私の知的好奇心を満たしてくれる内容が盛りだくさん。


生き方に関する名言も多く、
山田真哉さんの項目の老子の話を読んで感動し、
新井満さんの「自由訳老子」を購入して
道(Dao)の生き方を参考に人生を見直してしまったほど。

リスク管理やITを活用して生活を豊かに効率化する方法など、
現在の日本の知性の最先端を垣間見てわくわくした。

この本一冊だけではもったいないので、
登場する著者の本も同時に読んでみるとさらに理解が深まりそう。

山田さん他、久米さんや久恒さんの本などをさらに書いたし、
ただいま理解を深めるために読書中。

知研(知的生産の技術研究会)の会員になり献本していただいたのだが、
なんとも充実した一冊でした。
読みやすいのに内容は盛りだくさんですよ。

2010/04/11 02:27

投稿元:ブクログ

《4コマ図解・読書録゛(ログ)》No.103
http://archive.mag2.com/0000255083/20100116053000000.html
久恒啓一【監修】NPO法人知的生産の技術研究会【編】
『知の現場』 

2010/07/06 12:18

投稿元:ブクログ

いろいろな業界、肩書きの人が何を持ってどう考えているか、どう問題とせっしているか、その考えの一端にふれることができた。
でも男性だけだったのは、ざんねん・・・

2010/05/17 12:15

投稿元:ブクログ

通読が終わった。様々な分野の方達が知的生産技術についての定義付けや実践方法などを紹介しており、十人十色の意見が盛り込まれている。しかし、根底で共通することは、多くの方が述べられている「知的生産=問題解決のための手段」であるということ。知識や教養は多いに超したことは無いが、有限の時間を有効に活用するには、まず解決すべき問題点がはっきりしており、それに向けてどういった知識や技術がそれを解決してくれるかということに頭を使うことを説いている。
今度は、自分のフィールドや共感を受けた筆者を中心にもう一度じっくりと読んでみたい。

2011/02/25 05:28

投稿元:ブクログ

梅棹貞夫の知的生産の技術の研究会、40周年の記念の本。

「要するに今私たちも含めて、年々歳々若い人達は「圧倒的な不条理」に向き合ったことがない。」

「情報収集というのはその相関の中で無限に拡大していく関心と好奇心を持ち続け問題意識を絶えず、その時代のテーマに引き寄せて収斂させていく、という緊張関係のなかでしかできないことなのです。」

「人のコミュニケーションとリスク管理」

「知識、常識、見識、美意識、発信、受信、共振、疑心、確信」

「株をもらって守りに入るより、ガレージから商売を始めている人のほうが眼は爛々と輝いているように、ボクにはそれがいい。ワクワクすることが好きだ。」

「日本には百説という言葉があって、なんでも100を越すとあるレベルを超えるといわれています。」

「無理な仕事を引き受けることが時代管理の達人への道」

「早引けを せし教え子は 田にありて
 夕日を浴びて 稲を刈り居る」

「日本ではシリコンバレーでは寝る間も惜しんで働くという雰囲気がありますが、シリコンバレーでは誰もが楽しげに仕事をしていた印象的でした。」

「本を2年間出していませんが、それも世の中の声が聞こえてこないからです。」

「日常的に、これは必要だな、面白いなと感じたものは、確実に押さえます。ストックする場所DBは用意してあるので、そこに入れるだけです。」

2012/09/04 21:27

投稿元:ブクログ

知の現場というほどの場所を持たず、
また使ってもいないからか全体的に世界が違う感が漂い、
あまり共感できるものがなかった。

望月照彦氏の
「情報整理よりばらまいておく」
というのが斬新でした。周りの人間にもばら撒いて、
必要なときにその人に聞く。

また結果を気にせずにアウトプットをまず出す。
という意見も多かったので参考にしたいと思います。

2012/03/18 11:15

投稿元:ブクログ

知的労働者が現代の産業を支えているのは間違いない。そのエリートたちに丁寧なインタビューを行い、知の現場とは、知的生産過程や思想をそれぞれ図解しまとめあげた本。NPOとして知的生産啓蒙に取り組んでいる、気になる会社(*☻-☻*)

2011/01/15 21:15

投稿元:ブクログ

そもそも「知的生産」とは?それは人によって「よりよく生きる」ことであったり、「問題解決」や「新しいアイディアの創出」であったりする。現在の代表的な知的生産者がどのような手法・考え方で知的生産を実践しているかをインタビュー形式で掲載。今後自分がアウトプットを増やしていこうとする際に非常に役立つ本。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む