紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

シアター! 1(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1,003件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

シアター! 1 (メディアワークス文庫)

著者 有川 浩 (著)

小劇団「シアターフラッグ」—ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金...

もっと見る

シアター! 1 (メディアワークス文庫)

659(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小劇団「シアターフラッグ」—ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

「制作ってより鉄血宰相じゃないの」 会社員である春川司は...

ジュンク堂書店福岡店さん

「制作ってより鉄血宰相じゃないの」

会社員である春川司は、弟の巧に泣きつかれ巧の主宰する劇団「シアターフラッグ」の負債、しめて300万円を肩代わりすることに。その代わりにと司が劇団員たちに突きつけたのは「2年間で劇団の収益のみで300万円を返すこと。出来なければ劇団を潰す」という条件。新生「シアターフラッグ」の挑戦が始まる……。

図書館戦争シリーズの有川浩による、小劇団「シアターフラッグ」の面々のどたばたを描いたエンターテイメント作品。有川浩お得意のラブコメ要素もしっかりと盛り込まれており、非常に笑えて楽しめる小説に仕上がっています。

この話の肝は多彩な登場人物たち。特に中心となって描かれるのは「鉄血宰相」春川司。作中の人物の中でトップクラスの常識人のはずなのですが、ちょいちょいこちらの思考の外の行動を起こしてきます。お金、大事です。

冒頭のセリフは劇団員の一人、秦泉寺の一言より。記念すべき「鉄血宰相」命名の瞬間である。

ジュンク堂書店福岡店では2012年7月よりメディアワークス文庫の売場がコミックコーナーから文庫コーナーに移動しておりますので、是非お立ち寄りください。

文庫 崎村

みんなのレビュー1,003件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

演劇で真剣に生きる

2009/12/16 08:12

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 借金300万円を抱え解散の危機を迎える小劇団「シアターフラッグ」。劇団を主宰する春川巧は、子供の頃からずっと世話になりっぱなしの兄である、春川司に借金を頼みに行く。司が出した借金の条件は、二年間のうちに劇団の収益のみで借金を返済すること。
 声優である羽田千歳を迎え、お金の稼げる劇団を目指すことになったシアターフラッグは、鉄血宰相・司の下で経営再建(構築?)に乗り出していく。

 作者が仕事の関係で知り合った人から、次の仕事のネタを拾っていく。物事が上手く回る時は、こういう良いサイクルが発生するのだろう。その結果生まれたものが面白いならば、さらに文句はない。
 演劇の内容自体というよりも、劇団が生息する業界、劇団内部の人間関係や演劇に真剣に向かい合う人々の姿を描いた作品だと思う。劇団の常識を一般社会の常識で塗り替えていくのだけれど、全てにそれを押し付けていくのではなくて、演劇の世界と経済の世界の境界線をきっちりと引いて、そこを踏み外さない。司の理解の良さとバランス感覚が巧みだ。

 演劇さえやれていれば幸せというか、演劇にひたって夢を見ていられれば良いと考えていた人たちが、劇団解散の危機をきっかけに演劇で生きていくための術を知る。あるいは自分のいる場所を作っていく。その出発点の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

崖っぷち劇団に開幕のベルが鳴るまで

2010/01/02 17:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る


いやはや、お見逸れ致しました有川浩先生!実に面白かったです!!
【シアターフラッグ】と言う名の小劇団が、趣味のサークル的活動から一歩を踏み出して、

自分たちの造り出す芝居でお金を稼げる位になろう!と方向転換した時に起きたのは、
劇団員の半分が脱退する騒ぎと、それまでの制作から突き付けられた、

『立て替えていた赤字・300万円返却して下さい、
でないと訴えても良いですよ』的な最終通告の2つ。「劇団潰れちゃうよ…」

弱り果てた主宰者巧が泣きついたのは、兄の司。兄は『いっそ潰したらどうだ?』等と、
弟及び演劇界に蔓延る社会常識の無さ、甘さについて糾弾した後、

『期限2年、その間に劇団が上げる収益だけで300万円返済してみせろ!』要求します。
騒然とする劇団員達。それもそのはずで、2年の間に、

自分達を値段の付く商品にしろと命令されたと同じ様な訳ですから。
改めて自分達にとっての劇団【シアターフラッグ】とは何か?

