OP 経済・ビジネス ポイント2倍(~7/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?
ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:19cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2070-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

著者 金田一 秀穂 (著)

なぜ、ウサギは匹ではなく羽で数えられるのか? それは、日本語がとってもジコチューな言葉だから。金田一先生が、摩訶不思議な日本語の謎を解説する。『ダカーポ』連載に加筆・訂正...

もっと見る

ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

1,404(税込)

ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

1,028(税込)

ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

ポイント :9pt / 紙の本より376おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ、ウサギは匹ではなく羽で数えられるのか? それは、日本語がとってもジコチューな言葉だから。金田一先生が、摩訶不思議な日本語の謎を解説する。『ダカーポ』連載に加筆・訂正を行い再構成して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

金田一 秀穂

略歴
〈金田一秀穂〉1953年東京都生まれ。東京外国語大学大学院修了。杏林大学外国語学部教授。祖父に言語学・民俗学者の金田一京助、父に国語学者の金田一春彦を持つ。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2010/04/12 22:30

投稿元:ブクログ

お祖父さんが金田一京助、父が金田一春彦では、子ども時代は苦労(プレッシャー)が大きかったろうと思わず同情しそうになりますが、なんていうか・・・餅は餅屋?(←違うだろう)

秀穂さんはことばのことばっかし考えているかと思うとそうでもなく・・・野原しんのすけが自分の母親を「おいミサエ」と呼ぶのは父親の模倣だからごく当たり前に起こり得ることだが、フグ田タラオが「よかったです」のような家人の誰も使わない言葉を使うのは問題だ。タラちゃんには何か隠された生育の事情があるのかもしれない・・・なんて考えているあたり、国語学者っていろんなこと考えて忙しいんだなあと思いました。


 

2010/05/29 21:02

投稿元:ブクログ

そういえばそうだ、
ほぉ〜ということも、もちろんあるけど、
くすっと笑ってしまうことが多かった。
“金田一一”(きんだいちはじめ)の話とか、
タラちゃんの「動詞+です」は
誰のコトバから習得したんだ…とか、
気になって仕方がないのですね^-^
目をキラキラ輝かせて調べているお姿が浮かびます。

テレビで拝見するにはおっとりと、
ユーモラスな秀穂センセイ。
くすぐり加減が絶妙というか、
小悪魔的にチクって皮肉を言ったり、
気になることに関しては、
怒濤の言葉でたたみかけるように
がーっと進む。
そのたたみかけ具合が大槻ケンヂっぽくて、
頭の中で大槻ケンヂさんの声で読んでた。

ちょっとした言葉のチョイスがさすが。
7章のまんなかのコトバ
8章の分けることば
が特に興味深かった。

2010/07/28 15:03

投稿元:ブクログ

んー期待外れ。


というか、あたしが予想してたものと違うだけですが。


内容的にはまぁまぁ面白いです。

2010/06/17 00:52

投稿元:ブクログ

1つ1つの文章が短くて読みやすかったというのが率直な感想で、
息抜きとして読み進めることができた。
(言語本を息抜きにしている私って一体…)

シニフィアン(音声言語)とシニフィエ(意味言語)というのを、
ホントにひさびさに目にすることができたのが収穫かなと。
あと、チョムスキーというのも懐かしい響き…

いつ勉強したのかもさっぱり忘れたが、
私にもこういったインテリ時代があったのだなぁと再認識させられる作品であった。

2010/09/18 21:28

投稿元:ブクログ

著者は某クイズ番組で「国語の神様」とも称されている金田一秀穂氏。
(祖父の金田一京助、父の金田一春彦は共に言語学者、という
言語スペシャリスト一族ですね。)

サブタイトルは「『先生』と『教師』はどう違うのか?」
となっていますので、日本語のあいまいな意味づけの言葉を比較し
解説してくれる類の本なのかと思い、手にとってみました。

でもちょっと違います。
そういう部分もあるにはあるのですが、そのような「単語と単語の比較」
のみに留まらず、もっと日本語以前の、言語の「要素」
とでもいうべきものを解説しています。
そういうと難しく聞こえますが、決して専門的な言葉を使っている訳ではなく、
たとえば、「タラちゃんの言葉」「花粉症の言葉」
「匂いの言葉」「声に出して読めない言葉」「芋の言葉」
など、身近な話題に引き付けて、言葉の持つ根本的なコミュニケーションの
力を易しく面白く教えてくれているのです。
毎日のようにこのような文章を書いて(打って?)いる身としては、
言葉の持つ力というものを考えずにいられないのですが、
この本の中にも「筆記の言葉」などという項があって、
思わず頷いてしまうのでした。

ひとつの項が見開き2ページ分くらいの、それほど長くない文章なので、
よろしければお手にとってみてください。
日常的に使っている(使わずにはいられない)言葉というものの
あり方についての考えが変わるかもしれませんよ。

2014/08/30 10:03

投稿元:ブクログ

言葉のことあれこれ。
雑誌の休刊がなければいつまでも話題は尽きなかったのではないだろうか。
あっちに行ってみたり、こっちに顔を出してみたりと、言葉というだだっ広いグラウンドを縦横無尽に走り回っている印象。
いろんな話が登場しているのに、それが言葉についてのほんの一部分でしかないという印象がどんどん色濃くなっていくから不思議です。

言葉に慣れる前には私も感じただろう「どうして?」を改めて問うてみるということを全くしなくなってしまった。
正しい敬語とか、そんなことをちまちま気にしていた。
でもたまには「どうして?」と自分に問いかけることもしたい。
この本がそう思わせてくれました。

2010/09/22 12:59

投稿元:ブクログ

金田一先生がことばを大切にしていらっしゃることや、ことばで伝えられる精一杯をお書きになっておられることが伝わります。雑誌ダカーポに2003〜6年まで連載された「言葉」をモチーフにしたエッセイをまとめたもので、一つが2ページほどなので少しずつ読めるのもいいところ。もちろんかの金田一一族なのでことばについて軽く深く考察を加える面白さは間違いがない。P118 「言葉は精密である方がいい。」 何でも○個と数え、かぶるも履くもまとうも身につける、では貧弱な語彙力がますます衰えてしまう。気をつけよう。P92 「芋」の言葉 「イモ」はジャガイモかサツマイモかサトイモか?という論争にひそむ世代間格差!KYみたいな言葉じゃなくてもひそかに私たちの世界を侵食する言葉があるのだ。 先生は若者とつきあうから気がつくが、メンバーが入れ替わらない空間にいるとそれがわからない。ことばから始まる無関心がもしかすると社会の変化への無関心に繋がるなら、それにこそ注目しなければならないだろう。

サイト内検索

キーワードを入力