詳細検索

お店とネット利用で最大500ポイントcp

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 本:小説・文学
  4. 南の子供が夜いくところ

南の子供が夜いくところ

  • 発行年月:2010.2
  • 出版社:角川書店
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-874032-6

南の子供が夜いくところ

恒川 光太郎 (著)

  • 全体の評価 4.55件のユーザーレビュー
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×
  • 税込価格:1,512ポイント:14pt

国内送料無料

商品説明

「今年で120歳」というおねえさんと出逢ったタカシは、彼女に連れられ、遠く離れた南の島で暮らすことになる。多様な声と土地の呪力にみちびかれた、めくるめく魔術的世界。【「B...

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明- 「南の子供が夜いくところ」

「今年で120歳」というおねえさんと出逢ったタカシは、彼女に連れられ、遠く離れた南の島で暮らすことになる。多様な声と土地の呪力にみちびかれた、めくるめく魔術的世界。【「BOOK」データベースの商品解説】

「今年で120歳」というおねえさんと出逢ったタカシは、彼女に連れられ、遠く離れた南の島で暮らすことになる。そこは、めくるめく魔術的世界だった−。人生を漂流するものたちの物語。『野性時代』掲載等を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧- 「南の子供が夜いくところ」

南の子供が夜いくところ 7−35
紫焰樹の島 37−89
十字路のピンクの廟 91−123

著者紹介- 「南の子供が夜いくところ」

恒川 光太郎

略歴
〈恒川光太郎〉1973年東京都生まれ。大東文化大学卒。2005年「夜市」で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。著書に「雷の季節の終わりに」「秋の牢獄」など。

ユーザーレビュー- 「南の子供が夜いくところ」

全体の評価
4.5
評価内訳 全て(5件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

 南の子供が夜いくところ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/03/04 17:13

南の島の時空を超えた不思議を感じる

評価5 投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恒川光太郎さんの描く世界は時空を超えて広がっていきます。
どこからか境目かわからない異郷もの・・・今回は、海にへだてられた南の島々の物語。
トロンバス島という島にいきなり連れてこられた少年、タカシから物語は始まりますが、
連作短編の形をとって、時も、場所も、人々も移り変わっていく。
そして、最後にまた、タカシの元へと物語は渡り鳥のように渡って行きます。
今まで読んだものが、基本的には日本だったのが、今回は世界に広がったので、ちょっと異色の異郷世界かもしれません。

 南の島というと南国、パラダイス、常夏・・・というイメージがあり、文章から立ち上る
温度はとても高く、出てくる人々も常夏の島で過ごすのですが、
海というへだたりを外された時、「楽園」に侵入者が現れる。
友好的な場合もありますが、時には征服者ともなりかねない、あやういバランスを持っています。

 タカシの物語だけで、終わらすこともできたのでしょうが、タカシを連れてきた謎の女性、
ユナさんの物語になり、島から出ようとする人々が出てきたり、海賊の時代の物語も
あります。
 
 不思議な万華鏡をのぞいているようですが、読んでいて不思議と落ち着いた気分に
だんだんなってくるのです。
不思議な南の島では、どんな不思議があってもおかしくない。
異郷からはもう出られないんだよ、という緊迫感はありません。
あくまでも、一見平和でのどかな島の人々にじわじわと起きる恐怖、または不思議、または事件。

 どの短篇も最後の一行の素晴らしさ、キレのよさと、哀切感、余韻をさっと残すその手際が
鮮やか。
『まどろみのティユルさん』という短篇が気に入っているのですが、荒々しい海賊だったティユルさんの
贖罪ともいうべき顛末。ラストの一行がとても印象的で、まるで読んでいてその風景がぱっと
目の前に広がるようです。
その贖罪の瞬間の文章、『光が体に蓄えられていく。体の中に入った光が爆発を起こし、
目の前が白と緑の輝きで埋め尽くされていく。』

