詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 女性向けコミック
  4. 猫絵十兵衛〜御伽草紙〜 3

猫絵十兵衛〜御伽草紙〜 3(ねこぱんちコミックス)

コミック 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

猫絵十兵衛〜御伽草紙〜 3 (ねこぱんちコミックス)

永尾 まる (著)

紙書籍

648 ポイント:6pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

540(5pt) 猫絵十兵衛 ~御伽草紙~(3)

紙書籍より:108円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「猫絵十兵衛〜御伽草紙〜 3」が含まれるセット商品

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.7
4.7
評価内訳 全て(7件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2010/06/22 18:03

2010/06/22:今回は1、2巻よりもほのぼのな感じでした。
おもとさんが一生懸命で可愛い。瓦版の絵カッコいいですwww
特に耳丸の話と蓮見の話が良かったです。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/04/15 22:30

1~3まとめて。江戸の猫絵師と猫又を中心にした不思議でほっこりしたお話。たまらんこれすきだー。猫がかわいい、見た目的なとこも健気なとこも。どのエピソードも良いなあ。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/03/06 15:17

浪人のもとにいついた猫、耳丸が、棄てられていた生まれたての子猫と子犬を拾ってきます。
猫嫌いなのに、行きがかり上世話をし始める浪人。
子育て中の母猫を探せず、母乳を与えられずに右往左往しますが、耳丸がなんと乳を飲ませていました。
オスだと思っていた一同びっくり。
雌猫は、生まれたての子猫を見ると、生んでいなくても母性本能で乳が出るものなんでしょうか。

母猫となって二匹を育て始めた耳丸ですが、二匹はほどなく引き取り手が見つかり、浪人の元を離れます。
必死に鳴いて、二匹を探し続ける耳丸。読んでいて切なくなりました。

それにしても、登場する人々は、誰もがみんな猫を飼っています。
貧しくても、子だくさんでも。
この話では、一家に一匹猫がいるのが当たり前のようで、うらやましくなります。

猫又衆の蓮見の話は、幻想的で美しさいっぱいでした。
ニタは、猫又衆の中でも兄貴分なんですね。
それにしても、猫又たち、風流すぎます。

十兵衛の姿に扮して江戸の町をそぞろ歩くニタ。
生まれたての動物を棄てようとする輩に威勢良く啖呵を切るシーンがいなせでした。

ネコのために大見得切って身体を張る、気のいい江戸っ子たち。
人と動物が信頼し合っていい関係を気付いている、愛に満ちた町民社会は、理想的にさえ思えます。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/06/15 11:47

相変わらずのいい話満載。今の世の中にも、こんな猫たちがいてくれて、犬も猫も楽しく人間と暮らしていければいいのになあ。切実に思うのです。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/04/21 11:46

今巻も猫にまつわるいい話満載でしたな。

主人公みたく猫又や化猫と話が出来たら、さぞ面白いんだろうなぁ。
でも、ニタの世話は大変そうだ…。

ところで。
蓮の花が開く時、音がするってのは何かで聞いた気がするけど、人間には聞こえないの?
確認しようにも、早起きはニガテだからどっちにしろ聞けないなー。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/05/31 23:49

1巻と2巻に惚れて、3巻も読む!
とにかく猫の絵がうまいっ!かわいい!猫の良さが良く出ている。
あと、江戸の猫の話とかが面白かった。
けど、3巻はちょっと普通だった。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/07/29 21:00

今回も猫が可愛くて可愛くて。。
耳丸が仔犬の母親代わりになるお話が好きでした。里親に出されてしまった仔犬たちを鳴きながら探し回る耳丸がかわいそうで。。
人に化けたニタが子猫を捨てようとした人間をにらみつけるシーンは怖かった。
竹短冊が屋根の上で風に棚引くシーン、黒い盥の中に星が映るシーン、蓮が美しい音で花びらを開くシーン、どれもとても美しかった。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.