サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コミックエッセイ
  4. シブすぎ技術に男泣き! ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ
シブすぎ技術に男泣き! ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 62件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:21cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8061-3604-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

シブすぎ技術に男泣き! ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ

著者 見ル野 栄司 (著)

「たとえ報われなくても、いいものがつくりたい!」 理工系漫画家がものづくりの現場を体当たり取材し、ものづくり日本を影で支える男たちの姿を漫画で紹介する。『リクナビNEXT...

もっと見る

シブすぎ技術に男泣き! ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ

1,028(税込)

【期間限定特別価格】シブすぎ技術に男泣き! 1

514(税込)

【期間限定特別価格】シブすぎ技術に男泣き! 1

ポイント :4pt / 紙の本より514おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「たとえ報われなくても、いいものがつくりたい!」 理工系漫画家がものづくりの現場を体当たり取材し、ものづくり日本を影で支える男たちの姿を漫画で紹介する。『リクナビNEXT Tech総研』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

見ル野 栄司

略歴
〈見ル野栄司〉1971年生まれ。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。理工系漫画家。半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の会社に勤務した後、漫画家としてデビュー。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー62件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

いやあ、それにしても実にシブい!久々に面白いマンガを読ませてもらった。

2010/04/27 16:32

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 半導体製造装置やアミューズメント機を設計していた経験をもつ、メカトロ分野の設計エンジニア出身のマンガ家が、機械設計のエンジニアと「ものつくり」の中小企業の現場の世界を描いたガテン系マンガ。技術と生産だけでなく、営業やお客とのからみも、人間関係を軸に描いているので実に面白い。

 私はエンジニア出身ではないのだがが、機械部品の世界に身を置いていたことがあるので、リアリティにあふれたこのマンガを読み終えたいま、ぜひいろんな人にすすめたい思いでいっぱいだ。この世界に関わっている人はもちろん、この世界を知らない人こそぜひ読んでほしいと思う。いやあ、それにしても実にシブい! 久々に面白いマンガを読ませてもらった。

 研究開発から試作設計、そして量産へ、というのが通常のメーカーでの仕事の流れだが、このマンガにも描かれているように実際は試作段階でお蔵入りというケースが多いのだ。また中小企業では、エンジニアも納品や機械の搬入据え付けにかり出されるし、不具合やトラブルの解決には縁の下の力持ちとしてかかわっている。
 こうした作業服を着た男たちの世界が日の目をみるのはうれしいことだ。
 
 メカトロとはメカトロニクスの略、メカニクス(=機械工学)とエレクトロニクス(=電子工学)が合体したメカトロニクスは実は和製英語で、日本のお家芸そのものであったのだ。日本がいかにして「ものつくり大国」になったのかを知る意味で、このマンガはぜひ日本人だけでなく、アジア各国でも翻訳されて読まれてほしいと思う。

 とはいえ、日本からこうした風景がだんだんと消えていくのかもしれないと思うと、なんだか寂しい気がしなくもないのだが・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/02 11:56

投稿元:ブクログ

日本の土台は「ものづくり」
そんなものづくりの現場に立つ人たちを、自身もものづくりに携わってきた経験から取材し、レポートしてくれる見ル野氏。
とても興味深い一冊です。

2011/02/16 22:56

投稿元:ブクログ

こっちが感心する前に語り手が泣いてしまうと、男って泣き虫だなあと思います(笑)
書き手が感動しすぎ、読者が置いて行かれるきらいはありますが、それも定型と割り切れば、内容はその道の人(元メカトロニクスエンジニア)ならではで、異色のマンガだと思います。

2011/08/29 15:56

投稿元:ブクログ

製造現場を知れるっていう意味ではまあまあ面白いんだけど、もっといろんなところの取材話を多く読みたかった。それは2なのか? ちなみに、フキダシの中は書き文字じゃないほうが読みやすい気がする…あと誤字がけっこう多い・・・

2010/08/13 10:48

投稿元:ブクログ

コンセプトは悪くないし、好きだけど…
もうちょっと突っ込んだ内容を勝手に想像してた。
ホント、さわりだけって感じ。
シブ過ぎってほどでもないし。
ノリがほとんど「カオスだもんね」のマネだしね。

日経エレクトロニクスとか業界新聞読んでた方が全然興奮できる。

2010/11/27 20:33

投稿元:ブクログ

ハードもソフトも変わらん部分があるなあと思った。最近仕事についてよく考えるが、1エンジニアとして、元気をもらった。

2010/05/27 20:40

投稿元:ブクログ

かかかかかかっこいい!!!!!!!!

その辺のビジネス書百冊束になって挑んでも、この本には敵わない!
技術者、かっこいい!!!

