サイト内検索

詳細検索

カレンダー全品ポイント5倍(1001-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 体脂肪計タニタの社員食堂 正 500kcalのまんぷく定食
体脂肪計タニタの社員食堂 正 500kcalのまんぷく定食
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 144件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: 大和書房
  • サイズ:26cm/95p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-479-92025-0
  • 国内送料無料

紙の本

体脂肪計タニタの社員食堂 正 500kcalのまんぷく定食

著者 タニタ (著)

体脂肪計シェアナンバー1のタニタの社食の定食レシピ31日分を収録。肉も野菜もたっぷり、おいしさ・ボリュームをそのままに、カロリーダウン、塩分ダウンなどのコツを紹介する。【...

もっと見る

体脂肪計タニタの社員食堂 正 500kcalのまんぷく定食

1,234(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

体脂肪計シェアナンバー1のタニタの社食の定食レシピ31日分を収録。肉も野菜もたっぷり、おいしさ・ボリュームをそのままに、カロリーダウン、塩分ダウンなどのコツを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

体脂肪計で有名な株式...

ジュンク堂

体脂肪計で有名な株式会社タニタ。健康を促進させる会社だけに、社員に課せられた重要な使命はなによりも太らないこと。そんな社員の健康維持のためにタニタの社員食堂のメニューは定食ひとつにつき500Kcal以内に抑えられています。社員食堂を任された管理栄養士が考案したメニューはどれをとってもヘルシーです。社員を健康にしたメニューをご家庭で。

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

これを見ればあなたも...

ジュンク堂書店那覇店さん

これを見ればあなたも20kg減!?体脂肪計タニタの社員食堂。中のレシピ集もおいしそうな絵がいっぱいで食欲をそそります!
 これであなたもおいしく食べて楽しくヤセよう!!

みんなのレビュー144件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

昔の日本の料理

2011/12/23 08:40

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

体脂肪計タニタの社員食堂 大和書房

 軽量計測機器製造メーカーの食堂メニューです。5品500kcal程度に抑えて肥満を防ぐ。しょうゆ・ソースを使わず、食材そのものを味わう。欧米化される前の昔の日本の食事を思い出します。色どりは茶色、緑色です。
 仕事に没頭、ことに徹夜勤務を始めとした不規則勤務での食事摂取は体にこたえる。コンビニ弁当、菓子パンでさしあたっての飢えをしのぐ。その結果、りっぱなたぬき腹体型ができあがる。どこでどうしてこんな体型になってしまったのか。もとのスマートな姿かたちには戻りません。社員のインタビューをみると、とくだんの運動をするでもなく、この昼食をとり続けただけで減量に成功しています。油を削る。塩を減らす。体重が増加すると肩や背中の凝りもひどくなります。マッサージを受けても一時しのぎです。内容をながめていたら以前読んだ「おばあちゃんの台所修行」阿部なを著を思い出しました。心がこもったお料理でした。
 料理のつくり方記述は簡潔です。もっとも一番時間がかかるのは下ごしらえでしょう。レシピを見ているうちに、ここから小説化できるとひらめきました。例として「食堂かたつむり」小川糸著があります。心が傷ついて言葉を発することができなくなった倫子(りんこ)さんが、1日1グループだけのために食事を出す食堂を開店させるのです。心あたたまる名作でした。
(その後)
 この本を読んだあと、滋賀県甲賀市の信楽(しがらき)までドライブを楽しんで、そこでうどん定食を食べたのですが、この本にある料理の写真と似ていました。本にある料理は昔ながらの日本食という位置づけで落ち着きました。たとえば、つらくてかなしい思いをしたあと、一杯のあたたかいうどんを食べたら笑顔になれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

話題のタニタ

2012/02/12 12:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nico3 - この投稿者のレビュー一覧を見る

経済的では無い、手間がかかる。これは美味しい食事を作るには仕方の無いことです。新米さんは心が折れそうですが覚えておいたらかなり使えるソース等ありますしなかなか良い本です。勿論ベテラン主婦にも目から鱗のレシピものってます。時代に乗るための一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

500kcalのまんぷく定食って本当?

