詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 暮らし・実用
  4. 子育てハッピーアドバイス大好き!が伝わるほめ方・叱り方 1

子育てハッピーアドバイス大好き!が伝わるほめ方・叱り方 1

  • 発行年月:2010.6
  • 出版社:1万年堂出版
  • サイズ:19cm/193p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-925253-42-0

コミック

  • 国内送料無料

子育てハッピーアドバイス大好き!が伝わるほめ方・叱り方 1

明橋 大二 (著), 太田 知子 (イラスト)

紙書籍

1,008 ポイント:9pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

ほめ方が上手になれば、それだけで叱ることが減ってくる。子育てが楽になる! 子どもの上手なほめ方・叱り方を、マンガやイラストで具体的にアドバイス。親の悩みに答えるQ&Aも収...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

ほめ方が上手になれば、それだけで叱ることが減ってくる。子育てが楽になる! 子どもの上手なほめ方・叱り方を、マンガやイラストで具体的にアドバイス。親の悩みに答えるQ&Aも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

明橋 大二

略歴
〈明橋大二〉昭和34年大阪府生まれ。京都大学医学部卒業。精神科医。スクールカウンセラー。NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長。著書に「思春期にがんばってる子」など。

書店員レビュー

ジュンク堂書店大分店

子供への虐待や、逆に...

ジュンク堂書店大分店さん

子供への虐待や、逆に子供が親を殺すなど、子供に関する犯罪が増えている昨今、是非手にとって頂きたい一冊です。
「ほめる」とは子どもを評価することではなく、「叱る」とは子どもに腹を立てることではない。
著者の明橋先生の伝えたいことが、かわいいイラスト付きでわかりやすく書かれています。
今現在子育てに悩んでいる方も、これから親になろうとしている方にもおすすめの作品です。

文芸書担当

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.6
4.6
評価内訳 全て(43件)
★★★★★(26件)
★★★★☆(11件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

考えさせられる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/06/23 01:39

評価5 投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

子育てハッピーアドバイスシリーズの本です。
この本を読んでいると自分に足りない部分を教えられてるようで、考えさせられます。
何度も繰り返し読みたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2010/06/27 18:30

よく子どもを受容したいと言うものの、この本を読むと全くできていないと反省させられる。自己肯定感を幼少期から高めることは大切だと感じた。そして絵柄はやっぱり可愛らしい。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/09/21 20:09

シリーズの他の本同様、「子育てで一番大切なのは、子どもに愛情を実感させること」というスタンスの元、良いことがたくさん書いてあります。
添えられている4コマ漫画も、その実践のイメージと子どもの反応がよく分かってとてもいいです。

あとは、その実践(いいこと)を実際にできるかどうか。
読者が実践できる工夫も何かあるといいと思います。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/10/16 21:01

ハッピーアドバイスシリーズ。例によって絵がかわいらしく、とても面白い。気をつけなければなぁ、と思うところが多くちょくちょく読み返してしまう。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/09/09 09:43

能力の自信より存在の自信!

いいコトバですね。
否定の連鎖から肯定のリレーへ

がんばろっ

評価5 投稿元:ブクログ

2013/12/09 00:18

 明橋大二さん、大田知子さんの大人気、子育てハッピーアドバイスのシリーズの本です。今回はほめ方・叱り方をクローズアップして書かれています。

 このシリーズの根底にあるのは子ども自身を認めていきましょう、子どもが愛されている、必要とされているという心を育てていきましょうというシンプルな1点。自分は認められているんだという自己肯定感が、自信になっていきます。

 その自己肯定感を育てるほめ方は?逆に自己肯定感を潰してしまう叱り方は?
 具体的にどんな叱り方がいいのか、可愛いイラストも入りながら分かりやすくなっていました。

 でもでも、よい例として出ていた話を実践しようと思っても、バタバタしていたり、なんか気分が悪かったり。読んだすぐあとは娘たちに優しくしなきゃと思いつつ、すぐに忘れてガミガミ叱っている自分が嫌です。