 そして最後の『夜の果樹園』へと話はつながるのですが、異形の者の造形にかけては
恒川さんのアイディアとその少々、ユーモラスでありながら、不気味というより、不思議世界は
独特の持ち味を持っています。

 私は南の島へは行ったことがなく、テレビなどで目にするだけの青い空に青い海。
素朴な暮らし、色鮮やかな熱帯植物・・・そんなものが映像を見ているように、読んでいて目の前に現れる
そんな一種の楽園ともとれる南の島で、まどろみながら、時は過ぎて行く。
読んでいて、退屈なのではなく、頁からたちのぼる「熱帯気候」についまどろんでしまう、
そんな体験をした物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

 南の子供が夜いくところ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/12/28 22:41

新感覚のファンタジー&ホラー

評価5 投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃、世界はとても不安定で、夜は果てしなく深く怖いものだった。
頼りに出来る大人と言えば、まずは親で、自分の人生など、親の機嫌一つでどうとでも転がされる、

それくらいにぼんやりとしたものだった。もっと有り体に告白すれば、自分は何時まで、
この大人の保護下に置いてもらえるのか?何らかの心変わりで置き去りにされやしないか?

常に頭の中はそんな風な最悪のシナリオを描くのだった。恒川さんの作品を読むと、
子供時代の怯えから来る脂汗の感触が蘇る。それ以上に、子供でも、

良い保護者に巡りあえれば充分に力強くやっていけることが分かってくる。
今回の作品には、借金苦で無理心中を考えている身勝手な親から、間一髪、

生き延びた息子のタカシと、不思議な力を発揮する『自称百二十歳』のユナさんとが連作短編で登場してくる。
南の果ての島『トロンバス島』』に連れてこられたものの、誘拐されたのではないか?

などと子供らしく迷っているタカシ。満月の夜に、悪夢に迷い込んでしまう。そんな時南の島の子供は、
悪い夢をとる力があるとされるおばさんの家に連れて行かれる。

夢の中をたゆたう様子に幸せが溢れている【南の子供が夜いくところ】
美しく優しい物語に心が洗われた様な気がする。ユナさんの生まれれた神話の息づく島。

平和だったはずの島に生じた悲劇。百二十歳の長寿をユナさんが持つに至ったきっかけには
考えさせられる物があります。【紫焔樹の島】百二十年を、独りで越えてきたであろうユナさんの孤独、

歳月が彼女に与えたであろうもの…。次の話【十字路のピンクの廟】も、
島の子供が、ご先祖様のお墓参りの夜に体験したであろう神秘的な出来事が発端となっている話。

問題になっているピンクの廟に掛けられている呪いの解き方、心持ちが温かくて良いなと思った。
故郷の島の危機を救うべくして、独り、大海原の遥か彼方に住むと言う伝説がある、

『大海蛇の一族』に会う為の航海に乗り出したシシマデウさんの冒険譚は、
何時しか現在のトロンバス島に暮らす、タカシやユナさんと結び付いて…。

太古の昔から現代まで。男の旅立ちに理由などないのだなぁ、そう思わせるラストが胸に響きました。
【雲の眠る海】恒川さんの紡ぎ出す物語の視線の先には、人間が、普段隠している

欺瞞や欲望を鋭く切り裂くナイフのような怖さが隠されている【蛸漁師】長い眠りから目覚めた男、
上半身は土の上、その下はすっぽり地面に埋まっている。彼の過去に何があったというのか?