2010/06/27 17:52

33人中、32人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋に行くと料理本は数多くある。いろいろ手に取ってみたり、もちろん、買ってみたり、我が家にもレシピ本はそれなりにたまっている。大抵のものは本棚の奥に追いやられているのが現状で、しばらくレシピ本は自粛していたのだが…この本は悩んだ末に買うことにした。

結果から言うと正解だったと思う。

理由その1
1月から12月まで季節ごとのメニューが紹介されている。
これは旬を意識した食材を使っている、ということを強調したかったのだろうが、これも今までのレシピ本にはあまり見当たらなかったもの。
(あるのは、季節のイベントレシピか、各々季節ごとのレシピか)

理由その2
定食なので、メインにあったサイドメニューが2品+汁物のレシピも付いてくる。これは中々うれしい心配りである。

理由その3
定食レシピだけでなく、小腹対策に丼やスープのレシピがおまけに付いている。もちろんカロリー表記もである。

帯には、「社員もやせた!」とダイエット本のような表記だが、
「メタボ対策レシピ」というほうが正解かも。
ただ、一般家庭ではなかなかこの通りには作りづらい点もある。なにせ、
一食で使う食材が多く、半端野菜の使い回しに頭を使うことになるので。

これは理想の昼食、夕食の、レシピである。
献立を考えるだけでなく、いろいろと勉強になるレシピ本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダイエットの入口本として使いこなせ。

2010/07/31 10:47

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プラチナ若葉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろなメディアで取り上げられている話題本が店頭に平積みになっているとあまり深く考えず手に取ってしまう人は多いのではないだろうか。

そういう本の多くはパラパラと一度読むと満足し、その後家で積読状態になりがちで、この本も読み始めると材料きくらげ1gだのトマト1/6個だのその半端な分量にいきなり積読本棚行きになりそうな本である。

しかし、この本を買った人は積読本棚におきたくなるのをぐっとこらえ、この本のレシピの出来る範囲だけを実践する気持ちで数日間手元に置いて使ってみてほしい。そうすればこの本の肝の部分がぼんやりと実感できるのではないだろうか。

ホウレン草が小松菜に代わっても、出汁+醤油+味醂を麺つゆで代用しても惣菜の組み合わせを多少変えても、この本の肝を大きく外さず料理の楽しさを感じながらこの本の目指す方向に近づくことができるのではないだろうか。

この本はどの季節に買ってもそれなりに作れるメニューが載っているため、食材の旬の時期などについてはあまり考慮されていない。そこがダイエットへの入り口本であるゆえんである。

この本のメニューを出来る範囲で何日か実践するうちに自分でもこうしたらもっとおいしく健康にいいメニューが作れるかも!なんて考える習慣もついてくるし、この本のいうとおりしっかりだしを取ろうなんて気分になってくる。そこまで使わずにこの本をしまいこむ人がいたら、本当にもったいないことである。

実用本は実用にしてこそその本の価値がわかる、という見本のような一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供がいると

2015/09/30 20:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:G - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎日続けるのは難しいですが、大変参考になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

至って「ふつう」のことが書かれています。

2010/10/17 14:57

61人中、53人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

発売以来、常にレシピ本ランキングの上位をマークしている本書。テレビでも度々取り上げられ、ご存知の方も多いだろう。本書に掲載されているレシピを実践して痩せた、との報告も多く寄せられているようである。

そんな素敵な噂満載の本書。実は知人からの頂き物である。

「やっぱりね。いい本だものね。プレゼントに最適よね。」
そう思ったそこのあなた!甘い!!その知人はわたしにこう言って寄こしたのだ。


「さっぱり役に立たなかった」


役立たない本を人に譲る方も譲る方だが、貰う方も貰う方である。といってもわたしの場合、本の蒐集が趣味であるので、1200円もする本をタダで手に入れられる!という点で断る理由はない。それに…これだけ話題の本である。好奇心というか興味を抱かずにいられるわけがない。

とタダで仕入れた本に目を通してみた。


「ほんとだ。役に立たないかも」


良い噂ばかりを耳にしていたので、読む前に随分ハードルをあげていたせいもある。しかし一通り目を通して、がっくりしてしまった。だって、目新しいことが何もないのだもの。

本書で薦められているレシピの大きな要素は――薄味。歯ごたえ。たっぷりの野菜。トースターでの揚げ物。

これ、残念ながら全て実践中である(トースターでの揚げ物はカロリーオフというよりも油の処理が面倒臭いという無精者的理由からという違いはあるけれど)。加えて、これもまた非常に残念なことに「一食分」として載せられているボリュームが、わたしとっては「多すぎ」る。

