詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

虐殺器官(ハヤカワ文庫 JA)

  • 発行年月:2010.2
  • 出版社:早川書房
  • レーベル:ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030984-8

文庫 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

虐殺器官 (ハヤカワ文庫 JA)

伊藤 計劃 (著)

紙書籍

778 ポイント:7pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

617(5pt) 虐殺器官

紙書籍より:161円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴ...続きを読む

ジュンク堂書店千日前店さん

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう…彼の目的とはいったいなにか?大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?ゼロ年代最高のフィクション、ついに文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

【PLAYBOYミステリー大賞(第1回)】【「TRC MARC」の商品解説】

書店員レビュー

ジュンク堂書店新宿店

これは血ぬられた青春...

ジュンク堂書店新宿店さん

これは血ぬられた青春小説か、それとも灰色の恋愛小説か?
静謐なカオス、想像力の鉛の弾丸(タマ)が貴方を必ずアップデートするッ!!

新宿店 文庫担当

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

本作は近未来の世界を...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

本作は近未来の世界を舞台に、大量虐殺を繰り返す謎のテロリストと特殊部隊に所属する主人公との戦いと葛藤を描いている。テクノロジーにより進化した部隊の戦闘を鮮やかに描き出し、映像を見ている様な感覚に五感を刺激される。まるで匂いまで漂ってきそうだ。
 作者が描いた、謎の虐殺器官が引き起こす大量虐殺、痛みを感じない軍隊、人間の行動を常に監視するセキュリティシステム、それを可能にするテクノロジー、そしてその世界で生きている繊細感情を持つ登場人物たち。そんな世界が妙にリアルに思えて、本当にそんな世界になってしまうのでは、と読み終えたあと私は何とも言えない不安感に襲われた。これは読む価値ありだ!
文庫担当 しみず

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(1,030件)
★★★★★(405件)
★★★★☆(350件)
★★★☆☆(139件)
★★☆☆☆(31件)
★☆☆☆☆(6件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

いま、ここにある地獄

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2011/02/20 22:46

評価5 投稿者:yjisan - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イスラム原理主義テロリストの手作り核爆弾によってサラエボがクレーターと化した近未来。先進諸国ではテロ防止を理由に、人や物の流れをITによって徹底的に管理・追跡する監視体制が構築されていた。今やピザを注文するにも、指紋による個人認証が必要なのだ。その甲斐あってか、先進国ではテロが一掃されたが、その一方で途上国においては、内戦や民族浄化による大規模虐殺が激増していた。

 覇権国家たるアメリカ合衆国は、世界で頻発する大量殺戮に対処すべく、虐殺を指揮している武装勢力の指導者たちを暗殺するための部隊を設立した。それが情報軍特殊検索群i分遣隊だ。彼等は特殊なテクノロジーとカウンセリングのおかげで、感情に左右されることなく冷静に任務を遂行することができる、殺しのプロフェッショナルだ。

 この組織に属するクラヴィス・シェパード大尉は、任務のために世界各地の紛争地域に潜入するうちに、それら全ての虐殺に、謎のアメリカ人、ジョン・ポールが関わっていることを知る。彼はどのようにして虐殺を引き起こしているのか? そして彼の目的はいったい何か? シェパードは虐殺の連鎖を終わらせるため、ジョン・ポールの暗殺に向かう・・・・・・


 現実逃避的なファンタジー作品が氾濫する当今、ここまで徹底して「いま、ここ」に拘った硬質なSFも珍しい。

 作者自らが語ったように「ちょっとだけ未来」を緻密に構築しており、その迫真性は類を見ない。グローバル経済、国際テロリズム、監視社会、特殊部隊、民間軍事会社、国際PR会社、少年兵、新植民地主義・・・・・・本作で描かれる悪夢の近未来世界は、私たちの世界の延長線上に、極めてリアルに存在しているのである。
 それでいて現在の世界情勢を表面的になぞった単なる国際軍事サスペンスではなく、これらの事象を素材に、進化心理学など現代の科学的知見をスパイスとして加え、「自我」や「良心」「実存」といった哲学的な領域にまで主題を掘り下げている。