【まどろみのティユルさん】タカシに会いにきた父親が、島の魔法が掛かった地域に迷い込んで、
悪戦苦闘する様子。【夜の果樹園】もし自分が、自分の意思とは関係なく、

人間以外の生き物になってしまったとしたら…。恒川流ホラーの真骨頂が味わえる佳作です。
最後まで一貫して、魔法に彩られた作品集になっています。

新感覚のファンタジー・ホラーを是非、ご賞味下さいませ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

 南の子供が夜いくところ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/08/10 11:16

人間でないものの、現実。それはもう一つのこの世界。

評価4 投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間でないものには人間でないものの現実が待っているとは思いもしなかった」
この言葉にハッとさせられた貴方は恒川氏の描く世界に恐怖を覚えるかもしれない。

その一家はこちらの世界で借金を作り一家心中するところを、呪術師ユナに導かれて日本を遠くはなれた南の島「トロンバス島」に連れてこられた。
そこはこちらの世界と繋がっている(時に船や交易など本土との交流をみせる)にも拘らず、神話や神、妖怪の類いといった、つまりは非現実的な現象が入り交じる不思議な土地だ。
ユナにより導かれ離散した一家。息子のタカシはなんなく島に定着しあちらの住民になって行く・・・
この章を皮切りに様々な物語が続き、時には幻想的な、時には伝説めいた、時には妙に現実的な世界で読者を翻弄しつつ楽しませてくれる。
短編集のように平行したり前後したりして描かれる物語群だが、少しずつ登場人物達は接点を持ち、ヤニューという化物やユナのような不思議な力を持った人間、不可思議な出来事や伝説が読者の興味をこの島から離さない。
だからどの章も少しずつ非現実めいてはいるのだが、時折こちらリアル世界で起きた出来事、たとえば大航海時代白人が原住民を駆逐したあげく病気を持ち込んだという悲劇を織り込んだ章がある。
こちらの世界で海賊をしていたであろう男があちらの世界(トロンバス島)で土から「生えて」再生する顛末を描いた章もある。

微妙にリアル。だから、怖いのだ。

恒川氏の作品ではいつも一人の遭遇者を足掛けに「こちら」と「あちら」の二つの世界を描いているが、そのほとんどが偶然による接触だ。
いや、偶然を引き寄せるマイナス要素は発しているのかもしれないが。
タカシの一家のように失敗したもの、人間関係や世界そのものに嫌気が差したものなど恒川氏の作品に登場する遭遇者そのほとんどはなにがしかの「不満」をこの世界に持っている。

「人間でないものには人間でないものの現実が待っているとは思いもしなかった」

最初にあげたこの言葉は最終章、植物人間の支配する世界へ犬として迷い込み逃げ惑うようになった父親の言葉である。
ユートピア、桃源郷、理想郷などという言葉があるように、私たちはともすれば別の世界を空想し、つらい現実から目を背け逃亡する。もしかしたらそうしてファンタジーは生まれるのかもしれない。
浦島太郎の竜宮城のような美しい姫と異世界の住人たち(魚達)が上げ膳据え膳してくれる快楽の地。
不思議の国のアリスのようにトランプや動物達が言葉を話すファンタジックな世界。
そうした非現実の素敵な世界は 幾度となく描かれてきたし、そうした作品はこれからも生れるだろう。

ただ、本作のような視点はなかなかお目にかかれるものじゃない。
いつ私たちが遭遇するかもわからない、取り込まれるかもしれない危うい境界線上を軸に物語は進む…境界線場の視点。つまり「こちら」と「あちら」は同時にこちらであちらなのだ。

人間以外のモノ、あちら側からみた私たちこちらが、どのような色形に見えるかなど考えたこともない!

常識が逆転する世界。言葉も常識も通じない世界。タカシの父がおそらくこの物語群の中でもっとも恐ろしい経験をする世界がまさにそれだ。(最終章)
ユナによれば彼が迷い込んだ世界は「廃墟の町」と言われる野生化した果実の生い茂る町であるらしい。
ただの果実畑で彼という人間は一匹の犬になり、鬼になり、果実という人間を喰った。人間であるすべての常識を剥奪された彼が嘆いた言葉は、どこまでも興味深く恐ろしい。

人間でないものの現実

私たちは人間であるものの現実以外見ることが出来ない、視野の狭い生き物だ。
まあ、それはそうなのだろう。人間でないものの現実を見られるのは人間でないものだけなのだから。