つまり、もしもわたしが本書に掲載されているレシピを31日間実践したら、1か月で確実に増量してしまう。そして、わたしに本書をくれた知人も然り。

誤解してほしくないので敢えて文字を強調して書くが、本書の記載レシピがよろしくないと言っているわけではない。「500キロカロリーに抑えられたボリュームたっぷりの定食」というコンセプトは素晴らしいと思うし、空腹に苦しむことなく痩せられるレシピであることも間違いない。

しかし、ここまで取りざたされることなのだろうか。だって、なにひとつ特別なことを言っているようには思えないもの。

と、このままでは反感を買いそうなので(基本、長いものには進んで巻かれる小心者です)ちょっと補足説明を。

まず目の前にある要素の確認から。
1タニタの献立を食すると痩せるという事実。
2タニタの献立は特別なものではないという事実。
31と2の要素から導き出される解――普通の食事をすれば痩せられる。

今度は今出た3の解の反対解釈をしてみる――普通の食事で痩せられるということは――4人びとは普通ではない食事をしている。

そして4でだした解釈に、本書が薦めているレシピの要素――――薄味。歯ごたえ。たっぷりの野菜。トースターでの揚げ物。――をいちいち当てはめてみる。

するとこうなる。
濃い味付け。
歯ごたえのない食べ物。
少なすぎる野菜。
油の過剰摂取。

まぁ、「普通」という言葉の定義を定めていないので根底が危うい式ではあるのだけれど、本書が売れる背景には、現代人の「食」に関する問題が浮かび上がってくるとは言えないだろうか。

要するに、多くの人の食生活はバランスが悪いのだ。色んなものを摂りすぎ、そして色んなものを摂らなさすぎる。アスリートや重大な持病を抱えているわけではないのだから、毎日毎日細かい食事コントロールをしろとは言わない。ドカ食いに自棄食いする日だってあっていい。飲み会で飲みすぎる日もあるだろう。ジャンクフードが食べたくなる日も、濃ゆ~い味付けのこってりラーメンを夜中に食べたくなることだってある。それはそれでいいのだとわたしは思う。でもそれが毎日じゃ、駄目なのだ。

毎日の食事において、心のどこかで少しでも「身体のこと」を考える習慣が身につけておけば、やれカロリーだと騒ぐ必要なんてないのでは…と、そんなことをふと感じた一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ご飯は汁ものの左側」であってほしい

2010/08/11 21:18

46人中、31人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

低カロリーメニューの本にさほどの関心はないのだが、最近になってネットで話題になっているように思い、以前に立ち読みした程度だった本書を、改めて購入してみた。

ぱらぱらとめくるうち、なぜ以前に購買意欲がそそられなかったのか、わかったような気がした。写真が暗い。故意なのだろうか。かなり地味に写しているが、なにか理由もしくは狙いががあるのだろうか…? 体にいいメニューが「地味で質素」ではないはずだ。これらメニューはどれも、光のあて方や器で、もっときれいになる。あえてそうしないのだとしたら、なぜか。

さらに気になって仕方ないのが、ざっと数えて約半分の写真が「ご飯茶碗が汁ものより右にある」ことで、仮に茶碗が左にあっても、さまざまなおかずなどの位置関係で汁ものが妙な場所にあったりする。ご飯が左にありさえすれば可として数えても、最初のページからP.80までのあいだ「ご飯が左」は、32メニューのうち17のみだった。

たしかに、決まり切った置き方をしていれば変わり映えがせずに地味に見えるかもしれないが、それならば上述の通り、他の面でいくらでもカバーができると思う。ご飯は左として育った世代には、見ているだけで何やら気持ちが落ちつかない。

さて、内容であるが:

P.14のヘルシーレシピ調理のコツによれば、油分カット、塩分カット、低カロリー食材(肉類は脂身の少ない部分)の使用と、満腹感が基本の柱。基本的に量は控えめだが、野菜が多めなので、よく噛む習慣をつけることで満腹感を導き出せるとのこと。

ご飯、汁もの、メイン、サイドディッシュ(二種類)で、合計が500kcal前後になるようにメニューが組み立てられていて、それぞれのおかずにカロリー表示がある。ご飯は量によって160k〜240kcalとして換算するため、メニューで紹介されているおかず類の合計は、それを引いたもの(たとえば300k〜350k前後)で表示されている。

