OP 経済・ビジネス ポイント2倍(~7/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 安息の地へふたたび
安息の地へふたたび(MIRA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

安息の地へふたたび (MIRA文庫)

著者 リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ (著),杉本 ユミ (訳)

その刑事の捜査方法は、実に奇妙なものだった。殺害現場で遺体のそばにうずくまり、まるで死者に語りかけるようにつぶやいている。ホープはその新しい同僚、ギデオン・レイントリーを...

もっと見る

安息の地へふたたび (MIRA文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その刑事の捜査方法は、実に奇妙なものだった。殺害現場で遺体のそばにうずくまり、まるで死者に語りかけるようにつぶやいている。ホープはその新しい同僚、ギデオン・レイントリーを少し離れて見つめていた。高級なスーツに身を包み、刑事には見えない雰囲気をたたえているが、高い検挙率を誇る優秀な人物だ。まさか犯罪組織とかかわって情報を得ているのでは?ホープは思いきって彼に疑問をぶつけた。するとギデオンはこう答えた—僕は死者と話せる、と。初めは冗談だと思ったホープだが、やがて信じられない出来事が…。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/05/28 00:39

投稿元:ブクログ

前作で、チラッと今回の主人公が、一部のシーンが切り取られて
お互いにある、これは全体的な構想があって、3人の著作者が
てがけているんだろうなぁ。


そうしてこんな構想で、どういった経緯でこの作品を生み出したかをしりたいなぁ。

3作目がどのような、まとめになるのかがすごく気になります^^

2010/02/13 15:21

投稿元:ブクログ

シリーズ1作目より面白かった。幽霊と会話ができるレイントリーの男は両親の死からずっと何かを背負っているような感じがした。ヒロインのママにはオーラが見えるってことはヒロインにも何らかの力があるのかもと期待したのだが・・・。まぁエマには確実に何かが備わっているな。3作目がとても楽しみ。

サイト内検索

キーワードを入力