 戦争小説であるにもかかわらず、一人称のナイーヴな語りという叙述形式を採った点は斬新。作中世界では「戦闘適応感情調整」という〈画期的な〉テクノロジーが生み出されており、作戦行動用にこの調整を施された主人公は、任務のためなら子供であっても何ら躊躇うことなく撃ち殺すことができる。任務終了後にPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされることもない。
 自己の責任の下に人を殺したという実感を持たない(持てない)主人公は、「罪と罰」を引き受けないが故に、決して成熟しない。内省的でありながら、どこか他人事のような主人公の淡々とした語り口は、悪魔的なテクノロジーの産物なのだ。スペクタクル的な爽快感もなく、悲劇を殊更に強調する反戦色もない、一見無機質で理知的で、それでいて恐怖と緊張と狂気に溢れた、奇妙な戦争アクションである。

 内容と文体とのギャップは作者が最初から意図したものであるという。この巧妙な構成によって、世界の不条理がより露わになったと思う。本作の異質性に違和感を抱くとしたら、それはそのまま、私たちの世界に対する違和感なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読了直後、言葉が出ないほどの衝動を受けた。作者の夭折が惜しまれる傑作。

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/08/08 18:41

評価5 投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 米軍大尉クラヴィス・シェパードはある男の暗殺を命じられていた。インドやアフリカといった内戦地域で大規模虐殺の種子を蒔いている米国人ジョン・ポールだ。当該地域の人々に憎悪と殺戮の念を植えつける上でポールが利用するのは、人間が持つ“虐殺器官”であった…。

 
 緻密に構築した近未来の世界を舞台に著者が描くのは、人間社会を大きく突き動かしていく力を持った言語の姿です。
 作者はサピア=ウォーフの法則や、チョムスキーの生成変形文法を模したかのような「脳に刻まれた言語フォーマットのなかに隠された混沌を示す文法」などの言語学風言辞を駆使しながら、人類を戦争へと駆り立てる駆動力を言語の中に見出そうとしています。
 思えばオーウェルの「1984年」もニュースピークなる綿密に操作された言語が近未来の人間の思考の筋肉を弛緩させていく様をグロテスクに描いていましたし、事実ナチスドイツがいかに言語を緊縛しながら国民を戦争に駆り立てていったかについてはヴィクトール クレムペラーが「第三帝国の言語「LTI」―ある言語学者のノート」で明らかにしています。
 私は「虐殺器官」を、オーウェル的な言語と戦争の系譜を新しい形で受け継いだ小説として大変興味深く読みました。

 しかしこうした戦争を生む力を孕む言語はまた一方で、だからこそ戦争を抑止する力もあわせ持つはず。そんな希望に満ちた信念が作者・伊藤計劃の脳裏にはあったと私は感じるのです。

 「文明は、良心は、殺したり犯したり盗んだり裏切ったりする本能と争いながらも、それでもより他愛的に、より利他的になるよう進んでいるのだろう」(382頁)。

 シェパードの胸に灯るこの希望を支えるのが言葉であり、畏敬の念をもってその言葉と対峙することが出来るとき人は真に平和を実現できるのではないか。
 テロの時代に生きる私たちにとって、この小説が提示する理念に心震える思いがしたのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

平和の礎となるものを直視せよ

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/03/22 17:57

評価5 投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 9・11後の先進国では、テロへの抑止・防止のために、全ての人・物にトレーサビリティが要求されるようになった。カウンターテロのための暗殺という禁じ手は秘密裏に解禁され、世界の平和を守るという名目で行使される。アメリカ情報軍大尉クラヴィス・シェパードは、途上国で自国民を虐殺する大臣の暗殺命令を受け、現地へ向かう。だが、同時暗殺対象であるアメリカ人ジョン・ポールは既に去った後だった。
 訪れる国々で必ず虐殺が起きるという経歴を持つジョン・ポール。幾度もの暗殺命令にも拘らず、彼がターゲットスコープに入ることはない。かすかな痕跡を辿り、クラヴィスはプラハを訪れる。そこから明らかにされる、人類に組み込まれた虐殺器官の正体とは?