レシピはふたり分、表示カロリーはひとり分。健康が気になりはじめた中高年夫婦のふたり暮らしなどに、適した構成だろうか。

社員食堂のメニューを家庭向けに再現したものという制約があるためかとも思うが、1品目あたりの材料をもっと減らして品数を増やしたらもっと美味しそうだと思えるメニューがいくつかあった。たとえばP.77の「ささみのほうれん草ソース」だが、ひとりササミを1本にして、ごぼうとにんじんのサラダの量も減らし、緑黄色の蒸し野菜をつけたら見た目も美しいのではと思う。

定食形式で食事を用意する時間がない人のために、ライスとおかずが一体化したものなどの単品料理が、P.84以降に裏メニューとして掲載されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダイエット目的よりも、健康的に過ごす為の本

2010/09/29 20:35

13人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Keiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

カロリーを押さえてダイエットしよう!みたいなレシピ本などは多くある物の、実際ダイエットに欠かせない体重計や体脂肪計などの会社が、レシピ本を出すと言う事は今まで無かったと思います。
本屋さんでもダイエット特集を組んで、別枠で陳列されているところにこの本は置いてありました。

普段の食生活の中でカロリーを落すといえば、油物を控えるとか揚げ物を控える、甘いものを食べないなど様々有るかと思いますが、食べたい時には食べたいわけです。
色々とダイエットレシピ本は今までにも購入して来ましたが、どれも長続きするようなものでは有りませんでした。

今回このタニタの社員食堂の本は、私自身の感想で言えばダイエットを目的とした本と言うよりも、メタボ対策や健康的な食生活を心がける方に最適な本といえるかと思います。
中身は写真付きでレシピなどが掲載されてはいますが、何と言うか普通の家庭では先ず持って実践は無理、長くは続きません。

何しろカロリーを押さえると言う点で、材料がとても半端な数字。
家族人数分に計算しなおして作れば良いのでしょうけれど、忙しい主婦の方には一々量ってやってられないと思います^^;
そして野菜高騰のこのご時世、1食に沢山の食材は使えません。

やはり社員食堂と言う事で、材料も大量に使うでしょう。
なかなか個別の家庭での実践は出来そうにありませんが、健康的な食生活をおくりたい方や、病気療養中の方などは食事改善で効果があるかもしれません。
副菜にせよ、汁物にせよ、カロリーがきっちりと書かれていますので、糖尿病などの食事療法には使えるのではないかと思います。
プチ食事療法と称して1週間だけお試しでやってみても良いかもしれません。

やはり楽して痩せる事は無いと言う事ですね^^;

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダイエットにはいい

2016/09/28 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DnDn - この投稿者のレビュー一覧を見る

月ごとに旬のレシピが紹介されています。結構作りやすい方です。
食べると美味しくて、結構満腹感もあります。
ただ、このレシピを毎日っていうのは、ダイエット中の人や健康にかなり気を遣っている人じゃないと難しいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

参考に

2016/05/15 16:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく話題になっていたので購入。メインだけでなく副菜がいろいろ掲載されているので
一品増やす参考に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

料理の写真が暗い

2013/03/29 19:04

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:oranje77059 - この投稿者のレビュー一覧を見る

せっかく話題になった料理本なのだから、もう少し明るい写真にならなかったものかと残念に思います。味やカロリーは問題ないんですが、あまりに地味な写真で全体的に茶色いし、照明も暗いし、おいしそうに見えません。もう少し見るだけで楽しめる工夫をしてほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/17 22:00

投稿元:ブクログ

ずっと気になってた本。図書館で借りて、早速作ってみました。
小松菜と豆腐のどんぶり。
しょうがとにんにくが入っているのでコクがあり、片栗粉であたたかく仕上がりました。
ただ、働き盛りの旦那には肉が入ってないと物足りないかんじです。確かにこういう食事を続けると痩せるだろうなあ。
もうちょっとレシピを勉強します。

2010/06/12 20:42

投稿元:ブクログ

東北人の私にとってあまりにも薄味なので、レシピ通りには作ってません。が、肉料理にも魚料理にも必ず野菜を取り入れてカサも栄養素も増えている料理の数々は、家族にも好評です◎
一回の献立の手順が1ページにまとまっているので、レシピを見ながら料理しやすいです。

2010/07/23 21:52

投稿元:ブクログ

いいなあ。こういうの作ってもらいたいなあ。
500キロカロリーでさびしくない定食。私が30歳若かったら、この定食のある社員食堂があるゆえに、タニタの社員を目指したかも。

2010/09/01 22:04

投稿元:ブクログ

茶色っぽいごはんが作りたくて買った 材料が普通なのでつくりやすいしおいしい おすすめ 痩せてやるし…

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む