これからの劇団はどうなるのか?について思いを巡らせるメンバー達。
そもそも、今回主宰である巧が劇団の方針転換を決意したのは、プロの声優である羽田千歳が、

自分達の舞台に感動し入団して来たから。とは言うものの、
団員の全員が方針の転換に心から賛成していた訳ではなく、内心、

千歳が入団したばっかりに巧が下手な野望を持ち始めた、自分は楽しく芝居が出来れば、
それで良かったのに…。と思っている人間もいて。あぁ、そういう風に後先の事を考えずに、

青春の延長戦みたいな日々を過ごしていたいって気持ちわかるなぁ、なんて大いに共感しました。
でも、現実を生きる上で、社会の中夢を見るって事は時として、シビアな現実と化したりもする訳で。

なので最初、巧の兄司が違和感を覚える演劇界の常識こそ、
世間では非常識であることが厳しくチェックされる箇所は読んでいて少々辛かった。

けれど、司が1番の巧ファンであることが透けて見える描写が続き、俄然この【鉄血宰相】
の仇名で呼ばれる男の存在が、頼もしく心強い物へと変わった。

美しい兄弟愛、だからこそ、胸に秘め自ら悪役を買う。中々やれるもんじゃないと思います。
それに同調するかの如く進化と深化をしていく劇団【シアターフラッグ】の面々。

メンバー各人のキャラクターの描き分け方も適材適所って感じで、その関係には隠し味として、
互いに対する恋心もまぶされていて…。いつの間にか、読んでいる自分が、

気付かない内に劇団の裏方として、公演に向けて活気付く劇団の様子を
応援している様な熱い想いまで沸いて来ます!!

さぁ、貴方も【シアターフラッグ】の素敵な面々と一緒に
ハラハラ・ドキドキ、してみませんか?もうすぐ、幕が開きますよ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鉄血宰相がすばらしい!

2016/05/28 07:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人気はあるものの経済観念ゼロの劇団シアターフラッグ。300万円の負債の返済を立て替えた主催の兄・春川司が出した条件はとても厳しいものだったし、素人のサークルのノリだった劇団を商業劇団に成長させるカンフル剤にもなっていると思う。そこかしこに劇団を主宰する泣き虫ダメ男・春川巧への愛情がにじみ出ていて、ほっこりします。
他の登場人物のキャラも面白く、くっきりと立っていて、ドラマ性とリアリティーに深みを増しているところも素晴らしい。
語りのテンポの良さも、ナイスです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これは、おすすめ

2012/06/20 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リゲル - この投稿者のレビュー一覧を見る

対照的な性格の兄弟はじめ、役者の面々のキャラがしっかり立っている。
話もテンポよく進み、一気に読み進んでしまった。演劇の世界が背景としてしっかり現実感をだしていてる。その中で、個性的な面々が感情豊かに描かれている。軽く読めて、笑いながら感動してしまう有川作品の傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

メタ演劇小説の秀作

2012/06/10 12:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yosh - この投稿者のレビュー一覧を見る

小劇団シアターフラッグを主宰する春川巧(はるかわ たくみ)は、300万円の累積負債を抱え、劇団存続の危機に直面していた。幼い頃から陰になり日向になり、時には庇い時には支えてくれた兄の司(つかさ)に融資を泣きついたところ、兄は劇団員の前でこう宣言する――「今日から俺が債権者でシアターフラッグが債務団体だ。今から二年で返せ。劇団が上げた収益しか認めない。――返せなかったらシアターフラッグを潰せ」。皆が舞台に立って楽しく演劇活動を続けられれば是とし、サークル活動の延長のノリでやってきたシアターフラッグは、これを機に演劇で食っていく「プロ」としての道を歩むことを否応なく促される・・・。
 とまあ、設定は前作『フリーター、家を買う。』同様幾分シビアだが、一旦物語が動き出した後は、有川浩ワールドのめくるめく展開に心地よく身を委ねていればいい。芝居に関わること以外はまるで不器用で世間知らずな巧と、劇団員から「鉄血宰相」と恐れられる司の関係に、『図書館戦争』の郁と堂上を重ね合わることも可能だ。
 モラトリアム人間が困難に直面し、それを克服することで大きく成長する「ビルドゥングス・ロマン」。個性とアクの強い人間集団が、幾多の衝突と融和を経ながら有機体のように育っていく「群像劇」。そして、実在する小劇団に取材することで、演劇の現場をリアルに描き出した「メタ演劇小説」。本作は、かくも多彩な要素が多層的に重なり合い、と同時に主役は無論のこと脇役も実に生き生きと楽しそうに飛び回っている。
 勿論、会話の上手さは言わずもがな。脚本の上りが遅い巧が司に詰られ、巧が切羽詰まって井上ひさし(本文中では「井上ヒトシ」となっている)を引き合いに出して遅筆を正当化しようとすると、司は巧をこう罵倒する――「よりにもよって業界のてっぺん持ってきて言い訳する奴があるか!向こうが神だとしたらお前なんか脊椎発生以前の昆虫だろが!」(P117)。イヤ~、何とも凄まじい台詞。でも、思わず吹き出してしまった程上手く、実際に舞台の上で役者に言わせてみたくなる、キメ台詞ではなかろうか。
 その逆もある。司が土曜夜公演完売を告げた時の劇団員の欣喜雀躍ぶりを見て、司はこう心で思う――「圧倒的な歓喜の表情は最後は涙にたどり着くのか。たった一人でそれを傍観しながらそんなことを思った。テレビの中なら見たことがある、しかしその光景は多くの人間にとってフィクションだ。テレビで見たことがあるから知っている、という程度の。関わった全員で驚喜し、はしゃぎ、泣き出すようなことを、一体どれだけの人間が死ぬまでに経験するだろう」(P218)
 演劇という未知の分野を手掛けても、まるで以前からこういう素材を手掛けていたかのように手練れの筆致を見せる有川浩。彼女の才能には瞠目するのみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スポ根演劇!?