2010/05/03 06:03

投稿元:ブクログ

ものづくりをする男の話、といっても、マンガです。
主人公は、メカ設計者だ。
マニアックな世界の話ですが、面白いです。
Tシャツプリクラ、ワールドテーブルサッカーなどなど、どれも一品装置だ。
本にはでていない、苦労をしていると思うが、やりがいがあるだろう。

少しうらやましいと思うのは、わたしだけでしょうか。

真のものづくりを影で支える男たちの話ですね。

2010/06/05 21:38

投稿元:ブクログ

■概要
いわゆるモノづくり技術者、職人のアツい魂を描いた漫画。
新聞の広告欄に載っていて、以前より気になって仕方が無かった本。
ついに購入です。(笑)

■役立つ点
メーカー系のお客様との会話には役立つ、、かもしれません。
個人的には、実家がモノづくり系なので、旋盤だの切削加工だの鍛造だの鋳造だの、大好きなんです!

ほんと、職人渋い!!
と、我々の仕事も似たようなところがあると思ったり。。。

ふつうにマンガとして面白かったです。(はっせー)

2010/07/03 20:59

投稿元:ブクログ

日本のモノ作りを支えているのは、技術屋の皆様のおかげ。
何気なく使っているいろいろなものは
彼らの試行錯誤の上に成り立っている。
使いやすく滞りなく安全に作動するものをきちんと作る、
人々の生活に役に立つものを作る、
ということに重きをおく職人達。
儲けよりも、商品の出来に命をかける。
ネジ1本、穴1つ、やすりがけひとつにも技術がモノを言う。
こういう技術屋さんは、もっと評価されるべきだと私は思う。

あとがきの
“ハードをおろそかにすると時代が進まない気がします”
という言葉はまさに職人ならでは。
“日本はソフトが遅れている”とかだいぶ言われましたが、
受け皿のハードがしっかりしているからこその
ソフトなんだなぁと思わされました。

2010/06/02 19:48

投稿元:ブクログ

書店にて。中小企業のハード系エンジニアのエピソードを紹介しているマンガ。同じ技術者として、非常に共感できた。自分はソフト技術者なので、ソフト技術者バージョンも出して欲しい

2010/06/01 00:48

投稿元:ブクログ

元メカトロ系技術者の漫画家による
中小企業倒産の実体験と、
中小企業訪問の漫画。

「猫どん」さんで、紹介されていて
面白そうだったので買った。

実際、面白かった。

私もエンジニアで年代も同じなので
共感する部分は多かったが、
どちらかと言うと、普段お世話になっている
業者さんの実態を垣間見ている気がした。
よく工場に立ち入らせて貰うけど、
まさにこんな感じ。

で、やっぱりこういうのは非常に魅力的だなと思う。

生活考えないで済むんなら、
こういう仕事で飯が食いたいと思ってしまう。

まぁ、こそこそと仕事の合間に電子工作や
プログラムを組んだりしてる方が、
売り物作るよりも、よっぽど楽しいのかもしれませんけどね。

内容では、訪問の話よりも、
実体験の方が断然、面白く感じた。

ファミレスで、
「今日、集まってもらったのは他でもない。」
「わが社は、本日をもって倒産する。」
っていう、シチュエーションが笑える
Tシャツプリクラの話は面白かったけど、
個人的には、スカイゴールがツボった。

「ゴール」
「ゴゴゴゴ~ル」

のところが、
あと、

「ホッパーの音がいい!」

も笑った。

ところで、
本文中に西遊記の着ぐるみが
一瞬出てきますが、

あれは、伝説のPS実写格闘ゲーム
「悟空伝説」の着ぐるみに見えますね。

・・・・・・と言うことは、
ミルミルの務めていた会社って、
2000年に倒産したアルュメって事?

なるほど、あの会社なら、
うん、うん。
十分にありうる。

2010/02/28 01:08

投稿元:ブクログ

とりあげるエピソードの数をもっと絞って、1つ1つの内容を濃くしても良いんじゃないかなーと思った。でも、そんなことをしたら、軽く読むことができなくなっちゃうかなーとも。

2010/11/27 21:55

投稿元:ブクログ

何かを作る機会を作る人が、いかに苦労しているか、という…話?
乾電池を作った人の話も出てきたりで
知らない世界はちょっと面白かったです。

簡単に語られていますが、これ以上に
大変な思いをしているはずです。
こんな機会を作ってほしい、と注文している側からすれば
かなりの金額を投入してるはずですし、色々不具合が起きたら
呼び出しをするのは当然、な気もします。

積み重ねは大変だな、とも思いましたし
職人ってすごいな、と普通にも普通じゃない感心もできましたw

2010/10/27 12:32

投稿元:ブクログ

たとえ報われなくても、良いものが作りたい 
そんな男たちの涙と笑いのエッセイです。

ものづくり日本を影で支える男たちの言葉 

もっといいものを生み出せば必ず認められる 

図面をひき続けて50年老設計者より 
設計は思いやりだ 

六角レンチの回し方で 
そいつが何年目かがわかる 

コミックエッセイ ランキング

コミックエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む