 クラヴィスは文学的素養にあふれた軍人で、会話の教養レベルが高い。物語の骨格に関連するためもあるが、特に、プラハで出会うジョンの昔の女で言語学者のルツィア・シュクロウプとの会話は面白い。
 作品中では多くの種類の死が描かれているが、病死の様な意図せざる死は基本的にない。全ての死は、誰かが何かの目的を持って引き起こした結果に伴って生じる死だ。この様に死の描写が多いのだけれど、しかし、本当の物語の核のひとつは、"わたし"という主体に括られる範囲の、人による違いではないかと思う。
 自分たちに何らかの危害が加えられるかもしれない事象があるとする。そのときに、どこまでを保護しようと思うか。自分だけという人もいれば、家族までという人もいる。友人や知人までという人もいれば、たまたま近くにいる人、見ず知らずの人も全てという人もいるかもしれない。そのときに守ろうと思う範囲、そしてそれ以外はどうなっても良いと(無意識に)思う範囲が、ここでいう"わたし"という主体に括られるそれだ。

 クラヴィス、同僚のウィリアム、アメリカ軍上層部、ジョン、ルツィアと、それぞれ守ろうと思う範囲が全く異なる。そこにあるのは、範囲内における寛容である。だから、野生のクジラやイルカは保護の対象なのに、類似する人工育成のそれらは利用の対象にしかならない。自分の子供は世の中のきたないものに触れないようにしようとするけれど、銃を持って立ち向かってくる他国の子供たちは容赦なく撃ち殺す。
 この範囲の他者と重なる部分に平和が生まれ、境界線上に争いが生まれる。

 本書中に散りばめられた様々な専門用語は、ややもすると生きた言葉ではない、単なる知識としての言葉になってしまいがちだが、その辺はギリギリで回避されている気がする。
 また、他作品のパロディなども散りばめられていて、特に物語に入り込むまでの閾値を下げる役割を果たしてくれている気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一つ段階をすっ飛ばした、現代の戦争の行く末。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/01/27 04:30

評価5 投稿者:muneyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争における、合理性、そして誰かの都合が優先される、という状況が進行して行ったらこうなっちゃう、という世界が『虐殺器官』の世界。

「戦争」が描かれるのですが、それはあくまで主人公、クラヴィス・シェパード大尉の一人称で描かれます。クラヴィスは何度も戦闘を経験し、人の死に触れ、己の死を身近に感じながらも、「死」に慣れない。「死」に引っ張られ続けます。
それはテクノロジーの発達が、「死」と「思い」を分けてしまった世界だから。

「オルタナ」というコンタクトレンズ状のコンピュータを角膜に貼り付けて、
麻酔技術の一種である「痛覚マスキング」によって痛覚を認識しつつも「痛い」と思わない状態を創り上げ、
薬品と洗脳を使って戦闘用に感情を調整し、
クジラやイルカの筋肉を流用した兵器が使用される。

言ってしまえば「僕の考えた最強の兵隊」のような状況が表わされる訳ですが、
戦争の方向はどんどんそうしたマンガチックな所へ流れていく、それが現状。

『虐殺器官』の中では戦争をする為に必要な素材、食料や戦場・作戦データ、使われる兵器の輸送、兵士の調整等、全て民間の手が入っています。
効率化を図ることこそが、「民間」が軍に勝る点です。

非常に「ファンタジック」な筈なのに、それを本気でやろうとしているヤツらが居ることを感じさせられてしまうのが、怖い。
行く行くは、こういう在り方も有り得るんだろうな、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

背景や細部がよく書き込まれている

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2011/01/03 20:36

評価5 投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 背景や細部がよく書き込まれている。言語学、大脳生理学、文学に関する部分、社会問題や心理問題、および地理や町並みの風景などである。そのようなところまで注意が行き届き丁寧に描かれているくらいであるから、話のすじだてや展開も十分練られて構成されている。日本のSF小説の賞を総嘗めにしたこともうなずける。
 内容や粗筋の紹介は避けるが、主人公は暗殺を専門にする米国特殊部隊の大尉である。日本人は一人も登場しない。戦闘や活劇の場面が多く、ハードかつワイルドである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者のベスト作品だと思う。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/02/04 17:34

評価5 投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的には『ハーモニー』よりも好き。著者のアイデアの根幹はどの作品でも重複しているように思えるが、この作品での調理の仕方が一番スマートだったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 映画化の前に。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/06/26 22:01

評価5 投稿者:ちぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めたら止まらず、他の読みかけ本全部すっ飛ばしてあっという間に読了。SFだけど、すごく真実味もある。戦闘シーンのなんとも言えない生々しい描写。クラヴィスがだんだんバランスを崩していって、最後に転身を遂げる様とか、ポールとクラヴィスそれぞれの覚悟と決断の重みは筆舌に尽くしがたい。正義って何だろうね。私たちは直接手は下してなくっても、やっぱり命を天秤にかけているんじゃないか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もっと読みたかった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/14 18:33