2010/01/21 08:45

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに読んだ有川作品だが今回は劇団モノ。
しかも人気はソコソコ在りながらも本人たちには自覚が無く、降って沸いたような300万という負債額に存亡の危機が迫っている「社会人」としては小学生並みの甘ちゃん劇団が、2年間で見事復活をとげるかどうか!?という青春映画のような、ある意味ベタでオキマリなストーリーだ。どうせまたうざいくらいの恋愛モノが入り混じった青春真っ只中、暑っ苦しい根性モノなんだろうな~(もちろんいい意味で、だ) と思いきや、いやいや、、どうしてどうして。もっと単純に率直に、ライトノベルらしい面白さで十分に楽しませてくれた。

文庫での書き下ろし、しかもラノベというところがまた上手い。誰でも手に取りやすい分野と価格、さくっと読める分量と文字の大きさ・行間の広さ(笑)、専門用語を入れない解りやすい内容と一般離れしない「当たり前のことをして当たり前の売り上げを作る」という数字。
おや?これって当の劇団「シアターフラッグ」の在り方、コンセプトそのままじゃないか?

「どんなジャンルであっても客層を広げる可能性を持っているのは玄人好みの商品ではない。素人がカジュアルに楽しめる商品だ・・・それを軽んじる業界は廃れる。」(p190より)

おやおや、これってもしかして著者自身の本音だったりもしますか?などとかんぐってみたりする。

著者本人が「あとがき」にも記しているようにこのストーリーを掴んでから3ヶ月弱で書き上げたのだから、素人が付け焼刃の業界知識で書いたに等しい。だから当然内容も浅いし、演劇の奥深くまで掘り下げてるわけでも、メディア的な背景や演劇界の厳しさがさほどリアルに描かれているわけでもない。 それでも多くの読者はきっとこの本に、劇団「シアターフラッグ」の彼らに感情移入せずにはいられないはずだ。有川作品の魅力は専門用語でも詳細な知識でもマニアックな楽しみでもない、それを感じさせないくらいノンストップなノリと、個性豊かなキャラクターたちの絡みと、彼ら個々人の悩みや背景(事情)がうまくミックスされていてひたすら始終楽しく面白くよおめるというところにある。だから「素人がカジュアルに楽しめる商品」としてこれだけの人気を維持し続けることが出来るのだ。

さて、本編だが。
よく言えば仲の良いアットホームな、悪く言えばやりたいことだけやって自己満足しているお子様集団「シアターフラッグ」だが、主宰&演出の巧が、声優などで名前が知れているプロの千歳の入団によって「上」を目指しだしたことからバランスが崩れ経理が退団、借金300万が降りかかった。甘え上手な巧が頼った兄・司は借金を用立ててくれたが、自ら経理を徹底管理しそれでも2年後全額返済できなかったら劇団をたたむ条件を突きつける。コレで身を滅ぼした父を見ているだけに弟を何としても演劇から足を洗わせたいのだ。
とはいえ、なんだかんだ言いながら司はあらゆる手で経理から集客までを見直し、あっという間に立て直していく。
そしてそんな守銭奴管理の下、ネームバリューと声色だけはある期待の新人・千歳と、イジメられていた幼少期に鍛え上げた脚本力の巧、そんな彼を偲ぶアネさん看板女優、神経質なペシミストに浪花節、熱血漢にうっかりモノ・・・本当に個性的な彼らが始終読者を楽しませてくれる。

欲を言えばもう少し其々の事情を細かに丁寧に描いてくれれば、其々の役者にファンがついたのに・・・と、いつの間にか読者は観客になっている。でもそこは「2巻」に続いてくれることを願おうではないか。
何しろ、有川作品の得意分野?な「ラブラブ」が何一つ成就していないのだ。コレは続か無くてはいけないだろう(笑)