私たちはせいぜい、この世界に見捨てられぬよう今この時を満足しなければならないのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

 南の子供が夜いくところ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/03/16 12:25

明るさとおかしみを伴う悲しい南の島のホラー

評価4 投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

南の島トロンバスを舞台に
若い女性の姿をした120歳の巫女ユナ、
ピンクの廟に祭られるご神体、
ヤニューと呼ばれる忌むべき異物など
恒川光太郎らしい呪術的な世界を構築しています。

でも語り口が軽く、明るい。
今までとは違った読み心地の短編集です。

湘南の海に両親と行ったタカシが
家業に行き詰った両親と離れて
ユナとともに南の島に行くことになる「南の子供が夜いくところ」。

ユナの幼い頃を描く「紫焔樹の島」。

フランス人旅行客ヴェルレーヌが聞き書きをする
「十字路のピンクの廟」。

戦いに敗れたベライアの島からやってきた
シシマデウさんの話「雲の眠る海」。

息子が事故死した崖の下で
蛸漁をする男を描く「蛸漁師」。

大地に埋もれた男を描く「まどろみのティユルさん」。

タカシに会いに、父親はバスに乗りますが
たどり着けない「夜の果樹園」。

ゆるやかにリンクしていますが
時間も空間も自由に飛び越えて
人間は異形のものやご神体のようなものに
いつの間にか変わっていきます。
悲しい物語もあります。

でもどこかおかしみが伴うのは
南の島の解放感と異国情緒が漂っているからでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

 南の子供が夜いくところ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/09/11 09:21

今までの作品を超えるところまでは、行っていないのではないでしょうか。私としては舞台を国外にするのではなく、日本のどこかにある異世界のほうが今のところ恒川には合っているように思えます。

評価4 投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

鈴木里江のカバー画がいいです。恒川の小説が描きだす世界の雰囲気を実にうまく表現しています。単なる童画風ではなく、なんともいえない深みがあります。絵は収められた作品のどれか一つと密接に結びつく、というよりはトロンバス島の夜の密林を描いたものでしょう。キャンバスに様々な色を塗り、それを濃紺で塗りつぶす、その地肌の複雑な色合いが顔をのぞかせる、小説同様深みのあるものに仕上がっています。

数多くない恒川作品集ではありますが、雰囲気では今回のカバーがベストでしょう。ただし、造本でいえば丸背がふさわしかったかどうかは疑問で、この頁数であれば角背の選択もできました。これは一方的な思い込みですが、恒川作品といえば角背というイメージがあります。背が丸くなってしまうことで、本から緊張感がなくなる、っていうか普通の「本」になっちゃったなあ、という気がして残念ではあります。装丁の鈴木久美(角川書店装丁室)に理由を聞いてみたい・・・

内容ですが出版社のHPの言葉は
               *
呪術的な南洋諸島の時空間を自由自在に語る、恒川版マジックリアリズム!

島に一本しかない紫焔樹。森の奥の聖域に入ることを許されたユナは、かつて〈果樹の巫女〉と呼ばれた少女だった……。呪術的な南洋の島の世界を、自由な語りで高らかに飛翔する、新たな神話的物語の誕生!
               *
となっています。初出とともに各篇についてもう少し詳しく書くと

・南の子供が夜いくところ(「サントリークォータリー」2008年4月号):湘南海岸で、「今年で120歳」というおねえさん・ユナと出逢ったタカシは、両親と別れ、見知らぬ島で暮らしはじめ・・・

・紫焔(えん)樹の島(「野生時代」2009年7月号):その実を食べれば死なないとも噂される島に一本しかない紫焔樹。森の奥の聖域に入り込んだユナは、スーとともに〈果樹の巫女〉と呼ばれ、トイトイ様といろいろな話をして毎日を過すが・・・