評価5 投稿者:ニャンとす - この投稿者のレビュー一覧を見る

後進国で繰り広げられる目も向けられない虐殺…
ISによるテロや破壊行為に対するメディアの態度そのものでしたね。彼が現在生きていたとしたら、今度はどんな作品を書いたのだろうと想像してしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 ゲーム感覚

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/30 22:06

評価5 投稿者:バケツの中のひと - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊藤計劃作品が映像化される機に読みました
今までもSFジャンルの書籍は好んで読んできましたが虐殺器官は特にエンタメ性が強く楽しめます
ウィットに富んだ言い回し、哲学的な問いかけ、スピーディーな展開、ミリタリー要素を始めとした世界観の演出とSF入門の方にはお勧めしたい一作。映像化はまさに英断、増して期待値が高まります
洋画の映像を文章で読む、くらいの感覚で読めば楽しめるかと

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大いなる嘘

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/13 18:57

評価5 投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

若くして亡くなった作家、伊藤計劃(いとうけいかく)のデビュー作。

著者の作品は、かなり高く評価されているので、前から気になっていた。
ただし、タイトルの「器官」の部分が「機関」だったら、あまり読む気にならなかっただろう。

ストーリーは「テロとの戦い」のため、先進諸国は徹底的な管理体制に移行した近未来。
発展途上国では、内戦や大量虐殺が急激に増加していた。
しかも、一旦、混乱が収まり、これから正常に発展していけそうになった途端、なぜか内戦や大量虐殺が発生している。
どうやら、その陰には、ジョン・ポールという1人の人物が関わっているらしい。
米軍特殊部隊隊員である主人公、クラヴィス・シェパードは、軍の命令で、ジョン・ポールを追う・・・。

主人公は「特殊部隊隊員」という設定ながら、
「ぼくは言葉が、人を規定し、人を拘束する実体として見えていた」
と思ったりするような性格で、まるで文学青年。
これでよく特殊部隊の隊員として務まったな、とツッコミを入れたくなる。

印象に残ったのは、クライマックスでのワンシーン。
先進諸国の人々が信じている「ある事」は、実は「大いなる嘘」というのが判明してしまう。
皆が望んで始まった事が、実は全く意味がない。
が、その「仕組み」は、あまりにも巨大なモノになり、いまさら止める事などできない。

「嘘っぱちだろうが、なんだろうが、既に走り始めたモノは、紛れもない本物だ」
という主人公の同僚のセリフにドキッとした。

とある自然災害で、バレた「嘘」を連想させるから・・・。
(ちなみに本作は「とある自然災害」が発生するより前の2007年に発表されている。)

ところで、ジョン・ポールの方も単純な「悪役」ではない。
「狂人」でもなく、「悪の天才」でもなく、考え方だけなら、むしろ主人公に近い、と言えるかもしれない。

特に大量虐殺に関わる動機を語るシーンでは、哀しい人物に見えてきた。
人は何かを為す時には、必ず「犠牲」が必要なのだろうか・・・。

本作を読んで、伊藤計劃の他の作品にも、俄然、興味が出てきた。
作品数自体が少ないのが、残念だが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゼロ年代SFの最高傑作です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/05/04 00:41

評価5 投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は米軍大尉クラヴィス・シェパードが「虐殺器官」の真相を突き止める過程を描いた作品です。色々な方がレビューを書いていて、著名な評論家が様々な評価をくだしていますが、まずは読んでみてください。

背景知識の有無やレトリックな言い回しが本作の醍醐味ではなく、この作品の結末に待っている衝撃的な世界観や、この作品のメッセージ性の強さこそが魅力だと思います。本作の持つ魅力にハマった方は「ハーモニー」と「屍者の帝国」を併せて読むことをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この911以降の世界の聖杯探求

