詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

惑星のさみだれ 9

  • 発売日:2010/05/19
  • 出版社:少年画報社
  • ISBN:978-4-7859-3385-2

コミック 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

惑星のさみだれ 9 (YKコミックス)

水上悟志 (著)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

紙書籍

607 ポイント:5pt

発送可能日: 7~21日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

43(0pt) 惑星のさみだれ(144)

紙書籍より:564円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

43(0pt) 惑星のさみだれ(143)

紙書籍より:564円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

43(0pt) 惑星のさみだれ(142)

紙書籍より:564円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

関連する電子書籍をもっと見る

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「惑星のさみだれ 9」が含まれるセット商品

惑星のさみだれ(少年画報コミックス) 10巻セット(少年画報社コミックス)

惑星のさみだれ(少年画報コミックス) 10巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

エンデからツークンフトへ

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/06/21 04:24

評価5 投稿者:青木レフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い伏線が結実するのは楽しい。心ふるえる。
古くは「気分はグルービー」最近では「ネウロ」「SKET DANCE」で長い伏線が結実するのを見た。不発にならなかった数年越しのアイデアの見事な回収は、長年応援してきた読者へのご褒美であり、何を描きたいか何を描いてきたのか明確な指針を持ちつづけていた作者だけに許された収穫イベントでもある。

「惑星のさみだれ」9巻を読み、続けて1巻を再読した。つまり多くの読者がするであろう行動を取ったが、やはり気付かされる事は多かった。
1巻で示唆されていた主役2人、雨宮夕日と朝比奈さみだれの因縁が9巻で明らかになるのだが、1巻2話の
「信じる信じないを気軽に口に出す奴はキライだなぼくは」
は、9巻55話
「信じる信じないをに口に出す奴は人をだますやつだ」
に繋がる訳か。つまり"行動で人を信じさせろ"という話であり、それが1巻2話のさみだれの行動に通じる、と。

次巻が最終巻。
戦いも佳境に入り、今までのメッセージも再利用され、ますますクライマックス感を強めていくのだが、契約の際の"願い"について9巻はわかりやすくメッセージしてた。
"願い"の有無によりキャラは二分される。雨宮は登場時「平穏と退屈」が望みなので"願い"は無いと言い切る。さみだれも最初、虚無的だ。茜太陽も"願い"を探し続けていた。獣の騎士団の中でそれぞれ陰陽があり、一枚岩でなかった事が今までのストーリーに深みを与えていたのだ。

絵的なことで言うと、ロングの絵が素晴らしい。かつて、ここまで引いた絵を描いた漫画があっただろうか。9巻最後のコマなんか人物全身が小指の爪より何倍も小さいのに絵として完璧だ。このコマの凄さは分かりやすいけど、56話さみだれパンチ後の「倒れる10体目と浮かぶさみだれ」の構図もすでに目一杯に引ききってる。この画力は「ドラゴンボール」が直面してた"強さのインフレ問題"への1つの解答だと思う。山を崩したり、星を潰すほどの力をどれだけのリアリティを持って描けるか、という課題。人間不在で山や星が壊れたら只の"現象"にすぎない。いかに"ロングして人間をフレームインさせるか"、つまり"その力を人に関係させたように描くか"というインフレ問題への解答がここにあるように思う。
56話のタイトルエンドは「ここで終わり、そしてここから始まる」感があり、ぞくぞくする。単行本派だけど、ぜひ掲載雑誌でも読み返してみたい。

バトルも非常にお腹いっぱいでした。9巻が今までで1番詰まってたかも。しかし、服の破れた白道さんはコスプレっぽい。
(投射by 懐柔する怪獣)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最終巻より盛り上がってるんじゃない?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/08/20 21:09

評価5 投稿者:meru - この投稿者のレビュー一覧を見る

大変面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2010/05/22 20:41

伏線消化の快感にテンションマックス!
アニマスの人物像が浅く感じられるのは確かに残念な点でもあるけれど、そこが焦点の作品ではないので気にはならなかった。
あとたぶん、アレがアレだとしたら、ひょっとして最終回までにフォローが入るかもという気がする。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/04/26 21:13

2010/05/19

とうとう終わりが見えてきた。
ずっとテンションをさげずに来てるので
ラストまで楽しみな作品。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/02/20 00:15

なんだこれすごいすごい。
「最終決戦」に向けて「備える」ということをその通りにこなして皆で集まるというのがタマラン、総員で整列とか特に。

今巻になってアニマとアニムス、そして夕日とさみだれの過去が挿入されるんだけどここでようやく敵に納得ができる。
確かにコイツは倒さねばならん、と。
圧倒的な…戦いじゃない、魅力がだよ!熱さがだよぉ!うおおおおお!

