詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

海皇紀 45(月刊少年マガジンKC)

  • 発売日:2010/09/17
  • 出版社:講談社
  • レーベル:月刊少年マガジンKC
  • サイズ:18cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-371254-4

コミック

  • 国内送料無料

海皇紀 45 (講談社コミックス MONTHLY SHONEN MAGAZINE COMICS)

川原 正敏 (著)

紙書籍

463 ポイント:4pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「海皇紀 45」が含まれるセット商品

海皇紀(講談社コミックス) 45巻セット

海皇紀(講談社コミックス) 45巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.6
4.6
評価内訳 全て(8件)
★★★★★(5件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2010/09/19 20:06

この表紙だけ見たら何のマンガなんだと思ってしまいますね。物語の終わり長いエピローグが素晴らしい。外伝として、トゥバン・サノオの最期の話が語られぬ物語として新連載の復活の「修羅の門」の合間に出てくるといいなぁと思いますが、どうなんだろう。傑作ですね。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/01/21 20:01

完結。
「海皇紀」は、歴史として幕を閉じました。
この終わり方も、けっこう好きです。雑誌だと、確かに盛り上がりに欠けるように感じるかもしれませんが……。
ファンタジー世界での海洋ロマンということでは、「ONE PIECE」と被るお話でしたね。そんなことは、カケラも感じなかったけれど(笑)
アグナ、マリシーユ、そして、ファン。いっぱいの登場人物たち。
それぞれに、なんか、それらしく生きて、それらしく退場していったなぁ。なっとくのラストでした。
作者は、負け戦とかいっていますが、でも、これは、これで、ものすごい傑作だったなぁと思います。じゃなきゃ、45巻も続かないです。
はい。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/09/30 21:36

永かった航海もこの巻で終了です。
何処か懐かしく、壮大だけどちゃんと目の前のことも描いた戦記モノ。作者特有の魅力あるキャラクターが一つの歴史を作った、という意味では修羅~シリーズのファンの方も楽しめると思います。45冊読んでいると3回くらい泣いて、5回くらい体が震えます。長編なので幾つかのエピソードで構成されるのですが、とにかく王海走がメチャクチャ面白かった。あとカザルの最期が泣けて泣けて…

評価4 投稿元:ブクログ

2010/10/09 12:54

最後の闘いは結構白熱したようだが、終わってしまうとこんなもんかなという感じがしないでもない。途中で色々伏線がはられていたような気がするが、何か終わり方に釈然としない部分もある。「カガク」というアイテムに対してもう少し突っ込んで欲しかった。あまり説明的になりすぎるのも考えものだが、物語と「カガク」の関わりがもう少し深ければという不満がある。
ストーリー全体としては面白かった。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/09/21 00:07

月刊少年マガジンでの10年にわたる連載作品の最終巻です。

長期連載作品にありがちな、中折れ感とか、またか感を感じさせせない。

最後の最後まで、帆に風をたっぷりとはらんで疾走する帆船のような、そんな作品でした。

帆船についての知識がなくても楽しめるし。
帆船についての知識があれば、もっと楽しめる。 
僕はそう感じて、作品を呼んでいる途中で帆船の種類とか、何故帆船が横風で前進することができるのかとか。

いろいろと調べましたが(苦笑

評価5 投稿元:ブクログ

2011/05/08 01:55

登場人物の魅力に惹きつけられる。
ゆるい感じで進んでいくのがまたよい。
早く読めるのでおすすめ。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/04/05 22:38

2~3年ぶりに再読。

最高。

壮大なスケールの物語。
2人の天才が、それぞれの道を進みつつ同じ“絵”を描いていく…。
こういう話、大好きだな。

これだけ長い作品を、何度も読み返すって、最近ほとんど無かったけど・・・改めて傑作だと思った。



★5つ、10ポイント。
2013.04.03.再読完。

主人公の使う体術は、……“陸奥”……?

ニッカの、飄々とした切れ者ぶりが、好きだったv。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/05/15 23:22

イムリ読んで以来、ファンタジー読みたいと思ってたら思い出した。途中で読むのやめてたので今回初めて最後まで読んだ。ラスト駆け足で終わった感は否めないけど、最後まで通して面白かった。戦略、騙し合い、格闘、全部楽しい。でも船のことは全くわかりまへん!61

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.