・十字路のピンクの廟(「野生時代」2008年9月号):トロンバス島の十字路に建つピンクの廟。そのなかにはジュノアさんの畑に空から降ってきたという木像が納められていた・・・

・雲の眠る海(「野生時代」2008年12月号):ペライアの酋長の甥であるシンマデウは、守っていた王宮がコラに襲撃されて島を離れ、再起を期してテオスに向かう。そこで〈大海蛇の一族〉のことを思い出したシンマデウは・・・

・蛸漁師(「野生時代」2009年3月号):息子が死んだセントマリー岬の現場に足を運んだ父親が出会った老人から引く継ぐことになった仕事が蛸漁師・・・

・まどろみのティユルさん(「野生時代」2009年10月号):東洋人の少年・タカシが出会ったのは岩に埋まった、半分植物のような男、ティユル・スノピタと名乗った。人間だった記憶を失った男は・・・

・夜の果樹園(「野生時代」2010年1月号):トロンバス島のティアムという町に向かうバスに乗ったつもりが、違ったバスに乗って終点まできてしまい、宿泊させてもらうことになった屋敷で出会ったのが果物の・・・

舞台が南の島ですから、話が自然と「神話的」「呪術的」となるのは当たり前ですが、やはりこういうのを書かせると、恒川光太郎はうまいなあ、と思います。日本の小島ではないぶん、表題作や「紫焔(えん)樹の島」「雲の眠る海」や「例えばゲド戦記の『こわれた腕環』『さいはての島へ』を思い浮かべることは簡単ですが、「まどろみのティユルさん」になってしまうともう完全に恒川の世界。イメージ的には「エイリアン」に近いとも言えそうです。「夜の果樹園」のホラー味もなかなかです。

次に本がまとまるのは年末頃でしょうか、今度はどのような世界をみせてくれるのか今から楽しみではあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2014/06/15 20:05

南国が舞台だけど、現実感がなくてリゾートで読書してるような清潔感がある。
登場人物たちの正義は心地よい。
短編集だけど少しずつ繋がっているので、やっぱり旅のお供にいいかも。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/02/04 21:48

南海の孤島を舞台にした連作短編集。
どれも幻想的で、すーっとこちらに入り込んでくるような話。
わりと話としては残酷だったりするんだけど空気感がいいのかまったく毒がない。

ユナの過去にまつわる『紫焔樹の森』と、自然と一体化した男の内省『まどろみのティユルさん』が特にお気に入り。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/01/15 13:26

魔よけだとか呪いだとかが、ごく普通に暮らしと密着してる島を舞台にした、夢と現の境界が曖昧な、狐につままれたような出来事。呪術師ユナさんで繋がる奇妙で心魅かれる物語。私のイメージに近いのは、バリ島やフィジー島の観光者が立ち入らない地域。

・南の子供が夜いくところ
・紫焔樹の島
・十字路のピンクの廟
・雲の眠る海
・蛸漁師
・まどろみのティユルさん
・夜の果樹園

評価3 投稿元:ブクログ

2013/12/15 23:42

ある島を舞台にリンクするお話が展開されます。
恒川氏の物語ではまとまりがあって、整っている感触がする作品集です。
ほんのすこしだけ残酷だけれど、
タカシ少年の存在が少し希望のようにも思えます。
でも、もろ手を挙げて感じる希望ではないのが恒川作品の味。
そういう意味では、いつもの意地悪オチを
うすーくミルフィーユ状にして、
ほんの少しの幸せを重ね合わせている構造には
磨きがかかっている。
読みやすい一冊。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/04/15 22:54

「そこでは不思議があたりまえ」。。。
幻想的な恒川ワールドの繋がりのある短編集。。。
南の島での不思議な物語。
過去の話しが現代に続いていて
深く繋がりを感じさせる。。。。
ホラーよりもファンタジー色が強くて
どの話しも独特な世界観で面白かった。。。。

ユーザーレビュー一覧

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.