サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 座右の古典 賢者の言葉に人生が変わる
座右の古典 賢者の言葉に人生が変わる

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/324p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-04403-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
ガイド

紙の本

座右の古典 賢者の言葉に人生が変わる

著者 鎌田 浩毅 (著)

「論語」「ソクラテスの弁明」「風姿花伝」「方法序説」など、時間をかけて読む価値が十分にある50冊の古典を紹介。あらすじや、覚えておきたいフレーズ、学びのポイントなどを解説...

もっと見る

座右の古典 賢者の言葉に人生が変わる

1,620(税込)

座右の古典

1,296(税込)

座右の古典

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「論語」「ソクラテスの弁明」「風姿花伝」「方法序説」など、時間をかけて読む価値が十分にある50冊の古典を紹介。あらすじや、覚えておきたいフレーズ、学びのポイントなどを解説する。『週刊東洋経済』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鎌田 浩毅

略歴
〈鎌田浩毅〉1955年東京生まれ。東京大学理学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学・地球科学・科学コミュニケーション。著書に「一生モノの勉強法」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店広島駅前店

ベストセラー『一生モ...

ジュンク堂書店広島駅前店さん

ベストセラー『一生モノの勉強法』の著者でもある鎌田教授は、聞くところによるとものすごい読書家で、研究室は読みつくされた本でいっぱいであるとか…。そんな鎌田教授の選ばれた“使える”古典50選、必読です!
来月初旬にはこの本にちなんだフェアも開催予定です。お楽しみに!
                       広島駅前店 社会科学担当

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2011/07/30 20:07

投稿元:ブクログ

 これをきっかけに、興味を持った本にいける、ガイドブック的な本。
 いわゆる名著と呼ばれる本の要素を、簡易な言葉で記述しているので、読まず嫌いだった本に出会える可能性が高くなる。
 本書から世阿弥の風姿花伝をよもうと思いました。

 古典で何を読んでいいのか迷っている人に、おすすめです。

2011/10/08 13:16

投稿元:ブクログ

読んでいない本だらけです。
にしても、文庫で安く手に入る本ばかり。
買うべしですねこりゃ。
とても勉強になりました!

2012/11/06 17:19

投稿元:ブクログ

岩崎勝彦先生 推薦

古今東西の賢者の言葉が要約されています。
この本が切掛けでさらに古典を読むには、丁度良い入門書です。

2011/06/01 10:53

投稿元:ブクログ

三葛館一般 019||KA

著者が、「時間をかけて読む価値が十分ある」と判断した古典50冊が紹介されています。
50冊をすべて読み通すにはかなり時間がかかりますが、本書では50冊それぞれについて端的に解説されており、学ぶべきポイントが示されています。
時代を超えて読み続けられている名著から、賢人の知恵を学びましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=59684

2011/01/08 08:15

投稿元:ブクログ

あなたが勉強したほうがいい4つの理由 - 読んだものまとめブログ http://t.co/uyFHqZn

2015/12/11 12:47

投稿元:ブクログ

毎年100冊は本を読みますが、年末になって読んだ本を振り返るといつも、あぁ、もっと古典を読まなくちゃな、。と思います。でも実際はなかなか、敷居が高くて。。

本書は、京大の火山学者である鎌田教授が週刊東洋経済で連載されている古典の紹介をまとめたもの。1冊1冊について、鎌田教授の簡潔かつ的を得た解説がなされていて、これだけでもエッセンスはつかめそうな気さえします。もちろん、ちゃんと1冊1冊を手に取って読んでこそ、自分なりの理解が可能になるのですけど。

良書に出会うコツは、悪書を読まないこと。流行を追わず、長い年月の風雨にさらされながらも生き残ってきた本を優先して読む。来年こそは!

