サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 愛の誘惑は太陽の色
愛の誘惑は太陽の色(ラズベリーブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.3
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: ラズベリーブックス
  • サイズ:15cm/405p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-4147-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

愛の誘惑は太陽の色 (ラズベリーブックス)

著者 ローラ・リー・ガーク (著),旦 紀子 (訳)

堅物の外交官、イアンは突然、任地から帰国するよう要請される。理由はイギリスに滞在するイタリアの皇太子の娘、ルチアの結婚をお膳立てすることだった。夫の条件は貴族で、裕福で、...

もっと見る

愛の誘惑は太陽の色 (ラズベリーブックス)

967(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

堅物の外交官、イアンは突然、任地から帰国するよう要請される。理由はイギリスに滞在するイタリアの皇太子の娘、ルチアの結婚をお膳立てすることだった。夫の条件は貴族で、裕福で、カトリック教徒、期限はたったの6週間。おまけにスキャンダラスで美しいルチアは、愛のある結婚を望んでいた。用意した候補をことごとく断り続けるルチアに振り回されてばかりのイアンだったが、いつしか彼女の寂しさと強さ、優しさに惹かれるようになる。一方、外交手腕を発揮して自分を操ろうとするイアンに反発していたルチアもまた、仮面の下に隠された彼の情熱に気がついてしまう。だがイアンは一介の外交官。気持ちを隠して任務に励むイアンだったが…。奔放なイタリアのプリンセスと、生真面目なイギリス人外交官の恋の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2010/03/23 14:19

投稿元:ブクログ

〈ギルティ・シリーズ 4〉ディランの堅物外交官の兄がヒーロー イタリア皇太子の娘(庶子)がヒロイン。我がまま娘の生い立ちや境遇を考えると彼女の態度や行動が理解できるような気がする。ヒロインに振り回されてるヒーローが彼女を理解し求めるようになる様子はとても良かった。彼の領地での2人はとても幸せそうだったなぁ。

2014/10/31 02:31

投稿元:ブクログ

ギルティ・シリーズ4作目。情熱的な作曲家ディランの兄で、常に完璧な服装をして冷静沈着な外交官イアンのお話。お相手はイタリア皇太子の庶子で奔放でスキャンダラスな美女ルチア。正反対な二人は反発しあいながらルチアの夫捜しをするうちに惹かれ合うのだが…。スキャンダラスなルチアがわがままで自己中かと思いきや、実は繊細で傷つきやすく、愛に一途な尽くすタイプだったとは。途中は二人の気持ちのすれ違いにイライラしたが最後はめでたしめでたしで良かったね。2014.10

2016/02/19 17:39

投稿元:ブクログ

イタリア国の皇子の庶子で母親が英国の高級娼婦のヒロインがイギリスでいやいやながらの婿探し。このヒロインが我がままで自己顕示欲が強く自分の容姿に自信満々(特に胸)で…このヒロインの何処を応援しろと? イギリスの社交界で真のお友達ができないと嘆くヒロイン んなのあったり前でしょうが! イタリア娘の毒牙にかかるヒーロー。堅物ヒーロー逃げて!
菫色、翡翠、琥珀がすごーく良かっただけにシリーズ最後の太陽は残念だった。