 でも子どもだけでなく、自分も自己肯定感をもてるようにしなくちゃ。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/04/16 14:21

実は再読のこの本。以前、身内に借りて読んでみて、非常にためになったので自分で購入。
私の娘は2歳になったばかり。まだ言葉で言って完全に通じる年齢ではないので、この本の内容がすべてあてはまるほど子供が大きくはなっていないが、それでも実践できる事はたくさんあるし、これからこそどんどん必要になってくる事が沢山書かれているので、本当に読んで良かった。今からなら、ものすごく活用できる内容が盛り沢山だった。
叱り方一つで子供の捉え方が大きく異なる事がよくわかる。本の中の例にもあるように「廊下を走るな!」ではなくて「廊下は歩きなさい」って言い方をするだけで捉え方は違う。親が子供を大切に愛する気持ちは誰でも同じだと思うし、だからこそ叱る事が沢山あるわけで。ただ、叱り方を間違えてしまうと、子供には親の真意は伝わらないんだなあ。愛情で言っている事も通じないかもしれない。それって悲しい。悲しすぎる。叱ってる親も心が痛い時って沢山あるのに。
もちろん、親も生身の人間な訳で感情的になることはあると思う。ただ、この本を読んで思った事は、どんなときも子供に伝わるように子供の気持ちになって考えてみようと意識する事というかその姿勢なのかなあって思う。仮にもしガミガミ感情的に叱ってしまってもその後どうすれば良いのかもこの本には書かれていた。なるほどなあって思った。
この本に書いている「叱り方」とか「ほめ方」って何も特別な事でも難しい事でもない、非常にシンプルな事。自分もそんな風な叱り方やほめ方をされたら理解できるなあって心から納得がいく内容。まさにタイトル通り「大好き!」が伝わる叱り方やほめ方。
そうわかっているのだけど、日々日常を過ごしていくうちに、だんだんとそういうシンプルな事を忘れてしまい、感情に流されてしまいがちになってしまうのが現実・・・。
だから、私はこの本は定期的に読み返そうと思う。ちょっと行き詰まったときとか、叱ってばかりだなって思ったときとか、とにかくちょっと困ったときに。何か解決の糸口が見えたり、心が楽になる気がするし、自分の叱り方やほめ方を見直す大切な機会になると思うのだ。そういう機会がある事自体、育児していく上ですごく大切な事だと思う。心の片隅に、そういう意識があるだけで、きっと違うって思える。
ところで、これ、子育ての本だけど、色々な人間関係にも応用できる気がする。親子だけでなく、夫婦間とか上司と部下とか。最近、夫に小さな事(ちょっと何かを出しっ放しとか、そんなレベル)でガミガミと「×」なママみたいな口調で言っていたので、ちょっと反省した訳で。ごめんよ、ほんと。まさに、この本のイラスト通り、鬼のような形相だったんじゃなかろうかと・・・。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/01/16 20:41

自己肯定感

学ぶところばかりです。正直言うと、理想論かもしれんけども
すこしでも頭の片隅にあれば接し方が変わるとおもうんだなあ

評価5 投稿元:ブクログ

2010/10/14 09:24

子供を育てていく上で、日々気をつけようと思っても、ついつい叱ったり小言を言ったりしてしまいます。
しかも同じことを‥。
実家が離れていて、主人も平日ほとんど深夜帰り、しかも自分もフルタイムで勤務しているという状態で、この明橋先生の本に、どんなに救われたか!
特に明橋先生は、お母さんに対してとても優しい、「言ってほしい言葉」を書いてくれているのがめちゃめちゃ嬉しいです。
寝る前に数ページずつ読んで、また明日頑張ろう、と思います。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/08/22 23:20

我が子も2歳を過ぎたころからだんだんと
魔のいやいや気に突入しました!