今回の焦点は巧と司、そして千歳の3人に絞られた。
仲でも千歳と司の、かまってもらえない哀しさ、入り込めない寂しさ、にはけっこう共感できる人、特にダメダメな弟・妹を持った兄・姉さん方がいるのではなかろうか。
その辺りもかなり美味しい要素である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白く読めました

2016/02/01 20:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とうもろこし - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々な困難を乗り越える劇団員たちは読んでいて応援したくなりました。笑えるような話もたくさん出てきて、とても面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次の公演が待ち遠しい

2015/03/22 05:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもと雰囲気が違う有川さん。ベタ甘でも自衛隊でも強烈なキャラがいるわけでもない、だけど引き込まれるのはなぜだろう。司は世話を焼きすぎる典型的なお兄ちゃんタイプ。巧は甘え全開の末っ子のように見えて実は芯がしっかりしているのかもしれない。兄弟が生まれ変わらせていく「シアターフラッグ」の次の公演はいつ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これで終わりじゃ勿体ない!是非、シリーズ化を!

2009/12/31 21:32

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nyanco - この投稿者のレビュー一覧を見る

電撃文庫を読んで大人になった読者のためにMW文庫創刊!
有川さんの書き下ろしは、もちろんこの目玉。

引き出しの多い有川さん、今回は劇団ですか!
図書館シリーズ絡みで知り合った劇団員さん達に触発されて描いた、なんていかにも有川さんらしい。

内弁慶の弟・巧が主催する劇団「シアターフラッグ」は、借金と団員減が原因で解散の憂き目に…。
今回も巧は、兄・司に泣きつく。
司の出した条件は、「興行として成功させ、300万を2年で返済しろ、それが出来なきゃ、劇団は解散する!」
黒字を出せないような劇団なんて潰してしまえ!
借金を抱える10人の劇団員と鬼の鉄血宰相。
キャラはやっぱり巧い。

折り込みでキャラのイラストと茅原によるニックネームのおまけつき。
これが、とっても助かりました。
登場人物を覚えるのが苦手な私は、これをベロ~ンと長く出したまま、全編を読みました。
イラストで、彼らのビジュアルが加えられ、更にキャラクターに肉付けされてGOOD!

兄・司のスーパーぶりが凄い!
これで会社で仕事もしてるなんて、信じられませ~ん。
何とも魅力的なキャラクター達。
まだまだ活躍し切れていないキャラも多いから、これはシリーズ化?

さっくりと軽く楽しめました。
ちょっぴり物足りなさもありますが、シリーズ化されるとしたら、敢えて序盤は軽めに・・・でもいいじゃない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです。

2015/03/29 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

テンポよく読み進められるお話でした。今のままでも十分楽しい、という気持ち、ダメだと突きつけられたくない、という気持ち。そして、その場で深く満足することもできるし、自分次第でどこまでも追求できる、広がりのある世界。どれが正解かもわからないし、ある意味どれも正解な気もします。そんな中で、覚悟を決める物語、だと思いました。楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/06 16:38

投稿元:ブクログ

楽しくて、時には泣けて、一気読み。
テンポのよい台詞で、ぐいぐい引っ張っていく。
劇団再生の物語なのに、司が主人公に思えるのは、私も「作り手」側ではないからか。
皆でものを生み出す楽しさを、ともに味わえた。
既に続編も出ているそうで、そちらも読みたい。
http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-91e4.html

2010/01/19 22:55

投稿元:ブクログ

大変読みやすくていいと思います。
兄ちゃんが大変好み(笑

演劇を文字で表現するのは難しいと思うし、だからやっぱり分かりづらい部分も。

王道で楽しめます。

2013/04/16 22:37

投稿元:ブクログ

たぶん絵が好みじゃなかったので避けてたんだけど、もう他に有川作品で読む物が無いのでついに購入。一気読み。

2015/09/21 08:42

投稿元:ブクログ

久しぶりに有川さんが読みたくなって図書館へ行ったついでに借りてみた。うーん,劇団ってこういうもんか,と息子に聞いたら,2が出てるっていうんでなるほど,です
あまり,甘々,軍オタでもない本です。

2010/06/22 19:35

投稿元:ブクログ

+++小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。+++
学生のサークル乗りで、丼勘定のアマチュア小劇団・シアターフラッグの物語。しっかり者の兄・司といじめられっ子体質で甘えん坊の弟・巧のキャラクターが、お約束のようだがとてもいい。大方の予想通り、司という鉄拳宰相を得たシアターフラッグは、上手くいくかに見えたところで危機に直面し…、、という涙あり笑いありの物語なのだが、それに有川テイストが織り込まれていてとにかくいい。無条件で愉しめる一冊である。

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む