2011/12/13 09:33

投稿元:ブクログ

「古典を読んでみたいけど、何からはじめればいいか分からない」


そんな読書愛好家のガイドブックとなる本。


その古典を読み実生活にどう生かされたかを、筆者が自らの経験を交えて紹介しています。



長い時間に渡り人々に読み継がれ、その度にふるいにかけられて残された古典。そこには不変の真理が詰まっています。


古典を読むことは有意義である。


そんな話をよく聞きますが、実は古典のガイドブックはあまりないのです。


早速、一つずつ読破したいと思います。

2011/12/24 04:42

投稿元:ブクログ

論語 岩波文庫 金谷治訳
幸福論 ヒルティ 白水社 齋藤栄治訳
時間と自由 白水Uブックス
生きがいについて 神谷美恵子
ソクラテスの弁明 講談社 三嶋輝夫他訳
知的生活 ハマトン 講談社学術文庫
方法序説 デカルト 岩波文庫
人生の意味の心理学 春秋社 隆夫利数
フランクリン自伝 中公クラシックス
コモンセンス 岩波文庫 小松春雄訳
自省録 講談社学術文庫 鈴木照雄訳
藁のハンドル フォード 中公文庫 竹村健一訳
森の生活 ソロー 講談社学術文庫

2011/03/11 06:46

投稿元:ブクログ

全8章からなり、それぞれ古典を人生・志などに分類して説明している。

内容が面白そうな物もあったが、著者の意見が多分に占めていて、もっと古典の内容が詳しく載っているものだと思っていたので、その辺は残念だった。著者の例を上げるのは本をわかりやすくスキルの一つだと思うが、なにぶん火山の研究をされているのでその分野の例を挙げられてもいまいちピンとこなかった。

2013/09/15 22:28

投稿元:ブクログ

落ち込んだ時は、他者への貢献を考える。

人の感心に関心を持つ。

自分に投資し、一流にふれよ。

謙遜でない人は、分別が足りない。

2011/03/28 11:13

投稿元:ブクログ

資料ID: W0158826
請求記号: 019.9||Ka 31
配置場所: 本館1F電動書架A

2011/04/04 21:47

投稿元:ブクログ

 前向きになれる、元気をもらえる!見習おうって思える知識がたっぷりです。
 1冊1冊の本の紹介が短めだから、毎日ちょっとずつ読むのにもピッタリ♪
 この中で紹介された古典をじっくり読んでいきたいな~!と思います。

2012/03/26 00:14

投稿元:ブクログ

仕事に、人生に役立ち、「使える」古典50冊を科学者で京大人気No1教授が解説。わかりやすく古典を解説してあり、何冊か読んでみたい本が見つかったのでさっそく購入した。
古典は時代を超えた普遍的な知見を与えてくれるものであり、何回読んでもそのたびに新しい発見があるものだと思う。毎月発売されている中身のないビジネス書があふれているが、わかりやすく読みやすいものほどすぐに役に立たなくなる。古典はわかりにくく読みにくいが一生ものの知識を与えてくれる。

2012/02/16 22:09

投稿元:ブクログ

【紹介】様々な古典の魅力を紹介してくれる本。

【コメント】この本を読むことができ、古典の面白さが少しわかった気がします。これから読む本を記載します。
・啓蒙とは何か カント 中山元
・論語 (金谷治 岩波文庫)
・読書について ショウペンハウエル (斎藤忍随)
・生きがいについて 神谷美恵子・神曲 (平川)
・風姿花伝 (竹本幹夫)
・春宵十話 岡潔・学問のすすめ・フランクリン自伝 (渡邉利雄)
・「いき」の構造 九鬼周造・人生論 トルストイ(米川和夫)
・孫子 孫部 (湯浅邦弘)
・ローマ帝国衰亡史 (中野好夫)
・君主論 (池田廉)
・韓非子 (西野広祥)
・森の生活 ソロー (佐渡谷重信)

2013/05/10 10:34

投稿元:ブクログ

蒲田孝さんは、京都大学大学院人間・環境学研究科教授で理学博士ですが、人文学の本にも精通しています。京大で人気ナンバーワンのカリスマ教授です。この本は、鮮やかに冴えた本紹介のエッセイ群からなり、座右の古典50選を掲げています。
[塩見図書館長]

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む