甘やかしてばかりではいけないけど、
感情任せになって、叱ってしまうのだけはしたくない…。
でも言うことを聞いてくれない…

子供をどうやってほめて、叱ってというのが、
新米パパの自分にはよくわからないのです。

そんなときにAmazonのネットサーフィンで見つけた1冊。

ハッピーアドバイスシリーズは、
たぶん全巻読んでとても良い印象だったので、
すがる気持ちで即購入しました。

絵も可愛いけど、中身はとても充実していて、
なるほど!と思わせてくれることや、
改めて子供の存在のいとおしさを感じさせてくれる1冊です。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/12/17 08:40

内容紹介
今や子育ての定番BOOKとなった、明橋大二先生のミリオンセラー『子育てハッピーアドバイス』のシリーズ最新刊。
「言うことを聞かない子どもを、どう叱ったら?」多くの親は、叱り方に悩んでいます。でも、実は、叱り方を学ぶ前に、ほめ方を学ぶことが大切なのです。ほめ方が上手になれば、叱り方も上手に。しかも、ほめ方が上手になれば、それだけで、叱ることが減ってくるのです!
「『ありがとう』は、最高のほめ言葉」「叱るときは、子どもを止めて、目を見て、短い言葉で」など、読んだその場から、すぐに実践できるアドバイスが満載です。



時々こういう本を読んで子育ても見直さないといけないなぁ・・・
と感じてしまいます。。。
自己啓発本みたいに気持ちの高ぶりが大事だったりもしますしね♪

評価4 投稿元:ブクログ

2010/11/27 19:19

「いつもいい子にしてるけど、本当は何かがまんしてることあるんじゃないの?」「本当は、言いたいことあるんじゃないの?」そのように言ってもらうと、「じゃあ、言っていいのかな」と思って、子どもは少し話しをしてきます。
子どもの話を聞く 絵本を読む こども
できた1割をほめていけば子どもはぐんぐん元気になります
「あんたも失敗することあるんだねー。でも、そういうところも、とっても人間らしくていいよ。がんばってる○○ちゃんもいいけど、こういうドジする○○ちゃんもいいなー」と言うのです。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/07/12 01:21

この本を読んで、少しずつできるところから言葉のかけ方に気をつけるようになったら、本当に2歳8ヶ月の息子の反応が違う!あんなに毎日怒鳴り散らしていたのが嘘のように、声を荒げる回数が減りました。

この本で重要としている自己肯定感。ついつい子どもに過度な期待をかけて、その期待を満たすことができなかった子を非難するという行為、やってしまいがちだけれど、小さな成長でもしっかり見つけ出してやり、こんなことができるようになったの?すごい!と反応してあげることができたら子どもは当然嬉しいし、もっと頑張りたい、努力したい、といい方向のスパイラルが起こります。

わが家の長男も、たくさん褒めたらたしかにいろいろやる気を出してますよ☆

評価5 投稿元:ブクログ

2012/07/12 00:06

保護者から寄せられる質問に叱り方に関するものが多いという
しかし、著者は「叱り方を学ぶ前にまず褒め方を学ぼう」ということで、褒め方と叱り方の両方について述べられています
終わりの方は恒例の読者からの質問に対する答え
このシリーズは、4コマ漫画なども多用されているので、さらりと読んでしまえますが、子育てに迷ったり悩んだりした時に何度も紐解けるよう手元に置いておきたい本です

評価4 投稿元:ブクログ

2014/04/11 21:48

何よりも大事なのは子供の自己肯定感を延ばしてあげる事。

実際にはうまくできないこともあるだろうけど、自分の中で少し育児についての曲げてはいけない方針みたいなものが出来た気がする。

それにしても、ここで書かれている事はまったく会社でも応用できるな〜、ってつくづく感じた。

親を自分、赤ちゃんを後輩に見立てた時に、自分はとても良い親(先輩)とは言えなかったなと思い、反省しきり...。

これからに活かします。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.