評価5 投稿元:ブクログ

2011/01/21 13:32

ものすごいスケールで描かれる最高のラストバトル。何回読んでも鳥肌が止まらない。実質この巻の後半がアクションシーンとしては一番の山場であるように感じる。もちろん物語的な一番の山場は最終巻である10巻で。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/02/17 00:16

戦いもついに終盤に!
戦士たちとボス・アニムスとの戦いなど盛り上がってます!

えっ…最後の泥人形こんなにあっさりつぶれんの…って感じは消えませんが!

評価3 投稿元:ブクログ

2010/05/22 20:40

うーん対アニムス戦はもっと壮絶なものになるのかなーと思ったら意外とアニムスが脆くて、絶望感がいまいちでした。
茜の時空清流があるんだからだれかの腕一本ぐらい吹っ飛ぶかスバルと雪時のどっちかが致命傷を負うまでやってほしかったな だけどそれ以外の泥人形戦、ビスケットハンマー、アニムス覚醒の場面はさすがの迫力でした。
次回ラストらしいので楽しみです

評価4 投稿元:ブクログ

2010/07/03 01:53

よいです。バトルの規模や演出以上に、みんなの成長ぶりが良いです。いい戦士になったね。
★5でも良かったんだけど、たぶん次でも5を付けることになるだろうから、今回は4で。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/06/03 18:00

星を砕く物語9冊目。
アニムス最終戦。
アニマとアニムスのルーツから、泥人形最終戦、ハンマーの破壊を経て、アニムスとの決着へ。
密度濃く、戦士それぞれに見所があり、熱い。
おそらく次巻当たりで最終巻。

ちょうど良い長さの物語で、良い結末を、期待。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/10/11 00:18

惑星を砕く物語、アニマとアニムス・さみだれと夕日の過去編。そしてついに最終決戦開始。
二つの過去編でどんどん伏線が回収されていくのがたまらない。今読むと今までの流れが一本の線でつながっていくかのようでとても心地よい。これを読んでこそ、読者は気持ちよく最終決戦に望める、という内容なのは間違いない。
そして最終決戦。見所いっぱいだけど、個人的には獣の騎士団対アニムスが一番燃えた。個人個人が力を結集してアニムスに立ち向かっていく、その姿がめちゃくちゃかっこいい。太陽の願い事のシーンは迷いながらも決断した太陽がちょっと輝いて見えた。
10巻はいよいよ本当の最終決戦。素敵なラストを楽しみにしたい。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/05/18 00:32

どうやら次巻で終わりのようで。まあ、丁度良い長さですねえ。
茜君の願い事が恰好良かった。あとアニマが急に可愛くなった。

アニムスは倒して、さあ次は夕日とさみだれVS獣の騎士団。
今の時点でも良作だけど「傑作」になるかは最終巻にかかってますな。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/09/16 09:48

アニマやさみだれの過去話で伏線回収、そしてアニムスとの最終決戦な第九巻。物語は高テンションで爆走中。かなり熱い展開で最終巻が楽しみ。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/04/05 22:12

最終決戦。超アツい。
これを読んで思うのはやっぱり「漫画は終わってなんぼ」ってこと。なんてったって一番盛り上がるのは最終局面なわけで、一番の盛り上がりを見せて堂々完結するからこそ名作として語り継がれるんだよ!
蛇足だけど、終わらないでグダクダ引き延ばすだけの漫画は本当に勿体無い。よく聞く「あそこで終わってれば…」の感想の後には「名作になったのに」って言葉が入るわけでしょ。勿体無いね!

評価5 投稿元:ブクログ

2015/02/17 19:36

過去現在未来の夕日が鎖となり槍となり・・・の場面は込み上げるものがありますねぇ
あと、茜君が願い事を決断した場面とかも好きです

ネガイカナウヒカリ!

いいですねぇ

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

    納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    iPhone Android

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    iPhone Android

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    iPhone Android

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.