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/09/06 23:23

評価5 投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

虐殺とか、怖いでしょう。それは人類の性だとでも。
それは世界中で繰り返し起きているには違いない。
ある虐殺を起こした将軍は「なぜこんなことになったんだ」「俺はなんで殺してきた」と問う。
平和と自由を訴えた人々が、いつしか虐殺の指揮官に変身しているのはどういうわけか。
戦争があり、テロがあり、紛争と虐殺。どれかを封じようとすれば別のものが吹き出す、悪魔の連鎖。
主人公はアメリカの特殊部隊の一員として、虐殺の起きた地域に必ず出没するという男を暗殺するというミッションのために、世界各地に追跡する。そして地域の現実を目の当りにする。政府トップ、軍トップ、そういう人々の目には決して触れない現実の矛盾がある。目に触れたとしても敢えて無視している矛盾がある。テロと虐殺を生む矛盾、封じ込め行為自体の矛盾、その結果生み出される矛盾。
それらは一兵士に過ぎない青年には耐えられないはずの現実だ。しかし彼自身は私生活においても、技術革新と生命倫理に挟まれて、身動きの取れない破綻を抱えている。矛盾と矛盾の相殺でかろうじて麻痺している。その彼が、虐殺の伝道師を追いつめていく。というよりもむしろ、共振して引かれ合っていくというのに近いかもしれない。
必要なのは、世界に溢れた憎悪を一つ一つ解きほぐしていくことでしかない。しかし政治や軍と行った巨大化し過ぎたシステムは、一時的な対症療法に過ぎない封じ込めさえも目的化してしまうほどに硬直してしまっている。
一つの破局が必ず別の破局とのトレードオフであるのは、だからこの現代世界のシステムの必然なのかもしれない。チョムスキーの生成文法のように、(実は都市伝説い過ぎないらしいが)レミングの大量自殺のように、破局に向かうのもまた人間に刷り込まれた機能なのかもしれない。
だが少年たちがAK47を手にし、テロリストが核を手にするこの現実世界において、きれいごとだけの理念を振りかざすのは有効な手法だろうか。
この小説は、如何ともならないように見える世界の矛盾に対して、個人の抱える矛盾がシンクロしてしまった男たち、あるいは女たちの物語だ。それはこのゼロ年代に求められる文学の形を体現した、つまり僕らの中に沈滞したもどかしさを満たすことができる物語なのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 映画化希望

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/25 13:47

評価4 投稿者:みるお - この投稿者のレビュー一覧を見る

スパイ映画を見ているかの如く展開。作風なのではないかと思うが、やや哲学的な話も難解になりすぎず逆にリアリティが増す感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夭折の作家が伝える命

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/12/17 10:03

評価4 投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は世界中で虐殺を巻き起こす謎の人物を追いかけるうちに、いつしか人の生死に無感動になっていくような印象を受けた。科学の発達により生と死そのものが曖昧になっている現在への鋭い風刺は、34歳でなくなった著者ならではのものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2010/07/10 19:43

とても細かく緻密に書かれていて、
しかも舞台が未来、主人公含めほぼアメリカ人、ということで、
日本人の無名の作家が書いた小説には思えなかった。
なぜこの人はここまでアメリカ人になれるのか?と思うほど。

で、その世界になかなか入り込めなかった(私は)。
前半はかなり読み進めるのが辛かった。
というのもたぶん、アメリカ人うんぬんではなく、
良心・倫理・道徳的な話がかなりの割合をしめており、
そういう概念に感心が薄い(と言うとあまりよくないけど)ので、
感情移入が難しい。
物語だけでぐいぐい引き込むタイプではなく、
章や節の冒頭がそういう倫理的な話なり回想・妄想なので、
展開が一次中断されてしまう。そこがかなり読みにくかった。

ストーリーとしてはおもしろく、とても興味が沸いた。
「虐殺器官」という言葉の意味も想像以上だった。
けれども、残念だなぁと思うところは、
この人が最初の何かの賞を逃したときの理由と同じで、

・虐殺の文法の具体的な説明(例)が一切ない
・主人公の最後の行動に至る動機が不明瞭

の2つに尽きるかなぁと。
特に虐殺の文法については、本当に興味深いことで、
まぁ実際にはありえないんだろうけど生み出してほしかった。
それを知りたかった。
おそらく文章を書いたり読むのが好きな人は、
そういう解説をかなり面白く読んだと思う。
そうなるとものすごーくレベル高い小説になっただろうな。と。
もともとノンフィクション風でかなり社会的なのに、
虐殺器官の具体的なシステムが見えないせいで、
そこがすごくアンバランスで物足りなく、リアリティがない。

あと最後の行動、これはとてもワクワクする終わり方なのだけど、
なぜそうなるのかがイマイチ…。

プラス、母への想いのような挿入句が、少ししつこい。
もっと削れるんではないか?
感情移入もできないので、読みづらい。
もうすこし削って、
そのぶんジョン・ポールの人物像を描くのにあててほしかったかも。
やはり彼が一番興味深い人物なのに、最後にどたどたっとまとめてる感じがして。


そんなこんなですが、読み応えはかなりありました。
作者の能力はすごく溢れていて、亡くなったのが残念。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.